あなたはWindowsのファンですか?そうであれば、新しいWindows 10を試すのを心待ちにしているでしょう。しかし、それは2015年7月29日に公式に発売されるため、まだ時間があります。もしMicrosoftの新しいOSを体験するのが待てなければプレビューを試すことができます。

プレビューはダウンロード、インストールができ、最新のOSベータを使用できます。この新しいWindows 10はSpartanウェブブラウザとCortana-Microsoftによって新しく導入されたバーチャルアシスタントの機能があります。この新しいOSはデスクトップをあなたの主要なインターフェースとするでしょう。

windows 10 

Windows 10の本物の世界

もしWindows 10を使って本物の世界を体験したいのであれば、デスクトップにフルインストールする必要があります。しかし復元メディアがなければ、Windowsの新しいOSが気に入らなくても、以前使用していたバージョンのOSに戻ることができないということを覚えておきましょう。Windows 10 Technical Previewのダウンロードに必要なものは何かと考えていますか?これがそのリストです:

  • もちろんOSをインストールするデスクトップまたはノートパソコンです。システム要件は1GHz のプロセッサと1GBのRAM (32bit)を含みます。もし64 bitバージョンを使用している場合、2GBのRAMが必要です。64 bitバージョンでは必要なデスクトップの容量は16GBです。もし全ての要件があえば、簡単にWindows 10 ISOをUSBからダウンロードできます。
  • 使用するUSBフラッシュドライブは64 bitで8GB、32bitで4GB必要です。
  • これに加え、少なくとも8GBのUSBスティック、ブートできるUSBドライブを作成するのに必要な空き容量が必要です。

ダウンロードするためにUSBスティックを準備する方法

ステップ 1

最初のステップは「Run」ボックスを開くことです。そして「CMD」とタイプします。これでコマンドを起動します。その後、「DISKPART」と呼ばれるプログラムを起動させます。これはお使いのUSBスティックをパーティション分割し、フォーマットします。ここでプログラムが作動し始めたのがわかります。「list disk」と入力します。これでシステムにあるドライブのリストが表示されます。そうしたら、「select disk n」と入力します。ここでの「n」はあなたが使っているディスクの番号です。

ステップ 2

次に、ドライブをクリーンにします。そのため、ドライブの中の必要なものはすべてバックアップをとっておきましょう。ここでパーティション分割を作成する必要があります。「create partition primary」と入力します。作成したパーティションを選択するには「select partition 1」と入力します。そして、「active」と入力します。ここでドライブをフォーマットします。フォーマットが完了したら、最後のステップは「assign」を入力してドライブ文字を与えます。

ステップ 3

USBスティックはISOファイルを搭載する準備ができました。もしWindows 8.1バージョンを使用している場合は、ISOファイルを右クリックし、「マウント」オプションを選択します。もしできなければ、Rufusなどサードパーティーユーティリティを使用する必要があるかもしれません。完了したら、ISOファイルの全てのコンテンツをお使いのUSBスティックに転送できます。

USBからWindows 10をインストールする方法

ステップ 1

もしWindows 7を使用しているのであれば、Virtual CloneDriveを使用する必要があります。これはマウントソフトウェアで、これを使ってからWindows 10 ISOをマウントし、ドライブ文字をかきとめます。もしWindows 10 Technical PreviewのDVDを持っていれば、ドライブにインサートしてドライブ文字をメモします。この文字は必要な時に使えます。

ステップ 2

ここでコマンドプロンプトを開き、コマンドに一つ一つ従う必要があります。これらのコマンドは発生順に以下に紹介します:
ドライブ文字:CD BOOTそして「Enterキー」をクリック
ここのドライブ文字はWindows 10 ISOを含んでいる仮想ドライブ用です。これにはインストールファイルを含むDVDドライブも考慮することができます。

ステップ 3

次のステップはBOOTSECT.EXE/NT60 Drive Letterのコマンドをタイプすることです。このドライブ文字は、Windows 10 ISOをコンピューターにインストールする目的で使う為に作成した、ブートできるUSBドライブの文字です。これをしたら、「Bootcode was successfully updated on all targeted volumes」というメッセージが表示されます。これをみたら、コマンドプロンプトを閉じることができます。

ステップ 4

次にWindows 10 ISOのすべてのコンテンツをUSBドライブルートにコピーする必要があります。これをするには、マウントしたUSBドライブに直接ファイルをコピーするか、ISOファイルコンテンツを抽出することができます。Windows 10 ISOのDVDでも同じことが出来ます。Windows 10 ISOファイルを、使っているドライブのルートにコピーすることを覚えておきましょう。
準備ができたら、Windows 10 ISOをロードしたいシステムの電源を入れます。PCがUSBスティックから起動するはずです。起動の優先順位を「USBから起動」に設定する必要があるか確認しましょう。ここでPCを再起動させWindows 10 ISOをインストールします。Windows 10 Technical Previewは単純で簡単に理解できるガイドを画面に表示するので、これに従いインストールを完了させます。

Technical Previewをインストールしたら、Windows 10フォーラムで新しいOSに対するあなたの体験や考えを共有することができます。しかし、ブートできるUSBを準備した際、正しいプロンプトを使用したか確認しましょう。
Windowsの発展は未だに続いており、最終ステージにいます。これはMicrosoftの最後のOSバージョンなので、完璧にするために、あらゆる手段を尽くすでしょう。Microsoftの未来は「サービスとしてのWindows」です。Windowsの最新バージョンを楽しみましょう!

iSkysoft 万能データ復元! for Windows

iSkysoft 万能データ復元! for Windows

Windows10Pro、Windows10Enterprise、Windows10 Educationに対応

  • Windows10で安全かつ迅速なデータ復元
  • さまざまなファイルフォーマットの復元に対応
  • 初心者にでも分かりやすい操作UI
  • 便利なプレビュー表示機能
  • まるで人間のような復元設定
Back to top