動画圧縮というとご存知ない方も多いと思いますが、普段私たちが目にしているのはDVDだったらMPEG-2、動画共有サイトで見る動画や携帯で見る動画だったらMP4とそれぞれなんらかの規格に準ずる形で圧縮された動画なのです。なぜ圧縮するかというと動画自体容量が大きく、圧縮または変換する必要があるからです。しかしそれにはソフトウェアが不可欠です。

そこで動画を圧縮・変換する上でおすすめのソフトTop5を紹介します。

video compression software

動画圧縮・変換ソフトTop5の紹介

#1. iSkysoft メディア変換 for Mac/Windows

AVI、MPEG、WMV、MP4、FLV、3GP、MKV、およびAVCHDなどのファイル形式に対応して、高速変換しつつも劣化をさせない上、動画の編集も可能な動画圧縮・変換ソフトです。iPhoneなどの携帯デバイスやPSPやPS4などのゲームデバイス、4K動画などにも対応している上、動画の編集やダウンローダーとしての機能も兼ね備えています。初心者でも扱いやすいインターフェイスですが、圧縮・変換の際には詳細な設定が可能となるなど上級者でも納得できる機能もあります。

==> iSkysoft メディア変換が選ばれる理由

動画圧縮・変換ソフトTop5 

#2. iSkysoft 動画編集 for Mac/Windows

WMV、MP4、AVI、MOV、MPG/MPEG、FLV、AVCHD MTS/M2TS、TS、TOD、HD MOV、HD MKVなど、様々なファイル形式に対応し、簡単な操作で動画作成、オーディオ編集、エフェクト追加が可能です。たった数回のクリックでYouTube、Facebook、Vimeo、TV、iPhone、iPadやiPodへの共有もできます。作った動画はさまざまなファイル形式に変換して保存したり、DVDにすることも可能です。

==> iSkysoft 動画編集が選ばれる理由

動画圧縮・変換ソフトTop5 

#3: Any Video Converter

AVI、FLV、WMV、などの動画をiPhone6、iPhone5s、iPhone5c、iPod、iPad、PSP、NookHD/HD+などのデバイス用に変換して出力できるポータブルデバイス向けの動画変換ソフトです。Web上の動画をダウンロードし、直接変換できる点が特徴です。しかし、インストール時に不要なソフトをすすめられたり、動画が再生できない場合があります。

動画圧縮・変換ソフトTop5

#4: HandBrake

DVDやDVDのISOのイメージからmkvやmp4などの動画ファイルに簡単に変換し作成する無料変換ソフトウェアです。またオープンソースで開発されており、WindowsやLinux、Mac OSX上で動作します。DVDの取り込み、変換、作成を一括で行うことができ、字幕や音声を選択できるようにする際の複雑な操作も必要としません。作業終了後に自動電源オフが無いのが残念な点です。

動画圧縮・変換ソフトTop5

#5: Movavi Video Converter

AVIやMP4、FLV、WMV、MPEG、3GPなど主要な動画ファイル形式をゲーム機や携帯などのデバイスに対応する形に変換できるビデオコンバーターです。GPUエンコードに対応しており、GPUを搭載しているPCであれば高速で変換することができます。また簡単な動画編集機能があります。特に知識が無くても数回のクリックで変換できてしまうのも特徴です。ただ変換後に画質が大きく低下してしまうことがあるという点が惜しいところです。


動画圧縮・変換ソフトTop5

以上5つのソフトを紹介しました。どれも特徴がありますが、動画圧縮・変換ソフトを選ぶ上で重要なのは、対応している入出力ファイルの多さ、圧縮変換スピード、品質、使いやすさ、後はこれからも増え続ける動画ファイルの種類に対応できるサポート力になります。私はこれらの点を全て満たしている「iSkysoft メディア変換 for Mac」をおすすめします。あらゆるファイル形式に対応し、劣化させずに高速で変換することが可能です。初心者でもわかりやすいUI、上級者でも満足できる詳細設定、すばやいアップデートによる対応など動画圧縮ソフトに求められるものを全て兼備えています。通常色々なソフトを使い分けるところ、「iSkysoft メディア変換 for Mac」一本で十分というのも大きな特徴です。どのソフトにしようか悩まれている方はぜひ「iSkysoft メディア変換 for Mac」をお試しください。

Back to top