動画ファイルはサイズが大きいため、ソフトで圧縮、変換することが多いのですが、ソフトの代わりにオンラインのweb上で行うのがオンライン動画圧縮サイトです。動画ファイルをオンラインでアップロードし、圧縮、または変換し、PCで動画ファイルをダウンロードしたり、メールでダウンロード先のURLを知ることができるサービスです。外出先など違うPCや環境のとき、オンライン上で作業ができるため知っていて損はありません。

そこで代表的な動画圧縮サイト3つと動画圧縮ソフト1つを紹介します。

Part 1: 動画圧縮サイトの紹介(Zamzar.com、CloudConvert、Converter.Files)

#1. Zamzar.com

動画だけでなく、画像、音声データなどさまざまな種類のファイル形式に対応しており、このジャンルでは老舗的なサイトです。またメールで圧縮や変換したいファイルを添付し、
希望するファイル形式を宛先に入力して送信すると変換したファイルを受け取れるといったメールでのリクエストにも対応しています。

さらにを見る >>

動画圧縮に最適なサイト 

#2. CloudConvert

アップロードするとき、Google DriveやDropbox内のファイルなど、PC上のファイル以外の場所を指定できることが特徴のサイトです。またiPhoneやiPadのアプリもあるためPC以外でも操作が可能です。APIも提供されているため、自分のブログやwebサービスなどに埋め込むことができ、現在200以上のファイル形式に変換することができます。

さらにを見る >>

動画圧縮に最適なサイト 

#3. Converter.Files

さまざまなフォーマットへの変換に対応したサイトです。動画だけでなく、画像、音声、映像、文書などのファイルをオンラインで相互変換できるコンバーターとダウンローダーの機能を兼ね備えています。操作もオーソドックスですが、動画を選択して、変換形式を選び「Convert」ボタンを押すだけと、1画面で完結できる操作性の良さが最大の特徴です。また携帯端末でも操作が可能となっています。

さらにを見る >>

動画圧縮に最適なサイト

Part 2: 動画圧縮ソフト「iSkysoft メディア変換 for Mac」の紹介

メディア変換 for Mac

話題の4K動画をはじめ、あらゆる種類の動画、音声ファイル形式に対応し、高速で劣化もほとんどなく圧縮・変換し、ダウンローダーや動画の編集も兼備えたオールインワンソフトです。ダウンロードした動画ファイルはもちろん、既存の動画ファイルも圧縮・変換、編集が可能です。出力するときもApple製品は当然として、PS4やXboxなどのゲーム機、ウォークマンなどの携帯音楽プレイヤーなどさまざまなデバイスに対応したファイル形式に出力することができます。

さて、動画を圧縮・変換する方法を紹介しましたが、オンラインで動画を圧縮するとき共通する問題があります。それは容量です。上で紹介したサイトではそれぞれ制限があり、ある一定の容量までは無料なのですが、それ以上は有料または対象外になってしまいます。それは動画というより、音声や画像、文章、短時間の動画などデータ容量の小さいファイルを対象としているからなのです。そこで容量を気にせずに圧縮・変換・動画編集できる「iSkysoft メディア変換 for Mac」をおすすめします。

さまざまなwebサイトに対応しているので、ダウンロードで困ることはありませんし、そのファイルだけでなく、既存のファイルもコーデック、解像度、フレームレート、ビットレートなどお好みで設定して圧縮・変換できます。更に「iSkysoft メディア変換 for Mac」には動画を編集する機能もあります。通常ここまでの過程で対応ファイル形式の違いからさまざまなソフトを使い分ける必要がある上、更にエンコードの時間や圧縮の際の動画の劣化など時間や手間が非常にかかります。しかし「iSkysoft メディア変換 for Mac」は高速かつ劣化させず、これ一本でこなせてしまうのです。UIもシンプルかつ操作性に優れているため初心者の方にもおすすめできます。動画を圧縮・変換したいMacユーザーの方は「iSkysoft メディア変換 for Mac」の体験版をぜひお試しください。

 

Back to top