iOS11でiPhoneのBluetooth不具合を解消する方法

> How to > iOS11 > iOS11でiPhoneのBluetooth不具合を解消する方法

• Filed to: iOS11 • Proven solutions

現在では、ブルートゥースを利用することによってiPhoneでワイヤレスに好きな音楽を聴くことができたり、友達に電話をかけたりして、離れている距離からでも安定的な通信が行えるため、非常に便利になっています。しかし、iOS11へアップデートすると、iPhone上でブルートゥースが上手く繋がらなかったり、接続が途切れてしまうケースや、イヤホンから音声が出てこなくなるケースがあります。あるいは音質が悪くなってしまった場合、どうやって解消すれば良いか、分からない方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、iOS11でBluetoothの不具合を解消する具体的な方法についてご紹介します。


iOS11でiPhoneのBluetooth不具合を解消する方法

1.ブルートゥース接続がしっかり出来ているかを確認する

ブルートゥースの接続が途切れてしまう場合、まず最初に大前提となるのが、ブルートゥースの接続がしっかり出来ているかということです。この場合、ブルートゥースが「途切れる」という状態にもならず、「接続が全くできない」といった状態になる場合があります。特にブルートゥースの接続は、「現在接続ができているのか」がよく分からなくなりがちです。
確かめる場合には、まずスマートフォンを開いて、「設定」の項目内の「Bluetooth」から、接続機器を確認してみましょう。なお、iOS11ではブルートゥースのボタンの絵柄で、今の状態を確認できるようになっています。さらに、ブルートゥース機器との接続がきちんと完了すると、ブルートゥースのマークが変化します。こうしたマークの変化によって接続の状態をチェックできます。

2.Bluetoothを一度オフにする

一般的に、iPhone上に何かしらの不具合が起きた際には、再起動を行うのは定番の対処法になっています。今回のケースでも例外ではありませんので、Bluetoothを一度オフにした後に再開すると、調子が悪かったり繋がらないといった不具合を解消できる場合があります。Bluetoothに関連する不具合が起きた時は、まずBluetoothをオフにし、iPhone端末を再起動させましょう。

3.接続先となるデバイスの登録解除を行う

Bluetoothに接続ができない場合は、「設定」から「Bluetooth」を選び、 接続に問題が起きているデバイスを選択します。続いて、ターゲットデバイスの右側にある情報アイコンをタップし、「このデバイスの登録を解除」のタブをタップします。その後、接続先のデバイスをタップすると、正常に接続ができる場合があります。

4.ネットワーク設定をリセット

次に、ネットワーク設定をリセットするには、「設定」から「一般」を選び、「リセット」の順にタップして、ネットワークについての設定を一度リセットしてから、Bluetoothを再度設定してみて下さい。ただし、この方法はWi-Fiに関する設定もリセットすることになりますから、Wi-Fiのパスワードを忘れないように注意が必要です。

5.デバイス上で「全ての設定」をリセット

上記の方法でも解消できない場合は、使用しているiOS11デバイス上の設定を全てリセットしましょう。リセットするには、iPhoneの「設定」から「一般」で「リセット」を選択し、「全ての設定をリセット」に進んで全ての設定をリセットできます。


iOS 11でBluetoothの不具合が発生した際の対処法についてご紹介しましたが、いかがでしたか。iOS 11には優れた機能や変更点などがある一方で、不具合が起きる場合もあります。もし、iOS 11でブルートゥースに何らかの問題が生じた時には、上記の方法を参考にして試してみて下さい。


All Topics