iOS11へアップデートする時の注意事項って一体?もしもの時に備えたおすすめのデータ復元ソフト

Dec 19,2017 • Filed to: iPhone復元 • Proven solutions



Part 1.iOS11にアップデート可能な機種


今や幅広い世代で使われているスマートフォンですが、その主流の機種の1つとしてiPhoneを思い浮かべる方も多いと思います。
iPhoneといえば、今までにいくつもの機種があり、新機種への期待感などもあると思いますが、もう1つ注目される部分が新しいOSではないでしょうか?
現時点ではiOS10を利用している方が結構多いでしょう、今後は新しいOSとなるiOS11が利用できるようになるはずです。そのため、iOS11を利用するにあたり、iOS11アップデートの注意事項などを紹介していきたいと思います。

まず、iOS11を利用する上で重要な点としては、現在皆さんが使用しているiOSのデバイスが今回のiOS11に対応しているのかということです。これを把握していないと、せっかくiOS11を楽しみにしていても機種によっては利用できない場合があるので、しっかりと確認しておく必要があると思います。
対応の機種については、iPhoneだとiPhone 7/ iPhone 6s Pulsを含め、iPhone 5のシリーズまでとなっています。また、iPadはiPad ProやiPad Airなどに加えてminiの機種は2までの対応となり、iPod touchで対応となるのは第6世代の機種のみとなっています。


Part 2. iOS11アップデート前の注意事項


対応機種の確認をした後はアップデートに関することに話を移しますが、その前の準備の段階でいくつか頭に入れておくべき注意点があります。

アップデート注意事項として、まずはアップデートの最中にまさかのトラブルが起きることもゼロではありません。その際に連絡先も含め、写真やアプリといった端末のデータを失わないためにもアップデート前にはパソコン上にバックアップのデータを確保することが大切です。

また、OSの更新作業は時間が掛かるため、しっかりと端末のバッテリーが十分な状態でアップデートを行うと安全です。バッテリーと同じく基本的なことではありますが、自宅のWi-Fiを利用してアップデートする時は念のためにそのWi-Fiの通信状況も改めて確認することも重要です。

さらに、iOS11にアップデートするにも端末に一定の容量が必要になるので、準備の時にそのiOS11の容量を確認し、アップデートが行えるように端末のデータの整理も忘れてはいけないポイントです。


Part 3.iOS11アップデートのリスク


iOS11へのアップデートによって操作のちょっとした改善や新機能で今まで以上に使いやすくなるとは思いますが、多少のリスクもあるのではないでしょうか?
iOS11アップデートリスクの部分を考えると、iOS11が配信された直後はどうしても操作や設定の面で不具合が生じる可能性があると思います。それに加え、皆さんがそれぞれに使用しているアプリもアップデートした時点ではiOS11に対して未対応ということも考えられます。
そのため、事前に不具合やアプリの対応状況などの情報収集をした上でアップデートを行った方が快適にiOS11を利用できるはずです。


Part 4.iOS11アップデートする方法


iOS11へのアップデートの方法を簡単に説明していきますが、今回は例として、Wi-Fiを使ってiPhoneでの方法・手順を紹介したいと思います。

まず、Wi-Fiにしっかりと接続されている前提でiPhoneの「設定」の項目を選び、表示された画面で「一般」へ進んでいきます。

次に、画面上部にある「ソフトウェアアップデート」の項目をタップするとiOS11の情報などが表示されるので、特に問題がない場合は画面下の「ダウンロードとインストール」をタップして更新作業を進めていきます。パスコードの入力などを済ませた後は、iOS11のダウンロードとインストールが終わるのを待ち、iPhoneの再起動を行ったらアップデートは完了となります。


Part 5.データの復元ソフト「iSkysoft Toolbox-iPhone データ復元」

ところで、iPhoneを使っていく中でデータの保護などのことを考えると、備えとしてデータの復元ソフトが不可欠になります。そこで、おすすめしたいのが「iSkysoft Toolbox-iPhone データ復元」というソフトなのですが、こちらはiPhoneを使い始めたばかりの方でも分かりやすい手順ですぐにiphoneデータ復元が行えます。
さらに、iPhone X/8/8Plus以外にiPadなどにも対応していますし、機能の面では端末本体のデータをスキャンして連絡先や写真など多くのデータが復元可能という点も特徴の1つです。
そして、何よりこのソフトは削除されてしまったデータと一緒に端末に存在する既存のデータをパソコン上に取り出せるので、iphoneデータバックアップソフトとしても頼りになるはずです。
また、iCloudとiPhoneは常に同期しているので、iPhoneから消した写真はiCloudバックアップからも削除されてしまいます。

iOSのアップデートをする際は事前の確認とデータの管理を忘れず、いざという時のデータのバックアップの作成やデータの復元には今回の「iSkysoft Toolbox-iPhone データ復元」を活用してはどうでしょうか?

0 Comment(s)

関連トピックス

Home > iPhone復元 > iOS11へアップデートする時の注意事項って一体
Top