iPhoneをiOS11アップデート中に強制終了した場合の対処方法

Nov 25,2017 • Filed to: iOS11 • Proven solutions

iOS11への更新中に上手くいかず、iOSデバイスで強制終了してしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか。その場合、なぜ上手くいかなかったかという理由を考え、スムーズに進めるための対策を練る必要があります。そこで今回は、iPhoneのiOS11アップデート中に強制終了した時の対策についてご紹介します。

iPhoneをiOS11アップデート中に強制終了した場合の対処

1.良好な環境にネットワークを切り替える

iPhoneを使った作業が正常に進まずに強制終了した場合は、まずネットワーク環境を見直しましょう。仮にファイルをダウンロードするために時間がかかっている時は、インターネット接続に使っている回線の速度が影響している可能性があります。ダウンロード速度をアップするには、モバイルデータ通信ではなくWi-Fi接続を活用する方法や、他にもダウンロード中のデータがある際にはダウンロードを控えるといった対策法があります。

2.空き容量を適切に確保する

iOS11へのアップデートの際に、必要なファイルをインストールするための空き容量が足りない場合には、通常は自動で容量を確保するシステムになっています。
このシステムは、再度ダウンロードが可能なアプリについて、一時的に削除を行ってアップデートした後に再度インストールする仕組みになっています。しかし、アプリを一時的に削除しても空き容量がまだ不足しているような場合は、iTunesを利用したアップデートが一つの選択肢になります。アプリの一時的な削除でも空き容量が足りず、かつiTunesも使えない場合には、iPhone端末内にあるデータを削除し、空き容量を適切に確保しておきましょう。

3.iPhone端末を再起動する

ネットワーク環境と空き容量を見直したら、次はiPhoneを再起動します。まず、スライダを画面上に表示させるためにスリープボタンを押し続けて下さい。次に、スライダをスワイプすることで完全にiPhone端末の電源を切ります。完全に電源を切ったら、スリープボタンを押したままでアップルロゴが出るまで数秒間待ちましょう。

4.iTunesに繋いでiOSデバイスを初期化

もし、上記の方法でiPhoneを正常な状態に復元できない時は、iTunesを活用してiPhone端末を初期化してみて下さい。
ただし、iTunesに繋いでiPhoneを初期化すると、iOSデバイスで既存のデータや設定が消去されてしまいますので注意しましょう。iTunesでiPhoneを初期化するには、DFUモードで初期化する方法とリカバリーモードでiPhoneを初期化する方法があります。いずれかの方法で、iOSデバイスを初期化して下さい。

5.iTunesを最新バージョンにしておく

iOS11アップデート中に強制終了した場合、iTunesが最新版ではないという理由も可能性として考えられます。
その場合、使っているパソコン用のiTunesを開いて、アップデートを確認するボタンをクリックします。すると、確認中のメッセージが表示された後、iTunesが最新のバージョンになります。

iTunesでiOS11に更新する方法は:
①iPhoneをパソコンに接続してデバイスのアイコンを選びます。
②「概要」を選んで、アップデート通知が表示されないなら、「更新プログラムの確認」でiOS11の更新を確認します。
③iOS11の更新通知が表示されたら、「更新」を選びます。
④続いて「使用許諾契約」に同意すると、iOS11のダウンロードが始まります。
⑤あとは案内に従ってiOS11がインストールできたら、セットアップを終えてiOS 11への更新が完了します。

iTunesでiOS11にアップデートできない時の対策についてご紹介しましたが、いかがでしたか。もし、更新の途中で何かエラーが起きて強制終了してしまった時は、ぜひ以上の対策法を参考にしてみてください。

iOS11へアップデート中に起こる他の不具合の対策法もご参考に
iOS11へアップデート中に起こる不具合への対処方法>
iOS11へアップデート中にフリーズしてしまった際対応策>
iOS11でiPhoneのBluetooth不具合を解消する方法>

0 Comment(s)

関連トピックス

Home > iOS11 > iPhoneをiOS11アップデート中に強制終了した場合の対処方法
Top