0x80070057エラーがWindows 10へのアップグレードで発生する原因と対処方法

0x80070057エラーがWindows 10へのアップグレードで発生する原因と対処方法

> How to > Windowsデータ復元 > 0x80070057エラーがWindows 10へのアップグレードで発生する原因と対処方法

Nov 18,2020 • Filed to: Windowsデータ復元 • Proven solutions

Windows 10のアップグレードをしようとしていたらエラーが発生してしまってできなかったということもあるでしょう。その際に表示されたエラーが0x80070057というときにはどんな対処をしたら良いのでしょうか。

ここではエラーが発生してしまう原因として何が考えられるのかを簡単に紹介した上で、具体的に対処としてできることを解説します。また、Windows 10にアップグレードが失敗した時に消えたデータの復元の方法も紹介します。




パート1 Windows 10 アップグレードが失敗した時にエラー0x80070057が発生する原因


エラー0x80070057はアプリケーションの動作や実行に関する不具合があったときに起こるエラーの一つです。

Windows 10へアップグレードしようとしたときに0x80070057が表示されたとしたら、直接的な原因はアップデートプログラムに問題があったか破損していることです。

あるいはアップデートプログラムを動かそうとしたときにシステム上でトラブルが発生してしまってうまく実行できなかった可能性があります。



パート2 対処法:Windows 10アップデートで出てくるエラーコード「0x80070057」


0x80070057のエラーによってアップグレードに失敗してしまったときにはどのような対処ができるのでしょうか。以下に方法を紹介したので、できることから試してみましょう。それぞれについて手順も箇条書きで説明してあるので挑戦してみて下さい。

方法1 Windowsを再起動してから再挑戦する

システムの不具合が原因の場合には再起動するだけで解決できる場合があります。ただし、Windows Updateを稼働させないために更新プログラムの確認を止めることが必要です。

・ コントロールパネルのシステムとセキュリティを表示します。
・ Windows Updateのところにある「自動更新の有効化または無効化」を選びます。
・ 「重要な更新プログラム」のプルダウンメニューから「更新プログラムを確認しない」に設定します。
・ OKを押してパソコンを再起動します。
・ 再び「自動更新の有効化または無効化」にアクセスして、「更新プログラムを自動的にインストールする」に設定します。
・ もう一度再起動をしてアップデートを自動実行します。


方法2 システムを復元する

システムの問題によってアップグレードができない場合があります。システムの復元を実行することで対処することが可能です。

・ 「スタート」から「コンピューター」を右クリックして、プロパティを表示します。
・ コントロールパネルのホーム画面が表示されるので、システムのメニューの中から「システムの保護」を選択します。
・ システムのプロパティのダイアログが表示されたら、「システムの保護」のタブを表示し、「システムの復元」のボタンをクリックします。
・ ガイドに従って復元の作業を進めていきます。過去の復元ポイントを指定して戻ることが可能です。


方法3 少し時間をおいて再実行する

サーバーの問題でエラーが発生してしまっている可能性があります。その対処法は待つことです。

・ 一日から一週間程度時間をおいて再びアップグレードを実行します。
・ 改善が見られない場合にはMicrosoftのサポートに連絡して状況を説明してもらいます。



パート3 ヒント:Windows 10 アップグレードが失敗した時に消えたデータの復元


Windows 10のアップデートをしても0x80070057エラーが起こってしまい、色々と試行錯誤をしているうちに貴重なデータが失われてしまうこともあります。場合によってはアップグレードの失敗が原因でデータが消えるので注意が必要です。その際にはデータ復元ソフトの 「Recoverit(リカバリット)」を使って解決しましょう。

Recoveritは見た目上は失われたけれどハードディスクに残っているデータを抽出することができるソフトです。アップグレード中になくなってしまったデータもRecoveritを使えばきっと元通りにすることができます。


Recoveritは初心者でも簡単に利用できます。3ステップでWindows 10 アップグレードが失敗した時に消えたデータを復元できます。

ステップ1 0x80070057エラーが起こってアップグレードが失敗したWindows10をスキャンします。

「Recoverit」をダウンロードして、消えたデータの元の保存場所を選択します。「開始」をクリックしたら、選択した場所のスキャンを始まります。

0x80070057エラーが起こってアップグレードが失敗したWindows10をスキャン

ステップ2 0x80070057エラーが起こってアップグレードが失敗したWindows10のデータを選択します。

スキャンが完了できましたら、復元したいデータを選択して、復元ボタンをクリックします。

0x80070057エラーが起こってアップグレードが失敗したWindows10のデータを選択

ステップ3 0x80070057エラーが起こってアップグレードが失敗したWindows10からデータを復元します。

保存先を選択して、また「復元」ボタンをクリックし、消えたデータの復元が開始します。
「正常に復元しました」画面が表示され、復元が完了できます。

0x80070057エラーが起こってアップグレードが失敗したWindows10からデータを復元

Windows 10アップデートのヒント


Windows 10のアップグレードやアップデートをするときには0x80070057エラーが発生することがあります。システムの復元などによって解決できる可能性は十分にありますが、途中で失敗したためにデータが失われてしまうと途方に暮れてしまうでしょう。「Recoverit – 強力なパソコンのデータ復元ソフト」はその際の解決策を提供してくれます。

アップデートで失敗してデータがなくなった場合にはRecoveritを使ってみましょう。


All Topics

Top