【Windows10】閲覧履歴とWebサイトデータを消去して快適なパソコンにしよう

> How to > Windowsデータ復元 > 【Windows10】閲覧履歴とWebサイトデータを消去して快適なパソコンにしよう

• Filed to: Windowsデータ復元 • Proven solutions

Windows 10がインストールされているパソコンでインターネットを楽しんでいる場合、ブラウザの閲覧履歴とWebサイトデータが貯まっている状態かもしれません。それらのデータが貯まると、パソコンによくない影響を及ぼす可能性があるので消去することをおすすめします。

簡単な操作で消去ができるため、閲覧履歴とWebサイトデータを活用していないならやってみましょう。 また、誤って閲覧履歴とWebサイトデータを消してしまった場合も、 Recoveritというソフトを使用すれば復元することができます。Recoveritについても紹介するので、参考にしてください。



100%安全・安心 | マルウェアなし | 3ステップだけで復元可能



パート1 Windows10で閲覧履歴とWebサイトデータの削除をおすすめする理由


ブラウザの閲覧履歴とWebサイトデータをわざわざ削除する必要はないと考える方もいるかもしれません。しかし、削除にはいくつかのメリットがあるので、それらをしっかりと把握したうえでやるかやらないかを決めましょう。

#不調があれば治る可能性がある

現在使っているブラウザに何かしらの不調がある場合、閲覧履歴とWebサイトデータが悪さをしている可能性があります。そのため、削除をすれば、不調があったブラウザが以前のように快適な動作を取り戻すこともあるでしょう。


#ストレージが最適化して重くなくなる

閲覧履歴とWebサイトデータは、ハードディスクやSSDなどの容量を消費します。そして、ブラウザを利用すればするほど、使用している容量が増えていってしまうのです。そのことにより、ブラウザの動きが重くなってしまうケースがあるため気をつけましょう。必要ないデータを削除すれば、ストレージが最適化されるのでブラウザの重さから解放されます。


#プライバシーを守れる

ブラウザの閲覧履歴とWebサイトデータは、パソコンにアクセスできるのなら、誰でも見られる状態なのを忘れてはいけません。もしも、見られたくない情報がある場合は、しっかりと削除をしてプライバシーを守りましょう。



パート2 Windows10で閲覧履歴とWebサイトデータを消去する方法


Windows10ではいろいろなブラウザがあるため、それぞれ閲覧履歴とWebサイトデータの削除の方法は異なります。しかし、どのブラウザでもある程度は手順が共通しているので、こちらでは大まかな流れを説明します。

もしも、以下の流れで行えなかった場合は、ブラウザ名とバージョンを検索サイトに入力して探してみましょう。

ステップ1 利用しているブラウザの設定を開く
ステップ2 プライバシーに関する項目をクリック(例えば、edgeなら『プライバシー、検索、サービス』、chromeなら『プライバシーとセキュリティ』)
ステップ3 閲覧データをクリアする項目が表示されるので選択
ステップ4 消したいデータの種類や消したい期間を選ぶ
ステップ5 リアボタンや削除ボタンが表示されるのでクリックすることで完了



パート3 対処法:Windows10で誤って閲覧履歴とWebサイトデータを消去した場合


Windows10で利用する各ブラウザの閲覧履歴とWebサイトデータの消去方法は、何回かマウスをクリックするだけのとても簡単なものです。簡単すぎるため、間違って消してしまった状況の方もいるでしょう。そのときは、 「Recoverit(リカバリット)」を使って復元にチャレンジすることをおすすめします。

復元のために開発されたRecoveritを使えば、間違って消してしまったデータを以前の状態に戻すことができるでしょう。簡単操作を売りにしているソフトで、復元作業は数分程度しかかかりません。


100%安全・安心 | マルウェアなし | 3ステップだけで復元可能

そして、一つひとつではなくまとめて復元できるため、最低限の時間で必要なデータをしっかりと取り戻せます。パソコン初心者でも難なく復元できるので、困った状態にあるのなら、インストールをしてとりあえずでも使ってみましょう。

なお、パソコンに繋げられる機器に入っているデータならば、ほとんどのものを復元できるようになっています。USBメモリやSDカードにも対応しているため、取り戻したいデータがあれば積極的にRecoveritを活用しましょう。

では、「Recoverit」を利用してWindows10で誤って消去した閲覧履歴を復元する手順をご紹介します。

ステップ1 Windows10で閲覧履歴の元の保存場所をスキャンします。

「Recoverit」をダウンロードして、削除した閲覧履歴の元の保存場所を選択します。「開始」をクリックして、選択した場所のスキャンを始まります。

Windows10で閲覧履歴の元の保存場所をスキャン

ステップ2 復元したい閲覧履歴を選択します。

スキャンが完了できましたら、復元したい閲覧履歴を選択して、復元ボタンをクリックします。

復元したい閲覧履歴を選択

ステップ3 Windows10で閲覧履歴を復元します。

保存先を選択して、また「復元」ボタンをクリックし、閲覧履歴の復元が開始します。
「正常に復元しました」画面が表示され、復元が完了できます。

Windows10で閲覧履歴を復元

ストレージを最適化するヒント


ストレージの最適化を目的に閲覧履歴とWebサイトデータを消去する場合は、重くなってからやるのではなく定期的に行うようにしましょう。

いきなり重くなるのではなく、少しずつ重くなっていくため、毎日ブラウザを使っているのなら調子が悪いことにしばらく気がつかないかもしれません。それを避けるためには定期的に消去を行って、重くなるまえにストレージの最適化をしておきましょう。

もし誤って閲覧履歴とWebサイトデータを消してしまった場合も「Recoverit – 強力なパソコンのデータ復元ソフト」を使用して、データを復元することができます。



100%安全・安心 | マルウェアなし | 3ステップだけで復元可能

All Topics