Windows 10でCドライブが容量不足になったときの対処法とは?

• Filed to: Windowsデータ復元 • Proven solutions

パソコンを使用していると、Cドライブの容量が不足することは少なくありません。CドライブはWindowsなどのOSが入っているストレージのことですが、インストールされているOSによって容量不足の解決方法は異なります。

ここでは、使用率の高いOSであるWindows 10でCドライブの容量不足を解消する方法や、データ削除などのトラブルへの対処法について説明していきます。また、誤ってWindows 10でCドライブのデータを削除した時の対処法も紹介します。



100%安全・安心 | マルウェアなし | 3ステップだけで復元可能



パート1 Windows 10のCドライブが容量不足になる原因


「c ドライブ 容量 不足」や「c ドライブ いっぱい」と検索するとさまざまなトラブル事例が出てきますが、Cドライブが容量不足になる理由は単純にデータを数多く保存しているからです。経年劣化でストレージの容量が減ったり不足したりすることは基本的になく、写真や動画、ソフトウェアなどを保存していくことで容量不足が起こります。



パート2 Windows 10のCドライブで容量不足を解消する方法


方法1 ストレージセンサーを実行する

Windows 10には、使っていないアプリやWindowsアップデートによって生じた不要なファイルなどを検索し、一括削除できるストレージセンサーという機能が存在します。

ストレージセンサーは、
・ Windowsキー+Iを押してWindowsの設定画面を開く
・ 「システム」のメニュー欄から「記憶域(ストレージ)」を選択
・ 「ストレージセンサーを構成するか、今すぐ実行する」を選択
・ 削除したいファイルの条件を設定し、下部にある「今すぐクリーンアップ」をクリック

という手順で実行することができるので、容量不足を手軽に解消したいときにおすすめの機能です。また、定期的にストレージセンサーを起動させるように設定できるので、「定期的にストレージセンターを実行するのは面倒」という方でも使いやすい機能だといえます。


方法2 外付けストレージを利用する

Cドライブに入っているデータを、外付けのストレージ(外付けSSDやHDD)に移すことで、データ容量に空きを作ることができます。

外付けストレージにデータを移すには、
・ USBでパソコンに接続できる外付けストレージを購入する
・ ストレージのUSBケーブルをパソコンに接続する
・ パソコンの「デバイスとドライブ」に接続したストレージが表示されたのを確認

という手順でデータ移行できるようになります。内臓ストレージを増設する方法でも容量を確保することはできますが、外付けストレージと違って手順が複雑なので、初心者の方はこの方法でストレージを追加するのがおすすめです。



パート3 誤ってWindows 10でCドライブのデータを削除した時の対処法


容量を空けるためにデータを削除していく方は多いですが、その際に誤ってCドライブに入っている大切なデータまで削除してしまうというのは、やってしまいがちなミスの一つ。基本的にWindows 10で削除したデータはごみ箱のファイルに一時的に移動されますが、完全に削除してしまってごみ箱にファイルが移動していない場合など、復元が難しいケースも少なくありません。

消えたデータを復元させるための方法はさまざまですが、初心者でも扱える 「Recoverit(リカバリット)」を使用してデータを復元するのがおすすめ。Recoveritはデータ復元を効率的に行うために特化した専用のソフトウェアで、Cドライブだけでなく、USBフラッシュメモリやSDカード、外付けハードディスクなどさまざまなストレージからデータを復元できるのが特長です。

また、数多くのファイル形式に対応しているため、消えたデータがどのようなものであっても復元することができるでしょう。ソフトウェア上で簡単に消えたデータを探すことができるのも、パソコンに詳しくない初心者向けだといえます。



100%安全・安心 | マルウェアなし | 3ステップだけで復元可能

ステップ1 Windows 10でCドライブの失ったデータの元保存地を選択します。

Windows 10でCドライブの失ったデータの元保存地を選択して、「開始」をクリックして、選択した場所をスキャンし始めます。

Windows 10でCドライブの失ったデータの元保存地を選択

ステップ2 Windows 10でCドライブの復元したいデータを選択します。

スキャンが完了できましたら、Windows 10でCドライブの復元したいデータを選択して、復元ボタンをクリックします。

Windows 10でCドライブの復元したいデータを選択

ステップ3 Windows 10でCドライブの失ったデータを復旧します。

保存するためパスを選択して、また「復元」ボタンをクリックし、データの復元が開始します。

Windows 10でCドライブの失ったデータを復旧

まとめ: 効率的にCドライブの容量不足を解決しよう


Windows 10にはストレージセンサーなど、Cドライブの容量不足を解消するための機能があるため、それを活用するなどして効率的に容量不足を解決できます。必要なデータを残したい場合は、外付けストレージで容量を増やすのもおすすめ。もし大切なデータを間違って消したしまった場合は、「Recoverit – 強力なWindowsのデータ復元ソフト」などのデータ復元ソフトを利用することで、消してしまったデータをもとに戻すことが可能です。



100%安全・安心 | マルウェアなし | 3ステップだけで復元可能
> How to > Windowsデータ復元 > Windows 10でCドライブが容量不足になったときの対処法とは?