VLC Media Playerでブルーレイを再生できない原因と対策

> How to > ビデオ修復・復元 > VLC Media Playerでブルーレイを再生できない原因と対策

• Filed to: ビデオ修復・復元 • Proven solutions

VLC Media Playerを利用すると様々なメディアディスクに入っている動画を再生できますが、ブルーレイディスクを使って再生しようと思ってもできない場合があります。動画ファイルは入っているはずなのに再生できないときには原因が気になるでしょう。この記事ではVLC Media Playerを使ってブルーレイが再生できないときの原因と対処方法を紹介します。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで修復可能



パート1 VLC Blu-ray再生できない!?原因とは?

VLC Media Playerを使ってブルーレイディスクを再生できない原因として考えられるものは以下の4つがあります。

原因① コピープロテクトで再生できない

VLCブルーレイで再生できない理由として市販のブルーレイを使おうとしていてコピープロテクトがかかっている可能性があります。市販のブルーレイにはAACSと呼ばれる技術で不正コピーをしないようにプロテクトがかけられています。VLCブルーレイではコピープロテクトのかかっていないブルーレイしか原則として再生できないので注意しましょう。

原因② 光学ドライブが壊れている

VLCブルーレイで再生できないときにはブルーレイディスクを挿入したドライブが壊れている可能性があります。そもそもブルーレイディスクが認識されていない場合にはドライブの故障でしょう。接続が悪いだけのこともあるのでケーブルを抜き差しして接続が正しいか確認した上で判断するのが大切です。

原因③ ブルーレイディスクが破損している

ブルーレイディスクが壊れてしまっているために再生できないこともあります。物理的に傷がついて破損している場合もありますが、何度も繰り返し使用していたために劣化したのが原因のこともあるでしょう。

原因④ ブルーレイディスク内の動画ファイルが破損している

ブルーレイディスク自体は破損していなくても、内部に収められている動画ファイルが壊れているのが原因で再生できないケースもあります。他の動画は再生できる場合にはこの原因の可能性が高いでしょう。



パート2 VLC Blu-ray再生できない場合の対処法

VLCブルーレイの再生ができなくて困ったときには以下に示すような対処方法があります。具体的な手順についても簡単に解説するので、再生できない原因に応じて適切な方法を選んで試してみましょう。

方法1 コピープロテクトされたブルーレイを再生できるようにする

ステップ1 http://vlc-bluray.whoknowsmy.name/から「KEYS DATABASE」と「AACS DYNAMIC LIBRARY」をダウンロードします。
ステップ2 Cドライブの「ProgramData」のフォルダに「aacs」という名称でフォルダを作成します。
ステップ3 「aacs」のフォルダにKeys databaseを入れます。
ステップ4 AACS DYNAMIC LIBRARYをVLC Media Playerのフォルダ―に入れます。
ステップ5 VLCを起動して「メディアを開く」を選択し、「ディスク選択」でブルーレイを選びます。

方法2 新しいブルーレイディスクドライブを接続する

ステップ1 新しいブルーレイディスクドライブを手配します。
ステップ2 パソコンに接続します。

方法3 破損したビデオをRecoveritで修復する

データ復元ツール「Recoverit」(リカバリット)の「ビデオ修復」という機能を使えばBlu-rayに破損したビデオを修復できます。ブルーレイディスク自体が破損してしまっていて認識されない場合を除けば、「ビデオ修復」という機能を使えば動画ファイルの修復が可能です。VLCで再生できない動画ファイルが他にもあるときにはまとめて修復することもできます。

幅広いフォーマットに対応していて簡単に使えるのもRecoveritのメリットです。また、動画ファイルが壊れてしまった原因がわからなくても修復できる仕組みになっています。どのようなシーンでも使える点で優れているので動画を再生できなくて困ったときにはRecoveritのビデオ修復を使ってみましょう。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで修復可能

これから、Recoveritを使って再生できないMP4動画ファイルを再生できるようになる修復手順について説明します。

ステップ1 VLC Media Playerで再生できないブルーレイを修復する準備事項

Recoverit をインストールします。メイン画面が立ち上がったら、「ビデオ修復」を選択して、「開始」ボタンをクリックしましょう。

再生できないブルーレイビデオを修復する準備事項

ステップ2 再生できないブルーレイビデオを追加します。

「追加」ボタンまたは「ビデオを追加して修復を開始する」ボックスをクリックして、修復したいブルーレイを選択します。

再生できないブルーレイビデオを追加

ステップ3 再生できないブルーレイビデオを修復します。

ソフトに再生できないブルーレイを追加が完了したら、「修復」ボタンをクリックしましょう。このボタンをクリックしたら、データの修復が開始されます。

再生できないブルーレイビデオを修復

簡単な3つステップだけで再生できないブルーレイを修復できます。VLC Media Playerでビデオが再生できないことを困った時に、試してみてください!



まとめ:VLC Media Playerでブルーレイの再生に困ったら修復も検討しよう

VLC Media Playerはブルーレイの再生にも対応していますが、基本的にはコピープロテクトがかかっていると再生できないので注意が必要です。自分で作ったブルーレイの再生をしたくてもできない場合には原因はファイルの破損の可能性があります。ディスクやドライブを疑うだけでなく、動画ファイルの破損も疑って「Recoverit – 強力なビデオ修復ソフト」による修復を検討しましょう。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで修復可能
-->