誤って削除してしまったメールを復元する方法を紹介
> How to > ファイル復元 > 誤って削除してしまったメールを復元する方法を紹介

Jun 30,2020 • Filed to: ファイル復元 • Proven solutions

うっかり削除されたメールを復元できるか

電子メールでのやり取りがますます増えていく今の時代では、PCでのメールは利用している人も段々増えています。OutlookやThunderbirdなど様々なメールクライアントがあります。毎日数十本ほどのメールが届いています。もし、電子メールを整理したとき、大切なメールを誤って削除してしまうと、とても困りますよね。日頃から操作ミスには気をつけたいものですが、それだけではなくHDDの破損などによってもメールのデータが失われてしまいます。

そのため、うっかり削除したメールをどう復元するかを把握することが重要です。ここでは簡単な復元できる方法を紹介します。


part1:誤ってメールを削除してしまった場合の対処方法

メールソフトの受信ボックスに着信した迷惑メールを削除する際に、誤って保存しておきたいメッセージを削除してしまう場合があります。単にゴミ箱に入れるだけであれば受信ボックスに戻すことができますが、ゴミ箱を空にしてしまうとメッセージや添付ファイルがパソコンから消去されてしまいます。

一部のメールソフトは削除したメッセージを復旧させる機能が付いています。例えばマイクロソフト社製のOutlook 2010には、削除されたメッセージを復元する機能が付いています。誤ってメッセージを消去してからすぐに対処すれば、以前の状態に戻すことができる場合があります。[削除済みアイテム] フォルダーから削除されたアイテムは 30 日以内であれば復元できます。ただ、ほとんどのメーラーやパソコンに標準装備されている機能では消去したメッセージを復元することができません。メッセージを復旧させるためには、削除されたメールのファイルを復元するためのツールが必要となります。

part2:「Recoverit」で削除したメッセージやメールを復旧させる方法

Recoveritはパソコン用のソフトウェアで、ドライブから削除されたファイルを復旧させるためのツールです。内蔵HDDの他にもフラッシュストレージやUSBメモリにも対応しています。「Recoverit」には一般的に用いられる拡張子の他に、アプリケーションソフトが使用する独自の拡張子も数多く登録されています。メーラーがメッセージを記録する際に使用する拡張子も全て登録されているため復旧作業の際にプログラムがファイルの種類を自動判別することが可能で、簡単な操作で目的のデータを復旧させることができます。

ステップ1. 「Recoverit」を起動します。

ソフトを起動

ステップ2. 失われたメッセージが保存されていた場所を選んで「開始」をクリックし、スキャンが開始されます。

保存されていた場所を選ぶ

ステップ3. ファイルをスキャンします。

スキャンが完了できましたら、「了解」をクリックします。

ファイルをスキャン

ステップ4. ファイルのタイプと保存場所を選択して、「復元」ボタンをクリックし、復元が開始します。

保存


まとめ

Recoveritを利用して削除したメッセージや添付ファイルを復元させる場合には、クイックスキャン、ディープスキャン、添付ファイルの種類を指定したスキャンの3つの方法を試してみることができます。「Recoverit」を利用すれば、メッセージや添付ファイルが残されている領域に別のデータが上書き保存されていない限りは、高い確率で削除前の状態に復元することができます。無料版もありますよ。是非試してください。


0 Comment(s)

関連トッピクス

All Topics

Top