SDカードのデータ損失に多い原因と復元に役立つ方法を紹介

> How to > SDカード復元 > SDカードのデータ損失に多い原因と復元に役立つ方法を紹介

• Filed to: SDカード復元 • Proven solutions

大切なデータが保存してあったSDカードの内容を誤って消去してしまい、慌てた経験がある人は少なくないのではないでしょうか。自分自身の操作ミスによってデータを削除してしまうことや、データの損失に心当たりがないことなど、データが消えてしまう際には様々な状況が考えられます。そこでこの記事では、SDカードのデータが消えてしまう原因に多い例と、そうした際に役立つデータの復元方法を紹介します。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで復元可能

パート1 SDカードの復旧が必要となる原因

mp4動画ファイルをSDカードに保存して、パソコンで再生している人も多くいます。保存できる容量にもよりますが、種類によっては多くの動画を保存できるものも販売されています。しかし、SDカード内のデータがいつまでもそのままであるとは限りません。突然、SDカード内のデータがなくなってSDカードの復旧が必要となることもあるのです。その原因は、以下の通りです。

原因① 物理的障害によってSDカードのデータが消えた

SDカードそのものに何らかの衝撃が加わったり、折れ曲がったりすることでデータがなくなることがあります。また、水没や加熱などでもデータを正常に読み書きできなるため、このような事態に見舞われた時にはデータがなくなる可能性が高くなります。さらに、パソコンへの着脱を繰り返すことも、物理的障害になります。自身では的確な手順で着脱を行っているつもりでも、着脱を繰り返すとコネクタ部分にダメージが加わりそれが蓄積することで接触不良を起こすこともあるのです。

原因② 技術的障害によってSDカードのデータが消えた

SDカードのデータがなくなるのは、衝撃が加わるだけではありません。例えば、データを書き込んでいる最中にカードを無理やり抜いた場合や、SDカード自体は問題ないが挿している機器の不良で強制的にカードの起動が停止した、などが挙げられます。このように、SDカードをいい加減に扱ったり、挿している機器に問題が発生した場合にもカード内のデータがなくなることがあります。

パート2 SDカードの消えてしまったデータを復元する方法

方法① データ復元の専門業者に依頼する

SDカードに保存してあったデータが何らかの理由で消去されてしまったとき、消えてしまったデータを復元するサービスを提供する専門業者がいます。データの復元は、パソコン関連のトラブルのなかでも特に専門的な知識を要します。したがって、自分自身でデータの復旧を試みるよりも、最初から専門業者に任せてしまった方が安心な場合もあるのです。

個人の判断による誤ったデータ復元を行うことで、データの復旧ができないだけでなく、状態をさらに悪くしてしまう可能性もあります。

インターネットなどを活用して、データ復旧に関する様々な情報を収集することは可能ですが、それが正しい方法なのか、誤った方法なのか、また、どういった場合にどの手法を用いるべきなのかといった判断は自分自身でしなくてはいけません。加えて、何が原因でデータが消えてしまったのか、その原因を理解しなくてはデータの復元を行うことは難しいでしょう。こうしたことから、個人でトラブルの状態を判断し、的確な方法でデータの復元を行うのは難しい作業だと言えます。

こうしたことから、個人でトラブルの状態を判断し、的確な方法でデータの復元を行うのは難しい作業だと言えます。こうした個人でのデータ復元の難しさを解消してくれるのが、専門業者への依頼です。SDカードを水没させてしまった場合や、接触部分が摩耗してしまった場合、さらにはSDカードを破損させてしまった場合など、物理的なダメージをSDカードに与えてしまった際は、データ復旧の専門業者に依頼することでデータを復元できる可能性が高まることもあると言えます。

一方で、専門業者にデータの復元を依頼する際は、知っておいた方が良いデメリットもあります。

まず、専門業者に依頼したときにかかる高額な料金が、専門業者に依頼するデメリットとして挙げられるでしょう。復旧作業の内容やSDカードの種類、形状などによっても金額は異なりますが、最低でも数万円はかかることが一般的です。難しい作業が必要な場合には10万円を超える料金を請求されることもあるのです。

また、信頼できる業者選びの難しさも、専門業者へ依頼することを躊躇する原因の1つと言えます。依頼する専門業者によって、データの復元率に違いがあることも少なくありません。依頼するのが大切なデータの復元である場合は、できる限り高確率でデータを復元してくれる専門業者を選びたいですが、何を基準にして選べば良いか、判断に悩む人も多いでしょう。

方法② 強力のデータ復元ソフトでSDカードのデータを復元する

「Recoverit」(リカバリット)とは、様々なデータの復旧に役立つ、強力なデータ復元ソフトです。このRecoveritを利用することで、SDカードの消えてしまったデータの復元が期待できます。Recoveritは多くの企業や個人に利用され、その利用者は500万人以上に上ります。あらゆる原因でデータが消去されてしまった際に、比較的簡単に、そして高確率でデータを復旧してきた豊富な実績がRecoveritにはあるため、SDカードのデータ消去を始め、パソコン関連の様々なデータ損失の復旧に高い信頼があります。

データ復旧に関する知識がない初心者でも、簡単にそして迅速に作業を行えるのもRecoveritの特徴です。また、求めるサーポートの度合いによってプランを選択することができ、データ復旧の専門業者に依頼するよりも価格を抑えられることが少なくありません。SDカードのデータが消えたときだけではなく、SDカードにアクセスできないといったトラブルにも、Recoveritは対応しています。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで復元可能

ステップ1 SDカードのデータを復元するために「Recoverit」をインストールします。

復元したいSDカードをパソコンに接続して、認識または検出できることを確認してください。パソコンに「Recoverit」をダウンロードして、インストールします。起動してメイン画面からSDカードを選択します。「開始」をクリックして、SDカードのスキャンが自動的に始まります。

SDカードのデータを復元するために「Recoverit」をインストールし

ステップ2 SDカードの復元したいデータを選択します。

スキャンが完了できましたら、SDカードの復元したいデータを選択して、復元ボタンをクリックします。

SDカードの復元したいデータを選択

ステップ3 SDカードの復元したいデータを取り戻します。

復元する前に復元したいファイルをプレビューできます。保存先を選択して、また「復元」ボタンをクリックし、SDカードから消えたデータを取り戻します。

SDカードの復元したいデータを取り戻

まとめ: SDカードのデータを復元する際の注意点と方法

SDカードのデータが消えてしまった場合、そのデータを復元できることがあります。データの復旧には大きく分けて、専門業者への依頼と、データ復元ソフトによる個人での復元が挙げられるでしょう。専門業者への依頼は、復元率が高い一方、料金が高額になる可能性や、信頼できる業者選びの難しさといった注意点があります。また、個人で安全にデータを復旧したい場合は、「Recoverit – 強力なWindowsのデータ復元ソフト」というデータ復元ソフトを活用するのが効果的だと言えます。

また、個人で安全にデータを復旧したい場合は、「Recoverit – 強力なWindowsのデータ復元ソフト」というデータ復元ソフトを活用するのが効果的だと言えます。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで復元可能
-->