【Windows10】レジストリのトラブルを修復する方法とシステムデータ紛失への対処法

> How to > Windowsデータ復元 > 【Windows10】レジストリのトラブルを修復する方法とシステムデータ紛失への対処法

• Filed to: Windowsデータ復元 • Proven solutions

Windows 10を使用していると、レジストリに関わるトラブルが発生することがしばしばあります。トラブルの解決にはレジストリの修復が必要になりますが、あまり触れたことがない人にとってはかなりハードルが高いでしょう。この記事では、レジストリのトラブルの修復方法を簡単に解説し、それに伴ってシステムデータの紛失が起こったときの対処法もご紹介します。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで復元可能



パート1 レジストリとは?

Windows 10を使っていると時々耳にするレジストリとは、Windows 10のシステムやソフトウェアが使用している設定情報が集まったものです。データベース化されて、通常はユーザーが簡単に変更できないようになっています。

OSの基本的な設定情報からユーザーが設定してカスタマイズした内容まで、全てレジストリに入っています。アカウント情報やパスワードなどの厳重管理が必要な情報もレジストリに含まれているので、安易な気持ちで書き換えるのはリスクがあるのは確かです。しかし、裏を返せばレジストリに問題があるとWindows 10やソフトウェアがうまく動作しなくなってしまうため、トラブルの原因になります。



パート2 Windows 10のレジストリファイルを修復する方法

Windows 10のレジストリを修復するには以次の3通りの方法があります。それぞれの手順を簡単に見ておきましょう。

方法1 システムデータのバックアップでWindows 10のレジストリファイルを修復する

レジストリファイルはシステムデータとして保管されているので、バックアップを取っている場合には復元が可能です。
・ローカルディスクのWindows/System 32/configを開きます。
・ローカルディスクのWindows/System 32/config/RegBackを開きます。
・RegBackフォルダ内にあるDEFAULT、SYSTEM、SECURITY、SOFTWARE、SAMがレジストリ関連のファイルになるため、修復したいファイルをconfigフォルダ内のファイルと置き換えます。
・コンピューターを再起動します。

方法2 レジストリエディターのエクスポートファイルでWindows 10のレジストリファイルを修復する

もし、今までにレジストリエディターを使ってデータをエクスポートしていたなら、レジストリエディターを使って修復することもできます。
・レジストリエディターを起動します。
・メニューの「ファイル」から「インポート」を選び、「レジストリファイルのインポート」を選択します。
・ダイアログボックスからエクスポートしたレジストリファイルを読み込みます。
・コンピューターを再起動します。

方法3 レジストリエディターでWindows 10のレジストリファイルを手動修復する

バックアップがなかったとしても、手作業でレジストリエディターにより修復することも可能です。
・レジストリエディターを起動します。
・左側のツリーを使って修復したいレジストリを選択します。
・右側の詳細情報から個々の項目について手動で書き換えます。
・コンピューターを再起動して更新します。



パート3 対処法:Windows 10のレジストリを修復する時にシステムデータの紛失

レジストリの修復をしようとしたときにやり方を誤ったり、手作業で間違った設定をしてしまったりするとシステムデータが紛失することがあります。この際の対処法として有用なのが、データ復元ツールを使用する方法です。世の中には様々なデータ復元ツールがありますが、「Recoverit(リカバリット)」は利用価値が大きいのでまず使ってみましょう。

Recoveritは万能なデータ復元ツールで、データの復元をしたことがない人でも気軽に使えます。失われたデータをスキャンして一覧表示できるデザインになっているので、直感的に使えるのがメリットです。レジストリを操作したのが原因の場合に限らず、紛失したファイルは一通り探し出せる仕組みになっています。色々なシーンで使えるので、Recoveritは用意しておくと安心です。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで復元可能

ステップ1 レジストリを修復する時にWindows10で紛失したデータの元の保存所を検索します。

パソコンに「Recoverit」をダウンロードして、紛失したデータの元の保存場所を選択します。「開始」をクリックして、選択した場所のスキャンを始まります。

レジストリを修復する時にWindows10で紛失したデータの元の保存所を検索

ステップ2 Windows10でレジストリを修復する時に紛失したデータを選択します。

スキャンが完了できましたら、Windows10でレジストリを修復する時に紛失したデータを選択して、復元ボタンをクリックします。

Windows10でレジストリを修復する時に紛失したデータを選択

ステップ3 レジストリを修復する時にWindows10で紛失したデータを復元します。

保存先を選択して、また「復元」ボタンをクリックし、レジストリを修復する時に紛失したデータの復元が開始します。
「正常に復元しました」画面が表示され、復元が完了できます。

レジストリを修復する時にWindows10で紛失したデータを復元

簡単な3つのステップだけでレジストリを修復する時にシステムデータを復元できます。 レジストリを修復してデータが意外に消失したことを困った時に、試してみましょう!

まとめ:Windows 10のレジストリの修復はバックアップから行おう

レジストリの修復をするときにはレジストリエディターを使うこともできますが、基本的にはバックアップから行うのが安全策です。ただ、過去のレジストリを読み込んでも確実に元通りになるとは限りません。システムデータが失われてしまって困ることもあります。しかし、その際にも「Recoverit – 強力なWindowsのデータ復元ソフト」があれば復元によって対処できるので安心です。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで復元可能
-->