Android用モザイクアプリ5選


スマホでも動画や写真にモザイクをかけられる!?

最近、SNSが普及してきて、人との情報交換が簡単になってきました。写真も投稿することができ、カメラ以外でもスマートフォンの普及で、手軽に撮影できるようになりました。
ですが、個人特定などで問題が起きてしまうこともあるので、注意が必要です。写真を投稿するにも、余計なものが写っていないかよく確認し、プライバシーを守るように気をつけましょう。そんな写真の見せたくない部分を見えなくするために、モザイクやぼかしといった加工処理ができるアプリやソフトがあります。
スマートフォンやパソコンアプリ、両方でているので、いくつか紹介したいと思います。

まずはスマートフォンから、今回はアンドロイド用のアプリです。

Part 1. Android用モザイク アプリを5つオススメ

「Pixelot」

「Pixelot」

このアプリは、写真にモザイクやぼかしといった加工を施すことができます。
加工の仕方も画面をなぞるだけの簡単操作で、急いでいる時もすぐに出来上がります。

モザイクの細かさを調整できる機能もついています。アプリからSNSへ直接投稿できるので、加工後すぐにアップすることができます。

「Blur Image」

「Blur Image」

アンドロイド用アプリで写真にモザイクをかけられます。

アプリによっては、1つの画像にモザイクをかけれるのは1ヶ所だけというものがありますが、このアプリは同時に複数のモザイクをかけることができます。

モザイクの範囲を、拡大・縮小でスムーズに調整できるところもポイントです。

「ObscuraCam」

「ObscuraCam」

アンドロイド用で動画にもモザイクをかけられるアプリです。

画像にも対応していて、アプリから新しく写真を撮ることもできます。

とてもシンプルで、余計な機能が無いのが特徴です。

フィルターも何種類か使えるようになっていて、人物の顔に鼻眼鏡が重ねられるものや、塗りつぶしなどがついています。

「Skitch」

「Skitch」

写真やスクリーンショットにモザイクをかけられるアプリです。

機能も多く様々なものがついています。

まず、やり直しが可能で、1回だけでなく何度も加工できます。

範囲指定で処理ができ、文字入力や矢印入力など他の編集も同時にできます。

「Touch2Pixel」

「Touch2Pixel」

初心者の人にも使いやすいアンドロイドアプリで、モザイクを簡単にかけることができます。

加工したい画像を開き、隠したい部分をドラッグ指定するだけでモザイクがかかります。

複数箇所にモザイクをかけたい場合も、同じ動作を繰り返すだけで難しくありません。

アプリからカメラを起動することができ、撮影直後にモザイクがかけられて便利です。

Part 2 モザイクなどがかけられる多機能ソフト「Filmora動画編集」の紹介

「Filmora動画編集」は操作が簡単で、強力な動画編集機能を搭載しています。動画を編集するために必要な機能が揃っていて、色々なことができます。モザイクなどの特別効果も充実していて様々なことができるので、いくつか紹介していきたいと思います。

  
モザイクをかける

1.「モザイク」

画面の一部分にモザイク、ぼかしを入れる機能です。プライベートな情報を隠すことができます。

操作も簡単で、画像、動画を取り込んだら編集するためのタイムラインに入れ、モザイクを追加します。

そうすると枠がでてくるので、モザイクを入れたい場所に移動させ、大きさの調整をすれば完成です。

「チルトシフト」

2.「チルトシフト」

写真をミニチュア風、ジオラマ風にする加工のことです。

メインに写したい場所の周りをぼかすことで、強調して見せることができます。

3. 「フェイスオフ」

これは人の顔を自動的に検出し、内蔵されているスタンプのような素材で画面上の顔を変えることができます。

表情豊かで、いろんな場面で使える可愛らしいスタンプが揃っています。

  

 

このようにスマートフォンやパソコンでモザイク加工できるアプリは、様々なものがでています。うまく編集してSNSなどを楽しく使っていけるようにしましょう。

Back to top