MacでWMV動画を無劣化で編集したいですか?

MacでWMVファイルを編集する方法はありますか?  MacBook Proで、WMVファイルの結合編集やカットができるプログラムを探しています。

MacでWMVの動画編集を行いたい場合、Mac用(ライオンを含む)の良好なビデオエディタを選択する必要があります。代表的なものとして3つのオプションがあります。

  • iSkysoft メディア変換 for Mac:Macでビデオ編集を行いたい場合、最も簡単に問題解決ができます。
  • iMovie:アップル社提供。一般的によく知られたビデオ編集ツールです。
  • ファイナル・カット・プロ:プロの映像編集者に好まれているソフトです。

三つの中で、ビデオ編集の初心者に一番ぴったりなのが「メディア変換 for Mac」です。WMV含む通常の形式のビデオならほぼすべて編集できます。

「iMovie」や「ファイナル・カット・プロ」などはより多くの編集機能が付属していますが、編集可能な形式がMP4、MOV、M4Vなどいくつか特定のカムの形式に限定されます。

wmv video editor

iSkysoft「メディア変換 for Mac」で簡単にMacでWMV動画を編集する


「メディア変換 for Mac」に可能なこと:

  • 1. WMVビデオのトリミング
  • 2. 映像の明るさの調整
  • 3. 複数のビデオクリップを一つにまとめられる

以下のリンクからすぐに無料版がお試しできます。

Part 1: WMV動画を無劣化で編集: WMVビデオのトリムとマージのやり方

画面の右側の「調整」を選択します。そこからビデオクリップの色々な部分をトリミングしたり、一つにマージできます。 間違えた場合は、ハンドルを元のポイントにドラッグして復元できます。また画面全体から、右や左に回転させることもできます。

WMVビデオのトリムとマージ

Part 2: WMV動画を無劣化で編集: エフェクトを適用する

WMVビデオファイルでは、特別なエフェクトを追加することで、信じられないほどユニークなムービーを作成できます。画面右側の「効果」をクリックすれば編集ウインドウが開きます。視聴の際に暗いと感じる場合は、画面の明るさも調整できます。

エフェクトを適用

Part 3: WMV動画を無劣化で編集: オーディオトラックをカスタマイズする

iSkysoft「メディア変換 for Mac」を使用することで、オーディオトラックの指定ができます。ビデオクリップの下部をクリックして、好きなように調整できます。例えば余計な雑音を除去したり、お気に入りの音楽をBGMに追加したり、特定のシーンに合わせて独自のオーディオファイルの指定もできます。

オーディオトラックをカスタマイズ

Part 4: iMovieやファイナル・カット・プロを使って、WMVファイルを編集する

まず第一に、WMVのフォーマットは、「iMovie」や「ファイナル・カット・プロ」と互換性がありません。このどちらかでWMVを編集する場合、まず最初にフォーマットをサポートし、iMovieなどで編集できる状態にする必要があります。

まず「メディア変換 for Mac」を起動して、動画をそこにドラッグ&ドロップします。

iMovieとFCPのための最適化のプリセットを選択し、右下の「変換」ボタンをクリックして変換開始します。

変換が終了したら、その動画ファイルをiMovieやファイナル・カット・プロにインポートします。

edit wmv video

Back to top