MacとWindows向けiPodからiTunes12へ転送するソフトウェアTop10

iTunes12はiPodから/にファイルを転送するのに通常使われますが、iPodとiTunes12アカウントの間で作業をおこなうソフトウェアがあります。インターネットからトップ10を探し、Windows向け5つとMac向け5つをご紹介します。どれがよいか?いくつかが無料です!

Part 1. Windows向け iPodからiTunes12へ転送するソフトウェアTop5

ランキング

名称

基本情報

1

    PodTrans

    Windows向け iPodからiTunes12へ転送するソフト

PodTrans は整然とデザインされた無料のiPod転送ソフトウェアで、iPodの曲をパソコンに転送したり、パソコンからiPodに転送したりできます。


メリット:PodTrans は2通りの転送に対応しているためパソコンかiPodでデータ損傷が起きた場合、オーディオファイルを簡単に復元できます。
デメリット: パソコンで使うにはiTunes12に接続している必要があります。もし完全にiTunes12を避けたいのであれば、良いオプションではありません。

2

    SynciOS

    Windows向け iPodからiTunes12へ転送するソフト

「無料の最高のiTunes12代替案」とされているSynciOSはiPodとPCのファイル転送ソルーションです。


メリット:無料のオーディオコンバータが付属なので、ファイルが違う形式の場合、コピーする前に変換できます。
デメリット:写真をコピーすると質が落ち、小さなバージョンで転送されます。オーディオとともに写真を転送する予定であれば心にとめておきましょう。

3

    CopyTrans Manager

    Windows向け iPodからiTunes12へ転送するソフト

パソコンからiPodに直接、音楽ファイルを簡単にドラッグ&ドロップできます。


メリット:複数のPCで使用できインターフェースは簡単に使え、内蔵のミュージックプレイヤーは便利です。
デメリット: しかしアプリには何も保存できないため、接続を中断すると全てのデータが消えます。

4

    iTools for Windows

    Windows向け iPodからiTunes12へ転送するソフト

iTools for Windowsでは、PCのきれいにデザインされたインターフェースでiPodや他のAppleデバイスの管理ができます。オーディオファイルを管理するほか、アプリや写真その他様々なものを管理できます。


メリット:iTunes12と統合し、iTunes12の全てのバックアップファイルとApp Storeにアクセスできます。着信音メーカーもあるので、ご自身のオーディオファイルから着信音を作成することができます。また、Windows 98, 2000やXPにも対応しているため、古いOSを使っている人にも良い選択です。
デメリット:特にiPodに沢山のデータやアプリがあると、ロードに時間がかかります。

5

    EphPod

    Windows向け iPodからiTunes12へ転送するソフト

全機能を兼ね備えたソフトウェアは、iPodと接続し音楽を転送するWindows仕様のアプリケーションです。


メリット:動作が速く、1000曲を30分で転送できます。M3Uプレイリストに対応しているほか、自分のプレイリストを作成することも可能です。オーディオファイルの他、Microsoft Outlookのコンテンツもインポートします。
デメリット: ベーシックなインターフェースで特に魅力を感じるものではありません。もし美的なものがお好みなら、あまり注意を引かれないでしょう。

Part 2. Mac向け iPodからiTunes12へ転送するソフトウェアTop5

ランキング

名称

基本情報

1

    iSkysoft iPhone データ転送 for Mac

    iPodからiTunes12へ転送するソフト

iSkysoft iPhone データ転送 for Mac音楽(購入した音楽も)をiPodからMacへコピーするだけでなく、ミュージックビデオやポッドキャストもコピーできます。


メリット:とても多機能ですー音楽だけでなくTVショーやオーディオブックも転送できます。
デメリット: ファイルを並べ替えできません。そのため、どれが転送されたのか分からなくなってしまうかもしれません。

2

    xPort for Mac

    iPodからiTunes12へ転送するソフト

xPort for Macは数回クリックするだけでiPodからMacへ缶単位音楽をコピーできます。


メリット: シンプルで、接続するとiPodを検出し、簡単に使えるインターフェースです。また、大量のファイルを高速に転送するため、時間がない方にはぴったりです。
デメリット: iPodのみで他のAppleデバイスには対応していません。もしオールインワンのソルーションを探しているならもどかしいかもしれません。

3

    YamiPod

    iPodからiTunes12へ転送するソフト

YamiPodは無料のアプリでiPodからMacへの転送を手助けしてくれます。インストールする必要がなく、iPodから直接動きます。


メリット:独立型のアプリのためインストールの必要がありません。プレイリストサポート、新しいバージョンのオートダウンロードが付いており、2つの保存機能があります。また、内蔵のミュージックプレイヤーがあり、自動で重複のトラックを消去することもできます。
デメリット: iPod Touchは認識しないためiPodのみになります。

4

    iMacsoft iPod to Mac Transfer

    iPodからiTunes12へ転送するソフト

パワフルなソフトウェアのiMacsoft iPod to Mac TransferはiPodでのオーディオやビデオファイルの管理を簡単にします。iTunes12では検索とフィルターツールで欲しいものを簡単に探せます。


メリット: 複数のiPodで使用できるため、家族に優しく、すべてのiPodシリーズに対応しています(iPhoneでさえも)。iPodからファイルを失うことなく、iTunes12に音楽をコピーします。
デメリット: 1つのiTunes12アカウントとのみ同期できます。iPodからMacへの転送しかできません:MacからiPodへ転送したい場合は追加のソフトウェアが必要になります。

5

    Floola

    iPodからiTunes12へ転送するソフト

Floolaは無料のアプリケーションで、iPodとMac間の転送を手助けします。音楽、ビデオ、ポッドキャストと写真を一括で管理できます。


メリット: iPodにアプリをインストールするとPCですぐに起動します。Googleカレンダと同期でき、iPodで歌詞のサポートも提供しています。また、プレイリストのインポートやエクスポートも簡単に管理できます。
デメリット: 変換の要素はまだ開発中のため、バグが多くなることがあります。


これで10個のベストがそろいました!iPodからiTunes12へ転送するソフトウェアのランキングを楽しんで頂けていればと思います。

Back to top