iTunes 12.3は同期できなくなった!解決方法


今では聞き慣れたiTunesも最近は更新され、iTunes12.3へと生まれ変わりました。OSのバージョンアップに伴って、こうした関係のあるソフトが更新されることが多いですが、今回のiTunes12になってデザインやレイアウトが大きく変わっています。
そのため、操作方法など徐々に自分のやりやすい形を見つけていくことになり、違いに戸惑う方も多いと思います。しかし、iTunes12にはこれとは別に少し困った事態が起きています。それは、なぜか今回のiTunes12は音楽がデバイスとうまく同期できないということです。

iTunes12.3以前にもiTunesを使っていると、少しの不具合で同期が終わらないことや同期が遅いと感じ、解決した経験が皆さんにもあるかと思います。ですが、それ以上に音楽の同期自体を認識してくれないと、せっかくiTunes12にアップグレードした意味もなくなってしまいます。



iTunes12の音楽がデバイスと同期できない

そこで、今回はそのiTunes12.5の音楽がデバイスと同期できない不具合を解決する方法を紹介していきます。


Part 1: iTunes12.5の音楽がデバイスと同期できない解決方法

操作自体は単純なので、日頃からiTunes使っている方は難なく行える作業ですが、その前にまずは確認が必要な部分があります。確実にこの不具合を解消するために、iTunes12.3と同期をしたいiPhone・iPodのOSのバージョンがiOS10以上になっているかを確かめます。

#1. iTunes12を起動して作業に入っていきます

この状況が整ったところで、いつものようにiPhone・iPodをパソコンに接続し、iTunes12を起動して作業に入っていきます。

#2. デバイスの項目から「ミュージック」を選択します。

次に、接続したデバイスの設定を見るため、iTunes上でデバイスの項目を選択します。デバイスの項目はこれまでと違い、画面左上のミュージックの音符マークなどが表示されている右端の四角いマークになります。それをクリックして進むと、左側にデバイスの情報等のサイドバーが現れるので、その中から「ミュージック」を選択します。

これで、表示された画面からiTunes12とデバイスとの同期について確認できますが、既に「音楽を同期」の部分にチェックがされていると思います。

#3. 「適用」・「同期」をクリックします。

ここで一度、その同期のチェックを外し、iTunes12内の音楽をお使いのiPhone・iPodに同期しない形にして画面下の「適用」・「同期」をクリックします。

#4. 、「音楽を同期」の項目にチェックを入れ直します。

今度は改めてiTunes12の音楽を同期するため、「音楽を同期」の項目にチェックを入れ直していきます。

#5. デバイスの接続を外します。

その後は先ほどと同様に画面下の「適用」・「同期」をクリックし、作業が終了したところでデバイスの接続を外します。

こうした手順で、手元のデバイスにもこれまで同期ができなかったiTunes12の音楽が転送されていると思います。iTunes12 を使う以上はデバイスとの同期が一番の利点だと思うので、肝心のiPhone・iPodに音楽がしっかりと同期しない場合はまず、簡単なこの方法を試してみてください。





Part 2: iTunesの代わりソフトで音楽を同期する

「iSkysoft iTransfer」は、iOSデバイスの音楽だけではなく、写真、ビデオ連絡先などをPCから、またPCへ転送・管理できる万能スマホマネージャー。「iTunesライブラリをワンクリックで転送する」などの便利機能もあって、iTunesのプレイリストなどそのままデバイスに転送できます。そして、ワンクリックでほかのデバイスとデータを転送する機能もあって、機種変更時や複数のデバイスをお持ちの方はとても便利ですね。
まずは下記からソフトをダウンロードして、使ってみてください。

iSkysoft iPhone データ復元 for Windows

  • 音楽、ビデオを自由に転送・追加・編集・削除できる
  • 写真やアルバム追加・編集・削除・転送などスーパー管理
  • 連絡先やSMSをバックアップ、編集管理できる
  • iTunesライブラリーをワンクリックで管理・転送
  • iOSとiOS、iOSとAndroid、AndroidとAndroidデバイス間で自由に転送
  • iPhone/iPad/iPodの 接続問題を修復するなど様々な便利ツール
  • 対応iOS&機種:最新のiOS10やiPhone7、またはAndorid2.1以降。

  Mac版ダウンロード    win版ダウンロー  

方法1. iTransferの「iTunesメディアをデバイスに転送」機能でワンクリックで音楽を同期する

ソフトを起動し、デバイスに接続したあと、出てきた画面にある「iTunesメディアをデバイスに転送」ボタンをクリックし、左側の画面がで出てきて、「ライブラリ全体」、或いは「選択されたプリリスト」を転送することができます。 

iTunesバックアップから復元  

方法2. iTransferの音楽管理機能で音楽を転送する

ソフトを起動し、デバイスに接続したあと、画面の「音楽」タブをクリックし、音楽管理画面に入ります(右図のとおり)。
「追加」、または「エクスポート」機能で、パソコンから、またパソコンへ、音楽を転送・同期できます。

iTunesバックアップファイルから前のデータを復元

  Mac版ダウンロード    win版ダウンロー  

Part 3: 同期できないiTunes 12.3の復元方法

「iSkysoft iPhone データ復元 for Windows」を利用すれば、誤って削除された写真、ビデオ、連絡先、SMS、通話履歴、メモ、カレンダー及びSafariブックマークなどのデータを手軽に復元できます。

iSkysoft iPhone データ復元 for Windows

iTunes12.3バックアップファイルよりデータを取り戻す


  • iPhone/iPad/iPod touchから、紛失した連絡先、写真、ビデオ、SMS、通話履歴などのデータを復元。
  • iPhone、iPad及びiPod touchを直接スキャンして、データを復元。
  • iOSデバイスのiTunesバックアップファイル/iCloudバックアップファイルから、データを復元。
  • オリジナル品質でスキャンされたファイルをプレビュー可能。数クリックでスキャンされたデータをPCに保存。
  • 対応iOS:最新のiOS 8.3や全シリーズiOS対応。

特徴 1. iTunesバックアップファイルから前のデータを復元

iTunesでデバイスをバックアップしたことがある場合、iTunesバックアップファイルを抽出することで前のデータを復元します。

iTunes 12は同期の際に、自動的にバックアップファイルをアップデートしますので、データが失われた後、デバイスをiTunesと同期しないでください。同期すると、バックアップファイルのアップデートのせいで、すべてのデータがなくし、復元不可能になります。

iTunesバックアップファイルから前のデータを復元 

特徴 2.

プレビューしてiTunesバックアップから復元

スキャン完了後、各ファイルの詳細をカテゴリごとにご覧できます。復元したいデータを選択して復元を開始してください。

iTunesバックアップから復元 

Back to top