iTunes12へ音楽を転送する時に知っておくべき便利なヒントとコツ

iTunes12へ音楽を転送する時に気をつけること

iTunes12はコンピュータで音楽を整理したり聴いたりするのに世界で最も有名なものです。いくつもの素晴らしい機能を持ち、すべてのAppleデバイスとの接続が可能で、世界のどこにいても音楽を聴くことができます。

しかし、各アップデートに慣れるのは少し難しいこともあり、いくら長くiTunesを使っていても、学ぶべき新しいヒントやコツがたくさんあります。今日はiTunes12や音楽ライブラリをもう少し活用できるようなヒントやコツについてお話しします。

まず、iTunes12に音楽を転送する時に心にとめておかなければならないことを見ていきましょう。

iTunes12へ音楽を転送する 

#1. iTunes12にCDを読み込む時はインターネットに接続しているか確認しましょう!iTunes12がインターネットに接続され、自動的に曲やアーティスト・アルバム情報を書き込みます。長い目で見れば、たくさんの時間を節約できるのです。

#2. たくさんのCDを一気に転送したい場合は自動的にCDのインポートを開始し、完了したらCDを取り出すようにiTunes12を設定し、時間を節約しましょう。

#3. 新しい音楽をiTunes12に転送する時、どの設定を使ったら良いのかについてたくさんの研究がなされています。どうやら以下の設定が人気の音楽(ロック、ジャズ、ポップ、カントリーなど)の場合によく使われているようです。

AAC (Apple Advanced Coding)
VBR
128 kbps
エラー訂正「オン」

#4. 同じくクラシック音楽をiTunes12へ転送するのに推奨の設定があります。音楽のサウンドをベストな状態にするには下記の設定を使用して下さい。

AAC
VBR
160 kbps
エラー訂正「オン」

#5.もし音楽ライブラリの中に質の悪いコピーの曲があったら、iTunes Matchを使えば、より良くコード化されたバージョンをダウンロードできます。

#6.もしiTunes12が音楽でいっぱいになり、結果的に動きが遅くなっていると感じたら別のライブラリにあまり聴かない曲をアーカイブしたくなるかも知れません。新しいライブラリを作成するにはiTunes12を開き、「オプション」キーをクリックし、「ライブラリの作成」を選択します。そうすればもう遅いiTunes12とはおさらばです!

#7. iTunes12が自動的に曲のタイトルやアーティストの情報を見つけられなかった曲には、ファイルから「曲名を入手」を選択します。

#8.iTunes12の速度を上げたい場合は、スマートプレイリストを消してみて下さい。これを消去するとiTunes12が3倍速く動くようです。

#9.頻繁に使わない限り、iTunes12の速度と効率性を上げるため、ジーニアスとカバーフローはオフにしておくようにしましょう。

#10. もし全ての音楽コレクションをiTunes12に移したばかりであれば、多くの重複したファイルを見つけるかもしれません。これらをハイライトして重複したトラックを消去するには、ファイルから重複を表示をクリックし、重複したトラックのリストを表示させます。

iPhone データ転送

MacやiTunes12にiPhone/iPad/iPod touchの音楽やビデオ、写真を転送しましょう。

ワンクリックでiTunes12にバックアップでき、曲やビデオ、フォトアルバムを管理できます。

  • MacやiTunes12にiPhone/iPad/iPod touchの音楽やビデオ、写真をコピーする
  • MacやiTunes12にiPhone/iPad/iPodからビデオをエクスポート
  • MacやiTunes12にフォトアルバムの全ての写真を転送
  • iTunes12にレートと再生回数付きのプレイリストをコピー
Back to top