Part 1. iTunes12 評判のまとめ

つい最近アップルは、メディア管理アプリケーションであるiTunes12を発表しました。使い勝手を向上させたほか、ファミリー共有にも対応したということです。

ところが、PCソフトのアップグレードやニューリリースには小さな不具合などがつきものです。アップグレードを完了してしまってから、「やっぱり前のバージョンの方が使いやすかった」と思っても、戻すのが難しい、あるいはできないことがあります。そうならないために、今回は複数の情報筋から入手したiTunes12の評判について書きたいと思います。まだアップグレードしていない方は参考にしてみてください。

よい所:
まずは、良さそうだと思う評判から検証していきます。デスクトップに表示されるiTunesのアイコンの色が青から赤に変更されています。デザインは11からあまり変わっていないので、すぐに見つけられるでしょう。あるユーザーはデスクトップのアイコンに青系が多いので、目立って良いと言っています。

アルバムアートワークとプロパティの画面も見やすくなっているという声があります。ここはスペースの関係で、アートワークについてのみの解説とさせていただきます。大きく変わったのは下半分で、灰色に黒文字だった配色が、黒に白文字となりました。ジャケットの枠もぼやけていたものがくっきりと表示されるようになり、スッキリとした印象を受けます。

欠点:
残念ながら、iTunes12はあまり良く評価されていないようです。それを象徴するように一部のユーザーが苦言を呈しています。主な指摘は次の2つです。

一つは、サイドバーが消滅したということ。サイドバーはライブラリとiTunes Storeを行き来したり、コンテンツの切り替えをしたりするのに便利な機能でしたから、なくなったことに不満を感じているユーザーは沢山いると思います。アップルは、さらなる効率化と単純化を目指しているのでしょうか。デフォルトではサイドバーは見えていませんが、プレイリスト表示にすると出現するそうなので探してみてください。

もう一つは、リピートボタン(繰り返し再生)の場所が解りにくいということです。以前のバージョンですと、シャッフルボタンのすぐ横に配置されていましたが、iTunes12では見えるところにありません。リピートするためにはシャッフルボタンの上で右クリックして、リピートをオンにしなければなりません。コマンドを実行するまでの操作が増える結果となりました。リピートを多用するユーザーにはかなり不評です。

これ以外にも「日本語のフォントがダサい」や「アップグレードを繰り返すたびにゴチャゴチャしている」などのiTunes12に関する良くない口コミが広がっています。不安な人はアップグレードをしばらく保留にして、情報を集め、これなら大丈夫だと納得してから実行するべきだと思います。

Part 2: iTunes 12のバックアップを抽出する方法

お持ちのiOSデバイスに音楽やビデオなどのファイルが保存されているのなら、「iSkysoft iPhone データ転送 for Windows」を利用すると、簡単に音楽、ビデオや写真などのメディアファイルをiOSデバイスからMac/iTunesに転送でき、iTunesライブラリーを元に戻せます!

iSkysoft iPhone データ転送 for Windows

1分間にiTunesのバックアップファイルを抽出!


  • 音楽やビデオファイルをiPhone(iPhone 6 PlusとiPhone 6を含む)、iPod、iPadからPCまたはiTunesに転送。
  • 写真をフォトアルバムからPCに転送。
  • レートや再生回数などの情報付きでプレイリストをiTunesに転送。
  • 欠落した音楽ファイルのID3情報を自動的に修復。
  • 最新のiOS 8、Windows 8.1やiTunes 12.1のバージョンに対応。

特徴 1. 音楽の修復

同じくこの画面にある「音楽を修復」ボタンをクリックすると、音楽ファイル歌手、曲名、アルバム、ジャンルなどのタグ情報(ID3情報)を世界最先端の音楽ファイル認識テクノロジーで自動的にチェックでき、修復できます。

itunes backup extractor 

特徴 2. プレイリストをiTunesに転送

まずは、メイン画面の左側にある「ミュージック」タブをクリックして、音楽管理画面に入ります。 プレイリストは音楽管理画面の右側にあります。

転送したいプレイリストを右クリックして、「iTunesにエクスポート」をクリックすると、プレイリストはiTunesに転送されます。

itunes backup extractor 

Back to top