iOS12でバッテリーの消耗が激しい時の対応策

> How to > iOS12 > iOS12でバッテリーの消耗が激しい時の対応策

• Filed to: iOS12 • Proven solutions

iOS12のbeta版にOSをアップデートした場合、どうしても消耗が激しくて何か策はないかと思ったときに、出来る対策はいくつかあります。 iOS12へアップデートしてから、バッテリーの消耗が激しい場合に実践すると改善されるケースがあります。

バッテリーの消耗にはこれと言って決まった原因があるわけではありません。 使っているケースによって原因が変わってきます。 バッテリーの消耗を少しでも改善するための手段を試していくしか方法はありません。 そのケースを詳しく見てみます。


iOS12のアップデート中に電源が入らないエラーが発生した際の解決方法

1.バッテリーの消耗が激しいアプリを削除する

「設定」―>「バッテリー」―>バッテリーの使用状況を確認して、消耗が激しい場合は、アプリより消耗が激しいアプリをアンインストールするか停止します。

2.iPhoneの機能で省電力モードを利用する

「設定」―>「バッテリー」―>「低電力モード」というのがあるので、こちらをオンにして省電力モードで使用するようにします。 これにより消費電力が下がるのを抑制できるだけではなく、充電するときの速度も早くなります。

3.Wi-FiやBluetooth、AirDropなど普段使わない機能をオフにする

Wi-FiやBluetooth、AirDropなどをオフにすることでバッテリーの消耗を軽減できます。 「設定」―> Bluetoothでオンオフが設定できるのでオフにします。 「設定」―>「一般」―>「AirDrop」で受診しないに設定します。

4.APPのバックグラウンドでの更新をオフにする

APPのバックグラウンドで更新処理を行っていると、バッテリーの消耗が思っている以上に激しくなります。 「設定」―>「一般」―>「Appのバックグラウンド更新」―>「Appのバックグラウンド更新」の順番でタップしていくと、バックグラウンドの更新をオンオフができる画面が表示されます。 表示された画面でオフにすると、バックグラウンドの更新をオフにできます。

5.位置情報サービスをオフにする

位置情報のサービスをオンにしていると、定期的にネットワークへアクセスするのでバッテリーの消耗も激しくなります。 そこで、「設定」―>「プライバシー」―>「位置情報サービス」―>「位置情報サービス」の順番でタップしていくと位置情報のオンオフの画面が表示されます。 そこで位置情報サービスをオフにしてバッテリーの消耗を少なくします。

6.音楽のストリーミングを停止する

音楽のストリーミングはバッテリーの消耗をはげしくするので、ストリーミングをしないようにします。

7.機内モードをオンにする

電波が悪いときに通常のモードでネットワークに接続するのではなく、機内モードにしてネットワークのアクセスを制限すると、バッテリーの消耗を抑えることができます。

8.すべての設定をリセットする

無駄なアクセスをしていたりしてバッテリーの消耗が激しい場合は、「設定」―>「一般」―>「リセット」―>「すべての設定をリセット」の順番でタップしていき、すべての設定をリセットしてバッテリーの消耗を少なくできます。

9.画面の明るさの自動調整機能をオフにする

画面の明るさを自動調整にしていると、無駄に電力を使ってバッテリーの消耗を激しくしてしまいます。 そこで、「設定」―>「画面表示と明るさ」―>「明るさの自動調節」の順番にタップしていき、自動調整をオフにすればバッテリーの消耗を少なくできます。

10.iOSデバイスを再起動する

無駄なアプリが起動していたり無駄な電力を使っている可能性があるので、一旦iosデバイスを再起動することで電力の消費を少なくできます。

11.何もしないで放置する

バッテリーの消耗が激しいと感じた時に、電源を切って放置していると次に電源を入れた時には解消されている可能性があります。



All Topics