【2018年版】Macで使えるおすすめ動画編集ソフト5選

【2018年版】Macで使えるおすすめ動画編集ソフト5選

> How to > 動画編集ソフトおすすめ > 【2018年版】Macで使えるおすすめ動画編集ソフト5選
By 中島直人 | Jul 02,2018 10:44 am

パソコンのOSにはwindowsの他には主にmacがあります。最近ではその性能や機能、デザインなどからmac搭載のPCを選ぶ人も増えています。その高性能さからmacを動画編集に使おうという人も多いのではないでしょうか。しかし、OSが違えば対応しているソフトも異なり、それは動画編集ソフトについても同様です。この文章ではmacに対応してる動画編集ソフトをおすすめ順にランキング形式で紹介していきます。


2018年版人気のMac動画編集ソフト

第5位Adobe Premiere Elements

Adobe Premiere ElementsはAdobeが提供しているソフトで、プロ向けの動画編集ソフトであるPremiere Proより機能が少なく、その分低価格かつ使いやすくなっています。また、Premiere Proは月額で料金を払わなければ利用できないのに対し、Premiere Elementsは一度買えば追加料金なしで使い続けることができます。機能が少ないとは言っても一般的な編集において困ることはない程度の機能はついています。比較的低スペックのパソコンでも動作するので、少し古いmacを利用している人にもお勧めです。

第4位Lightworks

Lightworksはフリーの動画編集ソフトです。無料でも他の有料のものに負けないくらい十分な機能を利用することができるので、あまり動画編集をしないため有料のものを買うのがもったいないという人におすすめです。使い方が独特なので、人によっては使いにくく感じることもあるようですが、すぐに慣れると思います。

第3位Final Cut Pro X

Final Cut Pro Xはappleから発売されている動画編集ソフトでプロ向けのものなので非常に高機能で、プロの人たちの中でも人気のあるソフトです。値段も3万円を超えるため、簡単に買えるようなものではありません。だから、あまり使わない人には少しもったいないといえます。また、初心者の人にはおすすめできません。しかし、高いだけあって非常に使いやすく、効率よく作業を進めることができます。アップデートも行われるので、一度買えば長く使い続けられるのも特徴です。これから本格的な動画編集をしようと思っている人におすすめです。

第2位iMovie

iMovieはFinal cut proと同様にapple製のソフトですが、大きく違うのはその値段でiMovieはmacユーザーなら追加料金なしで利用することができます。基本的な機能が一通りそろっていて、多くの人からとても使いやすいと評価されています。また、テンプレートも充実しているため、それを利用すればクオリティの高い作品を一瞬で簡単に作ることができます。このようにiMovieは簡単に作ることができるよう工夫されているので、初心者の人にもそうでない人にもお勧めできます。

第1位Filmora for Mac

様々な面で優れている動画編集ソフトです。
対応しているファイル形式が非常に多く、どのようなカメラで撮影を行っても、変換せずにそのまま作業に取り掛かることができます。機能面も充実しており、どれも使いやすいため、プロ並みの動画を誰でも簡単に作ることができます。作品が完成したら、簡単に他の端末や動画サイトに共有することができるのも魅力の一つです。
ライセンスに関しては年間更新ライセンスと永久ライセンス2種類から選ぶことができます。永久ライセンスは一度支払えばずっと使えますが、数年間経つとソフトが古くなってしまいます。年間更新ライセンスは毎年料金を必要がありますが、常に最新のバージョンを利用することができます。これらの2種類の中から自分に合うものを選ぶことができるのもメリットの一つです。



このように、Macで利用できる動画編集ソフトには様々なものがありますが、それぞれ特徴があり、使い心地も全然違います。より快適に編集を行い、より良い作品を作るためにも、慎重に選びましょう。


関連トッピクス

All Topics

Top