動画や写真にモザイク処理をする編集ソフト5選


動画にモザイクをかける方法


Iphoneなどスマートフォンが流行っているいる今、人々は、いつでも、何処でも、誰とでも簡単に動画や写真を撮影してネットに共有しています。ただ、それをYoutubeやFacebookなどネットに公開するとき、個人情報保護する処理として、写真や動画ファイルに出ている人の顔を覆うためのモザイクをかけなければならないです。

また、友達と共有したい写真や動画(面白いものなど)にどうしても他人見せたくない部分が混ぜったとき、それをそのまま切り取るというのは、全体的な質が落ちられるのでいやですよね。その時、写真や動画の見せたくない部分だけをモザイク処理を施して、簡単に済ませます。

Iphoneでとった写真や動画にモザイクをかけるのは非常にしつこい操作なので、適切な編集ソフトの選択や操作方法に困っている人が結構多いと思いますので、ここでは、モザイクできる動画編集ソフト5選と「Filmora動画編集」で動画にモザイクをかける手順を簡単に紹介します。

動画編集

「Filmora 動画編集(Win版)」

  • 多種形式の動画・写真の入力・編集に対応
  • 動画・写真にモザイク加工をかける
  • トリムト・クロップやBGM・字幕追加など多様な編集機能
  • フィルター・オーバーレーなど数多くのエフェクトを追加
  • 再生速度変化・クロマキー合成・録画など高機能
  • パソコンへの保存、Youtubeなどに共有、DVDに焼く
  • Macご使用の方は「Fimora動画編集(Mac版)」



Part 1. Filmora動画編集で動画をモザイク加工する機能の紹介

動画にモザイクをかける場合、一般的に動画編集ソフトを使用するのですが、「Filmora動画編集」は簡単にモザイクをかけることができ非常に便利です。


Filmora動画編集を起動

Step 1. Filmora 動画編集を起動する

① 「Filmora動画編集」を立ち上げ、縦横比を選択します。

② 「高度編集モード」を選択します。

モザイクした動画を追加

Step 2.モザイクをかけたい動画ファイルをインポート

①「メディア」タブを選択し、「追加」ボタンをクリックし、モザイクをかけたい動画ファイルをインポートします。

 インポート方法:
 * パソコンにあるファイルをインポート
 * カメラやiPhoneなどディバイスからインポート
 * FacebookやYoutubeなどWebからインポート


②インポートされた写真・動画ファイルをタイムラインに移動させます。

動画にモザイクをかける

Step 3. 動画にモザイクをかける

① タイムラインにドラッグ&ドロップされた動画ファイルを選択して、その右上側にあるをクリックします。

② 出てきた画面にある「モザイク」を選択してください。

③ 追加ボタンをクリックして、右側にあるプレビュー画面を見ながら、追加したいところに移動させます。

動画にモザイクを編集する

Step 4. 動画にエレメントを追加する

① モザイクのほかに、「指定な顔に変える」機能で、人の顔に画像を覆うことなどでき、モザイクと同様な効果を発揮できます。とても面白い機能なので、ぜひためしてみてください。

モザイクをかけた動画ファイルをエクスポート

Step 5. 作成した動画を共有

インタフェースにある「作成」ボタンをクリック、モザイク加工をされた動画をエクスポートしてください。

エクスポートする方法は:
 * 各種フォーマットでパソコンんに保存
 * スマホ・PSPなどのディバイスに直接導出
 * YoutubeやFacebookへ共有
 *  DVDへの出力

Part 2. 動画にモザイクをかける5つソフトの紹介

このように「Filmora動画編集」は簡単に動画編集でモザイクをかけることができますが、他にもモザイクをかけるソフトは多くあります。
そこで、動画にモザイクをかけるソフトを幾つか紹介したいと思います。

GIMP

・GIMP

GIMPは、初心者の方でも比較的に使いやすいソフトで、動画にモザイク加工機能の他にもマスク、グラデーション、パス、フィルタ、ノイズ、マップなどの様々な機能が備わっています。

これだけの機能が備わっているので、ある程度の動画編集なら問題なく行なうことができ、使い込んでいけば十分に楽しめるソフトです。

JTrim

・JTrim

JTrimは、動画のモザイク編集機能のほかにモノクロ、セピアなどの加工ができ、他にもフェードイン/フェードアウト、コントラスト調整、リサイズといった編集を行なうことができます。

これだけの機能を持ちながら操作性は非常に簡単で、初めての方でも安心して使うことができます。
他にもJTrimは動作が軽くて直感で操作できるので、ストレス無く編集することができます。

SEffect

・SEffect

SEffectは、モザイク加工はもちろんのこと、マスク、矢印、ぼかし、静止画と動画の重ね合わせなどのエフェクトがあります。

同時に複数のエフェクトをつけられ、それをレイヤーごとに管理できるので、高度な編集をおこなう方にとって非常に便利です。

他にも、動画から静止画を作ることや、静止画から動画を作ることもできる機能も搭載されています。

AviUtl

・AviUtl

AviUtlは人気の動画編集ソフトで、モザイク機能の他にクロッピング、音声入れ替え、動画のリサイズ、インターレース解除、動画の分割や結合と様々な機能がついています。

多機能のソフトで問題となるのが操作性ですが、AviUtlは操作性も良く、シンプルなインターフェースでスッキリと見易くなっています。

更にプラグインが多くあって拡張性に優れているところも魅力の一つで、初めての方から上級者まで幅広く使えるソフトといえます。

Video Pad

・Video Pad 動画編集

Video Pad動画編集は動画にモザイクをかける以外にも動画の分割や結合、字幕やナレーション、色彩や明るさ調整、などの機能が備わっています。

動画の結合ではクロマキーで簡単に結合でき、動画をドラッグ&ドロップできるので始めての方でも操作が非常に簡単となっています。

Video Padを使えば初心者でもプロ並みの動画に仕上げることができるでしょう。

いくつかの動画にモザイクをかけるソフトを紹介しましたが、モザイク以外の機能や操作性を比較してみても「Filmora動画編集」が一番良いといえます。
「Filmora動画編集」は様々な動画形式に対応し、動画キャプチャー、逆再生、手振れ補正など、モザイク効果意外にも高度な編集機能が多く搭載されています。
出来上がった動画はDVDに保存することやYouTubeなどにアップロードすることもできるので非常に便利です。

「Filmora動画編集」を使えば動画を思いのままに仕上げることができ、手放せないものとなることは間違いありません。

Back to top