iSkysoft > 各形式の動画をDVDに>

Macで写真をDVDに焼く方法

Macで写真データからDVDを作成する方法

  

写真といえば、一昔前ならインスタントカメラで写真を撮って、アルバムに貼り付けるのなどというのが普通の光景です。ですが、現在はスマートフォンなどでいつでも写真が撮れます。さらに、その撮影した写真をもとにパソコンから写真をDVDに焼くことで、スライドショーが楽しめるソフトウェアもあります。写真でDVDを作ると、一度でたくさんの方に見てもらえるので、とても便利かと思います。

そこで、今回はMac上で写真データからDVDを作成する方法をご紹介したいと思います。写真DVD作成ソフトにはいくつもの製品があります。その中でも、簡単な操作と手順で本格的なスライドショーを作成できるおすすめのソフトウェアがiSkysoft DVD Burner for Macです。このソフトを使えば、写真をDVDに保存した経験がないという方でもスムーズに写真をDVDにすることができると思います。

Macで写真ファイルからDVDを作成する方法

写真をDVDに焼く方法は以下の通りです。主な作業は3つほどあります。

1

最初の作業は写真データをソフトウェアに読み込みます。

DVDにしたい写真をソフトウェアの画面上にドラック&ドロップします。または、ソフトウェアの画面右側にある「+」ボタンをクリックします。そして、写真データを選択して読み込むことができます。読み込みが完了すると、ソフトウェアの画面に写真が追加されます。

写真ファイルをソフトに読み込む

2

2つ目は編集作業です。ここでは写真とDVDメニューの編集が行えます。

読み込まれた写真をクリックすると編集ができます。内容は、写真の再生時間や写真を切り替える際の効果を設定します。これ以外にも写真に文字を追加したり、音楽データがあればスライドショーにBGMを加えたりすることもできます。

DVDメニューの編集をする場合は「DVDメニュー」の項目をクリックします。DVDメニューも様々なテンプレートが用意されているので、皆さんのお好きなようにタイトル画面を作成していただけます。さらに、スライドショーのタイトルも自由に編集が可能です。

写真ファイルを編集

3

最後は、写真をDVDに書き込む作業です。

その前に編集したスライドショーを画面右下の三角のプレビューボタンで確認ができます。問題がなければ、空のDVDを挿入します。そして、画面下の緑と黒の「作成」というボタンをクリックします。
次に、保存形式の「DVDディスク」の項目にチェックを入れてDVDのタイトルなどを決めます。それらが終了したら、「保存」のボタンをクリックします。すると、DVDへ写真のスライドショーの書き込みが開始されます。これでDVDの作成作業は完了です。

Macで写真からDVDを作成

写真からDVDを作成することによって、思い出を記録することができます。例えば、お子さんの成長記録などもその一つです。そのDVDを祖父母の方にプレゼントをすれば喜ばれると思います。

このiSkysoft DVD Burner for Macというソフトは変換速度も速く、きれいな写真のスライドショーが楽しめます。また、Macに対応していることで利点もあります。それは、カメラ以外にもiPhoneなどから撮った写真もMacを経由して簡単にDVDにできるからです。写真の思い出をいつまでも残しておくために、この「iSkysoft DVD Burner for Mac」はぴったりの製品です。皆さんも是非、活用して頂ければと思います。

操作ビデオをご覧ください。

お勧め製品

DVD Burner for Windows

DVD Burner for Windows

3980円

ビデオをDVDディスクに作成するには、強力な機能を持つ「iSkysoft DVD Burner」が最適です。


究極動画音楽変換 for Mac

究極動画音楽変換 for Mac

7980円
6380円

究極のオールインワンDVDおよびビデオソリューションを提供。

人気記事

Top