おすすめのイラレのデータを復元できる便利なソフト
おすすめのイラレのデータを復元できる便利なソフト
  • イラレのデータを削除した!イラレのデータを復元したい!
    「Recoverit」(リカバリット)があれば、簡単な手順で削除したイラレのデータを復元できます。

    とりあえず、ダウンロードしてみましょう!
> How to > ファイル復元 > おすすめのイラレのデータを復元できる便利なソフト

Nov 14,2020 • Filed to: ファイル復元 • Proven solutions

おすすめのイラレのデータを復元できる便利なソフト

イラレという愛称で呼ばれることも多いIllustratorは、日本でも広く使用されているグラフィックソフトです。

製作した画像は保存しておけば、さまざまな用途に使用できますが、問題となるのが保存しておいたデータが消去した場合です。自分で復元できる場合もありますが、Recoveritというソフトを使えば、簡単にデータを復元できます。

ここではRecoveritを使用してイラレのデータを復元する方法などについて、詳しく紹介します。



Part1 クラッシュしたパソコンからIllustratorのデータを復元する方法


Illustratorを使用しているときに、パソコンがクラッシュした場合でも、自力でイラレのデータを復元できる場合があります。Illustratorにはソフトが自動的にバックアップをおこなう機能が搭載されているために、作業が途中であっても、作業内容を元のように復元することができます。

パソコンがクラッシュした場合でも、Illustratorを再起動すれば、自動的に作成途中のデータが復元されるので、複雑な操作をおこなわなくても、短時間で作業を再開できます。この場合に表示されるダイアログボックスの「OK」ボタンを押せば、ダイアログボックスを閉じて、作業に移ることができます。
※細を知りたい場合には「詳細」ボタンを押せば、確認可能です。

復元されたファイルは、名称のあとに「[復元]」という文字がつけられています。元のファイルと同じ名前をつけて保存することもできますが、違う名前で保存することも可能です。別の名前で復元されたファイルを保存しておけば、復元されたファイルのデータの正確性を確認できるまで、元のファイルも一緒に保存しておくことができます。

ドライバーやプラグインの互換性に問題があることによりクラッシュ起こった場合には、Illustratorの再起動したときに、原因を診断することもできます。表示されるダイアログボックス内の「診断を実行」ボタンを押せば、診断がスタートします。なお「診断を実行」ボタンを押すと、イラレはセーフモードで起動されます。
※ラッシュの原因を診断しておけば、クラッシュが再度発生することを防止できるために、データの安全な保存に役立ちます。



Part2 RecoveritでIllustratorのデータを復元する方法


面倒な手間ひまをかけて自分でデータを復元したなくても、「Recoverit」(リカバリット)を使えば簡単にイラレのデータを復元できます。


ステップ1 消えてしまったイラレファイルを保存しておいた場所を選択します。

間違って削除してしまったイラレのデータを復元したい場合には、まず消えてしまったファイルを保存しておいた場所にチェックを入れます。その状態で「開始ボタン」を押せば、ファイルがスキャンされます。

消えてしまったイラレファイルを保存しておいた場所を選択

ステップ2 イラレファイルを復元します。

スキャンが全て完了したあとは、「了解!」ボタンを押します。

イラレファイルを復元

ステップ3 復元したいイラレファイルを保存します。

復元したいファイルを保存しておきたい場所を選択してから「復元」ボタンを押せば、好きな場所にファイルを復元することができます。

復元したいイラレファイルを保存

復元が開始されてしばらくするとファイルの復元が終了します。画面上に「ファイルが正常に復元しました」と表示されれば、ファイルは指定したパス内に、正常に復元されています。


イラレのデータを復元できるRecoverit

Illustratorは日本でも人気があるグラフィックソフトですが、グラフィックの作成途中に間違ってデータを消去してしまった場合でも、簡単にデータを復元できるのが「Recoverit - 強力なイラレ復元ソフト」(リカバリット)というソフトです。

非常に簡単な手順で、消去してしまったイラレのデータを、短時間で復元することが可能です。パソコンがクラッシュした場合でも、データを復元できます。



All Topics

Top