動画を圧縮したことによる画質の低下を防ぐ方法

動画を圧縮したことによる画質の低下を防ぐ方法

> How to > ビデオ修復・復元 > 動画を圧縮したことによる画質の低下を防ぐ方法

Nov 07,2020 • Filed to: ビデオ修復・復元 • Proven solutions

サイズが大きい動画は使い勝手があまりよくないため、小さくするために何かしらの方法で圧縮しようとしているかもしれません。しかし、圧縮してしまうと、元の動画よりも画質が粗くなってしまう可能性があるので気をつけましょう。

キレイな動画をキレイなまま小さくしたいと考えるのなら、方法をきちんと考えて圧縮をする必要があります。この記事は動画を圧縮した後に、画質が粗くなる原因や対処法を紹介します。そして 「recoverit」を利用して破損したので画質が粗くなる動画を修復する方法も紹介します。




パート1 動画を圧縮した後に、画質が粗くなる原因


原因1 ビットレートを下げると画質も下がる

動画圧縮をするときは、2Mbpsや5Mbpsなどのビットレートを設定することになります。動画のサイズを小さくしたいからといって、低すぎるビットレートを選んでしまうと、画質が粗くなってしまうので気をつけなければいけません。


原因2 動画のサイズを落とすと粗くなる

動画にはサイズがあります。例えば、1980×1080や1280×720などがあって、数値が大きくなればなるほど情報量が増えるので画質がキレイになります。従って、1980×1080のものを1280×720に動画圧縮すると、情報量が減るので粗い画質になるのです。


原因3 質の悪い変換方法で圧縮したとき

世の中には動画圧縮をする方法がいくつもありますが、その中には質が悪いものも紛れています。そちらを使ってしまうと、設定はほかのソフトと同じでも、粗い画質になってしまうこともあります。



パート2 画質を落とすことなくオンラインで動画を圧縮する方法


昔はパソコンにソフトを導入して動画圧縮をするのが普通でした。しかし、現在ではオンラインのサービスを使えば、わざわざソフトを導入することなく動画圧縮が行えます。『Mp4Compress』や『VideoSmaller』などのサイトがあるので、自分に合ったところを使わせてもらいましょう。以下にオンラインサービスを使って行う動画圧縮方法を紹介します。

方法1 圧縮したい動画を選択

サイトにアクセスすると、『ファイルを選択する』などのボタンが用意されているのでクリックしましょう。そうすれば、パソコン内にある動画ファイルを選べるようになるため、圧縮したいものを選択するだけです。


方法2 希望する設定を選ぶ

サイトによっては動画のサイズを選べたりビットレートを指定できたりするので、希望する条件を設定しましょう。どのような条件にするかで画質が大きく変わるため、分からない項目があるのなら調べて理解した上で設定をしましょう。


方法3 実行ボタンをクリック

ファイルの選択と設定が終わったのなら実行ボタンをクリックすれば、あとはオンラインサービスが勝手に動画圧縮をしてくれます。終了までの時間はサイトによって異なるので焦らずに待ちましょう。



パート3 画質が粗くなった動画を簡単に修復するチップ


圧縮をしたことにより画質が粗くなったのなら、設定を見直して新たに圧縮をやり直すのがよいでしょう。しかし、すでに元のファイルを捨ててしまっているのならやり直す方法は使えません。そのときは「Recoverit(リカバリット)」という便利なソフトがあるので利用してみましょう。



「Recoverit」はさまざまなファイルを修復できるソフトですが、「ビデオ修復」という機能もバッチリと備わっています。ビデオ修復機能は『粒子の粗いビデオ』や『ぼやけたビデオ』などを修復してくれるので、圧縮時に粗くなったものにもしっかりと対応しています。

「Recoverit」を使って動画を修復する手順が安全かつ簡単です。それから、パワーポイントに埋め込んだ動画をできるようになる修復手順を紹介します。

ステップ1 画質が粗くなった動画を修復する準備事項

「Recoverit」をインストールします。メイン画面が立ち上がったら、「ビデオ修復」を選択して、「開始」ボタンをクリックしましょう。

画質が粗くなった動画を修復する準備事項

ステップ2 画質が粗くなった動画を追加します。

「追加」ボタンまたは「ビデオを追加して修復を開始する」ボックスをクリックして、修復したい動画を選択します。

画質が粗くなった動画を追加

ステップ3 画質が粗くなった動画を修復します。

画質が粗くなった動画を追加が完了したら、「修復」ボタンをクリックしましょう。このボタンをクリックしたら、動画の修復が開始されます。

画質が粗くなった動画を修復

まともに見られなくなったと諦めずに、困っているのなら「Recoverit」を使って動画修復を試してみましょう。

ちなみに、高性能なRecoveritは、圧縮をしたせいで動画自体が見られなくなったときにも大活躍してくれます。システムの破損や同期の問題などを解決してくれるため、トラブルで見られない動画がある場合もビデオ修復機能を使ってみましょう。

設定を試行錯誤して圧縮しよう


パワーポイントの動画は、画面描写の負荷が大きかったり、動画の形式が対応していなかったり、動画データが破損していたりすると動画が埋め込まれていたとしても再生することができません。動画形式の変換をはじめ、様々な対処法がありますが、動画データが破損している場合には動画修復のソフトを使用するとよいでしょう。

「Recoverit – 強力な動画修復ソフト」を活用して、動画をうまく活用してください。



All Topics

Top