音楽データをCDに書き込みソフトの紹介

音楽データをCDに書き込みソフトの紹介

> How to > DVD作成ソフトレビュー > 音楽データをCDに書き込みソフトの紹介

Oct 30,2019 • Filed to: DVD作成ソフトレビュー • Proven solutions

音楽データをパソコンには取り込めたが、何かしらのトラブルでハードディスクに保存していたデータが消えてしまった。 なんてトラブルが発生してしまうことがあったりしたら、嫌なのでディスクに保存することは正解かと思います。ハードディスクも機械なのでいつ壊れてしまうか分かりません。その為、長期保存には向いていないと思います。 その他にも、音楽データをCDに書き込んでいれば様々な音響設備で聴くこともできます。


音楽をCDに書き込みソフト

・おすすめソフト① DVD Burner

パソコンのOSとして、Windows7やWindows8を利用している方達だけではなく、なんと、Macのユーザーも、お使い頂けます。
iSkysoftのDVD Burnerは初心者の方でも簡単手軽に操作で、CDで再生ができる形式に自動変換をして書き込みをしてくれます。
このソフトでは変換前にプレビュー機能が備わっていますので、変換前に音楽を聴いてみることで変換後も間違いがなく安心して作業ができます。
もちろん、このソフトでは仕事で使ったりするデータディスクの書き込みにも対応しています。
その他にもDVD作成やスライドショー作成、基本動画編集などの機能も付いています。

「DVD Burner」

・おすすめソフト② Windows Media Player

Windows Media PlayerはWindows7・Windows8に最初から標準で搭載されているソフトになります。 もちろん、OSがWindowsで使用できます。しかし、Mac をご利用の場合は、Windows Media Components for QuickTime をダウンロードすることで、Windows Media ファイルを使用再生可能です。 手順方法としては初心者の方でも簡単手軽で、再生モードにしてから楽曲リストを作成します。そこから画面右上の「書き込み」をクリックしてディスクの作成を開始します。たったこれだけの手順で済みます。 こちらのソフトも無料でご利用ができます。 操作の注意ポイントとして、設定時に勘違いしてしまうとデータ用のディスクで作成してしまいますので、書き込み開始時にはオプション設定画面で「オーディオCD」を選んでください。

「Windows Media Player」

・おすすめソフト③ iTunes

iTunesはMacパソコンであれば、基本標準にインストールされていますフリーのソフトです。CDに書き込める機能もあります。また、セットアップファイルをインストールすれば、Windows7・Windows8でも利用可能です。 まずは、iTunesを立ち上げ書き込みする音楽ファイルを選んでからプレイリストを作成します。そして、右クリックして「プレイリストからディスクを作成」を選べば書き込み用の画面が立ち上がります。そして、画面下側にある「ディスクを作成」ボタンをクリックします。すると書き込みが開始します。しばらくディスクに焼いていますのでお待ちしてください。 iTunesのソフトはフリーソフトでもありますが、取り扱いの操作方法は普通のユーザーでは難しいかもしれません。そういう意味でも初心者の方には特に取り扱いに苦労するかもしれません。 こちらも、データ用と音楽用の設定を間違えてしまうと折角作成したCDでも再生ができなくなる現象が生じてしまうため、書き込みをする前にちゃんと確認をする必要があります。

「iTunes」

おすすめのCD書き込みソフトを紹介しましたが、ブルーレイやDVDにも簡単に書き込みができるiSkysoftのDVD Burnerはどうでしょうか?もちろん、CDにも書き込みが可能です。 立ち上げた画面でどのディスクに書き込むかを選択します。

Blu-RayディスクではBD-R, BD-RE, BD-25, BD-5
DVDディスクではDVD–5、DVD–9、DVD-R、DVD+R、DVD-RW、DVD+RW、DVD+R DL、DVD-R DL、DVD-RAMなどのディスクに対応しています。
無料版でその良さを体験してから製品版(有料版)にアップグレードしてみてはどうでしょうか。

中島直人

編集長

0 Comment(s)

関連トッピクス

All Topics

Top