iPad miniビデオをDVDに書き込み

ipad mini

iPad miniですが、ニュース映像などで普通の道路や、テーマパークなどでのハプニングで良く撮影に使われているのを見かけますね。もちろん先代iPad miniも含まれていることと思いますが、片手で軽々と持ちながら被写体に向けて板状の機材を向けている姿は、ここ数年で当たり前の風情となりました。

以前ならばアマチュアまたは通行人がビデオを撮影することなど、瞬時にはすることができず、なすすべもなかったことと思いますがタブレットPCの普及に伴い、今まではただの通行人だった人が撮影者になる事ができるようになりました。

しかも、iPad miniはiOSを最新のiOS9であれば、カメラ機能には顔認証が設定されており、撮影中ほとんどぼけることなく被写体を撮り続けることができます。それにハードウェアの面でもiPad miniよりも進化しています。それはレンズ等も小型高性能になっており、とても綺麗な映像を撮影することができるようになったのです。これだけの機能がありますが、一つ難点があります。iPad mini2の最高容量は64GBですが、撮影できる容量はそれよりももちろん少なくなります。それにビデオを撮影するだけではなく、音楽や書籍などを保存していることもあると思います。するとビデオを撮り溜めていると、それだけメモリーを圧迫してしまいます。

では、せっかく撮影したお気に入りのビデオを、iPad miniからまずはPCにデータを移動しましょう。iTunesを使ってビデオを取り込みます。ただ、iPad miniから取り込んだビデオをDVDに焼くだけでは、宝の持ち腐れですね。せっかくだからタイトルなどをしっかりと挿入して、格好良いDVDにしたいところです。

しかし、iTunesにはその機能がありません。そこでiPad miniから取り込んだビデオをビデオ用DVDに作成する良いソフトを紹介しましょう。 それはiSkysoft社製「DVD Burner for Windows 」です。

このソフトが魅力的なのは、なによりも豊富なエフェクトや、タイトラー、そして最初の印象を決定づけるメニューが目白押しな部分など他のソフトウェアでは数種類に分かれるようなボリュームを、たった一つのソフトでまかなっています。

iPad miniで撮影し、PCに取り込んだ映像をDVDに書き込むなら是非とも「DVD Burner for Windows 」を利用してほしいと思います。

iSkysoft DVD Burner for Windows

  • あらゆる形式の動画を簡単に1枚の素敵なDVDが作成
  • 写真のスライドショーを作成、共有
  • 動画編集機能搭載、多彩なメニュースタイルも提供
  • DVDディスク、DVDフォルダ、ISOまたはdvdmediaファイルを焼くこと
 
Back to top