DVD作成ソフト・Power2GoとDVDMemoryの違い
> How to > DVD作成ソフトレビュー > DVD作成ソフト・Power2GoとDVDMemoryの違い

Jul 31,2020 • Filed to: DVD作成ソフトレビュー • Proven solutions

ディスクライティングソフトとして有名なものにDVD MemoryやPower2Goがありますが、どんな違いがあるのかがわからない人もいるでしょう。この記事では両者の簡単な紹介と使い方を説明した上で色々な角度から比較した結果を紹介します。


Part1.Power2Goソフトのご紹介

Power2GoはCyberlinkが開発したディスク書き込みソフトで、バックアップ機能を搭載しているのが特徴です。以前はPower2Go Essentialという無料版とPower2Go Platinumという有料版を公開していましたが、現在では統合されて優良ソフトとしてダウンロード販売されています。無料体験版も配布されているので試用してから購入できます。Power2GoはDVDやCD、ブルーレイディスクなどにデータを書き込んだり、ディスクをコピーしたりすることができる高機能ソフトでオーサリングなどもできるプロ向けの仕様になっています。無料の手プレートやBGM素材、写真素材なども付属しているので、魅力的なDVDを作り上げることができるでしょう。


Part2.Power2Goを利用してdvd焼き方

Power2Goでのディスクの焼き方はデータディスクか、音楽ディスクか、ビデオディスクかといったことを最初に選ばなければなりません。ここでは動画をDVDに焼く場合を想定してビデオディスクの作成方法を紹介します。Power2Goを起動すると表示されるメニュー画面から「Video Disc」をクリックします。そして、「Burn DVD Folder」を選択してフォルダーの書き込み画面を開きましょう。Fromの部分で動画ファイルが格納されているディレクトリを選択します。そして、Toの部分で作成するDVDディスクの名前や作成先のフォルダなどを指定し、下部にある「Burn」をクリックすればDVDを作成できます。

なお、Power2Goで音楽ディスクを焼く場合には「Music Disc」、データディスクを作成する場合には「Data Disc」を使用します。この場合にはフォルダではなくファイルを一つずつ入れていき、細かな設定を選択してからDVDを焼くことになるので注意しましょう。


Part3.Power2Goの代わりのソフト・DVD Memoryをお勧め

Power2Goに対してDVD Memoryにはどのような魅力があるのでしょうか。機能の概要と使い方を確認しておきましょう。

DVD Memoryは動画や音声のファイルをDVDやCD、ブルーレイディスクに書き込めるディスクライティングソフトです。動画編集や写真スライドショー作成などにも対応していて、DVDなどのディスク作成をしたい人にとって欲しい機能が一通り揃っています。

Step1.ソフトを起動して、ワンクリックでDVD作成を選ぶ

ソフトを起動する

Step2.焼きたいファイルをインポートする

DVD Memory for Windowsにファイルを読み込む

Step3.自由に動画編集してテンプレートを利用する

映像を編集する

Step4.ワンクリックでDVDに焼く

いよいよDVDに焼く

Part4.Power2GoとDVDMemoryの違い

Power2GoとDVD Memoryを比較してみると、ディスク作成の機能としては同等で動画編集も行える点も共通しています。Power2Goの方が高度な機能があってバックアップも対応している点で魅力がありますが、DVD Memoryは操作がとても簡便です。ほんのわずかな操作でDVDを作成できるワンクリック機能があるのはDVD Memoryのメリットでしょう。また、簡単に使えるのにフリーソフトというのもDVD Memoryの優れている点で、有料のPower2Goに比べるとまず使ってみると良いソフトです。

Power2Goは高機能なディスクライティングソフトなのは確かですが、煩雑な操作が必要な上に有料ソフトというデメリットがあります。DVD Memoryは無料で簡便に操作できる仕様になっているので、DVD作成をしたいときにはまずDVD Memoryを選びましょう。


中島直人

編集長

0 Comment(s)

関連トッピクス

All Topics

Top