Windows10でdvdを書き込むソフトImgBurnをご紹介
> How to > DVD作成ソフトレビュー > Windows10でdvdを書き込むソフトImgBurnをご紹介

Jul 29,2020 • Filed to: DVD作成ソフトレビュー • Proven solutions

ImgBurnはDVD作成に使えると聞いて興味を持っている人もいるでしょう。DVDの作成をしたい人にとってソフト選びはとても重要なことですが、DVD Memoryも候補にできるソフトの一つです。ImgBurnはDVDMemoryと比べると優れているのでしょうか。この記事ではその比較結果を紹介します。



ImgBurnのダウンロード方法

ImgBurnはアメリカで開発されたDVD、CD、ブルーレイディスクなどに対応するライティングソフトです。フリーソフトとして自由に使うことができ、日本語のパッチもあるので日本語で使用することができます。ImgBurnをダウンロードするのはオフィシャルサイトでも大丈夫ですが、国内のフリーソフトのダウンロードサイトからも手に入れることが可能です。国内のダウンロードサイトで探すと日本語のパッチも一緒にダウンロードできることが多いので便利でしょう。


Windows10でImgBurn利用してdvd作成する方法を説明

イメージファイルからDVDを作成するときのImgBurnの使い方を確認しておきましょう。ImgBurnでDVDを作成するときには標準モードに加えてEZモードを使えます。EZモードは細かな設定ができない分、簡単な操作で初心者でも使えるのが魅力です。EZモードでDVDを作成するときにはImgBurnを起動した画面のメニューからモードを選び、EZモード選択をクリックします。そして、イメージファイルをディスクに書き込みのボタンを押すと、左上にファイルを選択してくださいと表示されているので、描き込みたいファイルを開きます。次にDVDドライブを出力先として指定し、ウィンドウの下にあるボタンをクリックすると書き込みが行われます。このように比較的簡単な操作でDVDへの書き込みが可能です。


ImgBurnの代わりのソフト・DVDMemoryをお勧め

ImgBurnは簡単に使えそうなライティングソフトですが、その代わりにもっと簡便なことで知られているDVDMemoryを使うこともできます。DVD MemoryもDVDやCD、ブルーレイディスクなどに書き込みができる無料のソフトです。その機能の特徴と使い方を確認しておきましょう。

DVDMemoryの機能

DVDを書き込むことができるのはDVDMemoryの代表的な機能ですが、簡便性を重視していて直感的に操作しやすいようにユーザーインターフェースが工夫されています。ライティングソフトとしてだけでなく、動画編集ソフトとしても使えるようになっていてトリミングなどの簡単な編集を行えます。静止画についてもスライドショーを作成できる機能があり、フォトスライドショーによるオリジナル動画を作成してDVDを焼くことも可能です。

Windows10で動画をDVDに焼く方法

Step1.ソフトを起動して、ファイルを追加する

DVD Memory for Windowsにファイルを読み込む

Step2.dvdに焼くソフトでファイルを編集する

映像を編集する

Step3.dvd焼くソフトを利用して、dvd作成する

いよいよDVDに焼く

まとめ

DVD作成の操作性について比較すると書き込みたいファイルの読み込みをしてボタンクリックだけでできるという点でどちらも同等に優れています。しかし、シンプルな構成になっていて余計なボタンなどがなく、直感的に操作できる点でDVDMemoryは魅力的です。また、DVD Memoryは日本語でもともと利用できるのでインストールしてから日本語パッチを当てる必要がありません。オフィシャルの説明書も日本語なので困ったときにも安心して使えるのがメリットです。

ImgBurnは古くから多くのユーザーを獲得してきたフリーソフトのライティングソフトですが、簡便に使えることやMacにも対応していること、日本語対応をしていることを考えるとDVDMemoryは魅力的です。迷ったときにはまずDVDMemoryを使ってみましょう。

DVD Memoryの機能紹介デモがご覧になれます。

中島直人

編集長

0 Comment(s)

関連トッピクス

All Topics

Top