BurnAware Freeを利用してMP4動画をDVDに書き込む

BurnAware Freeを利用してMP4動画をDVDに書き込む

> How to > DVD作成ソフトレビュー > BurnAware Freeを利用してMP4動画をDVDに書き込む

Sep 09,2020 • Filed to: DVD作成ソフトレビュー • Proven solutions

シンプルで使いやすい上に無料で使用することが出来ることから人気が高いライティングソフトのBurnAware FreeのDLや日本語化する方法、基本的な使い方を紹介すると同時に、macでも利用可能な類似ソフトのDVD Memoryについても紹介します。


BurnAware Freeのダウンロード&使い方

BurnAware Freeのダウンロード方法は、BurnAware Freeの公式サイトにアクセスしインストーラーをダウンロードするだけです。BurnAwareにはプレミアムとプロフェッショナルがあり、これらは有料ソフトなので間違えないように注意が必要です。

インストーラーをダウンロードすることが出来たら、インストーラーを実行します。インストーラーを実行すると言語の選択ウインドウが表示されるので、英語を選択しインストーラーの指示に従って画面を進めていきましょう。最終的にフィニッシュのボタンが出てきたら、フィニッシュボタンをクリックすればBurnAware Freeのインストールは完了となります。インストールの途中で、BurnAware Freeとは違うソフトのインストールが推奨されることもありますが、不要な場合はDeclineボタンやCancelボタンをクリックすればインストールされません。

BurnAware Freeのオプションを日本語に設置する手順

BurnAware Freeをインストールすると通常は英語の状態のままです。英語のままでも問題ないという人であれば、そのまま利用すれば良いですが、BurnAware Freeは日本語化することも可能です。BurnAware Freeを日本語化するためには、日本語化工房というサイトにアクセスし、BurnAware Freeの日本語化ファイルをダウンロードします。

日本語ファイルをダウンロードしたら、BurnAware Freeがインストールされているフォルダを開きます。インストール先フォルダーを開いたら、日本語化工房でダウンロードした日本語化ファイル「japanese.lng」をフォルダーの中にコピーすればOKです。管理者権限の警告が出る場合がありますが、続行ボタンをクリックしましょう。BurnAware Freeを立ち上げて、日本語化されているか確認し、日本語化されていれば完了です。

BurnAware Freeを利用してmp4動画をdvdに書き込む方法

BurnAware FreeでMp4をDVDに書き込みする方法ですが、BurnAware Freeを起動しメニュー画面から「データ」の中にある「データディスク」をクリックします。書き込みが可能なデータが読み込まれるので、DVDに書き込みたいmp4動画を選びます。画面の左下部分に残りのデータ容量が表示されていますので、そのデータ分まで書き込むことが可能です。DVDに書き込みするMP4データを選び終わったら、画面の左上にある「書き込み」ボタンをクリックしましょう。問題がなければ、そのまましばらく待てば書き込みは完了です。


フリーDVD作成ソフト・DVDMemoryをお勧め

BurnAware Freeは無料で使いやすいライティングソフトですが、Windows10には対応していますがmacには対応していません。macでも使用することが出来るDVDMemoryをお勧めします。

DVDMemoryはDVD書き込みだけではなく、Mp4をDVDに変換することが出来るオーサリングソフトでもあります。無料DVDテンプレートも豊富ですし、スライドショーなども作成することが可能です。ファイル形式も150以上に対応しているため、形式を選ぶことがありません。ただし、ブルーレイへの書き込みはWindows10のみでmacは対応していないので注意が必要です。

Step1.ワンクリックでDVD作成を起動

ソフトを起動して、メイン画面から「ワンクリックでDVDを作成」もしくは、「その他のDVDツール」→「ワンクリックでDVDを作成」を選択して作業画面を表示します。

ソフトを起動する

Step2.パソコンやスマホから動画と画像ファイルの追加

動画と画像ファイルを追加するには、画面内の「+」マークか「タイトルを追加」をクリックします。
また携帯の動画をdvdに焼くには、USBケーブルでPCと接続して素材をメニュー画面の枠内にインポートします。

DVD Memory for Windowsにファイルを読み込む

Step3.dvdに焼く前に動画を編集

実際に素材をパソコンからdvdに焼く前に、「プレビュー」をクリックして仕上がりを確認しましょう。

映像を編集する

Step4.各設定とワンクリックDVD作成の開始

DVDディスクをお使いのPCディスクドライブへ挿入して、必要に応じてディスクラベル、ディスク再生モード、TV規格を設定します。
なおソフトの仕様により、ディスクラベルは半角英字を入力して下さい。
設定に問題がなければ、「作成」をクリックして作業を開始します。

いよいよDVDに焼く

まとめ

DVD MemoryとBurnAware Freeの大きな違いは、オーサリングの有無です。ただDVD書き込みをするだけであればBurnAware Freeでも問題ないですが、Mp4をDVDに変換したりメニューを作りたい場合にはDVDMemoryが必要となります。また、BurnAware Freeはmacには対応していませんので、macユーザーはBurnAware Freeを使用することは出来ません。

BurnAware Freeはインターフェイスもシンプルで直感的に使用することが出来るフリーソフトとしてはかなり優秀なライティングソフトです。しかし、DVDメニューを作成したりmacを使用しているということであればDVDMemoryに軍配が上がるでしょう。用途に応じて選ぶことが大切です。

中島直人

編集長

0 Comment(s)

関連トッピクス

All Topics

Top