MacでDVDにISOファイルを書き込む方法

ISOファイルは、通常のファイルと違って、ひとつのファイルにもかかわらず、DVDなどに書き込むことによって、プログラムのように動作することができます。ディスクの中の内容全体を、完全にひとつのISOファイルで表すことができます。 ISOファイルはDVDでよく使われるファイル形式ですが、DVDへ書き込む場合、単純にMP3やMP4などの音楽、動画データをコピーするようにDVDへ書き込むことはできません。

そこで、ISOファイルを簡単にDVDへ書き込むことができるiSkysoft「DVD Burner for Macを使って、MacでISOファイルをDVDに書き込んでみましょう。

Mac OS XでISOファイルをDVDに書き込んでプレイヤーで再生する方法

DVD Burner for MacはMac OS X用のDVD作成ソフトです。高速高質でISOファイルをDVDに焼くことができます。簡単な操作手順をご紹介します。

ステップ1.DVD Burner for Mac」にISOファイルをインポートする

まず、このソフトをダウンロードし、インストールします。そして、起動させます。「新プロジェクトを作成」を選択します。

ソフトにISOファイルをインポートするには、ファイルをドラッグ&ドロップで追加しますか、または「+」ボタンをクリックします。

複数のISOファイルを一括追加できます。

ファイルを追加 idvd ライオン

ステップ2.ISOファイルを編集する

ソフトの右側にある 編集したいファイルをクリックし、「編集」ボタンが現れます。このボタンをクリックし、編集画面が現れます。

クロップ、効果、トリム、透かしと回転などを設定できます。

ISOファイルを編集

ステップ3.MacでISOファイルをDVDに焼く

 空のDVDディスクを挿入したら「idvd ライオン」ボタンをクリックするだけで、インポートしたISOファイルはDVDに自動的に焼かれます。

てDVDを焼くライオンidvd

ISOファイルをDVDに焼いてテレビで観る

ISOファイルをDVDに書き込んでおけば、Macでなくても、家庭用のDVDプレイヤーで再生することが可能になります。 もし、MacのHDDにISOファイルの動画が保存されているなら、DVD Burner for Macを使って、DVDに書き込んで大型のテレビで視聴したり、家族や友人にDVDをコピーして渡すのもいいでしょう。

関連トピックス

Home > 各形式の動画をDVDに > MacでISOをDVDに焼く
Top