pngをjpegに変換する様々な方法

> How to > PDF編集・変換・作成 > pngをjpegに変換する様々な方法

• Filed to: PDF編集・変換・作成 • Proven solutions

png形式で保存されているファイルを使用する際に、指定された形式がjpegであることに気付くケースが多く見られます。pngはjpegと比較して圧縮比率が低く、情報量が多くなってしまうことがあります。pngをjpegに変換すれば情報量を軽くすることができます。pngをjpegに変換する方法には様々なものが存在します。


方法1.OSのアプリケーションを使ってpngをjpegに変換する

OSのアプリケーションを使用して変換することが可能です。形式を変換したいファイルにカーソルを合わせて右クリックしてください。

メニューの中から「編集」を選ぶと、最初から設定されている画像編集ソフトを起動することができます。

png-jpg

特に編集を行わず「名前を付けて保存」を選択しましょう。ファイルの種類のところでpng形式ではなくjpeg形式を選べば、画像情報は同じままで形式を変換することができます。

名前を付けて保存

同様の機能はPhotoshopやGIMPなど様々な画像編集ソフトにも存在します。圧縮比率などを設定したい場合は、高機能な画像編集ソフトを使用するとよいでしょう。


方法2.ウェブサービスを利用して、pngをjpegに変換する

① Hipdf

Hipdfなどのウェブサービスを使用すれば誰でも無料でpngをjpegに変換できます。使い方が簡単なため多くの利用者がいるのがHipdfです。

png-jpg-hipdf1

このサイトではファイルを提出すると自動で変換が実行されます。形式が変更されたものを簡単に取得できます。形式の変更が容易なだけでなく、複数の画像を同時に変換することも可能です。情報量が多い場合にも対応することができます。さらにファイルを提出して60分が経過すると情報が自動的に消去される仕組みが存在します。セキュリティ面でも安心して利用することができます。

png-jpg-hipdf2

② PNG to JPG

PNG to JPGはHipdfとよく似たインターネット上のサービスです。機能がより単純なものに限定されているという特徴があります。多くの機能を備えているサービスは便利ですが、実際には使用しないケースも見られます。また使用できる機能が増えると使い方を覚えるまでに時間がかかります。

PNGtoJPGはpngをjpegに変換する機能のみを備えています。非常に簡単な操作で最大20個までのファイルを同時に変換可能です。容量は50MBまで扱うことができます。圧縮のパラメーターは自動的に調整されるので、自ら設定を行う手間が省けて便利です。

PNGtoJPG

③ Convertio

Convertioもpngをjpegに変換できるインターネット上のサービスの1つです。このサービスはHipdfなどと比較すると、取り扱い可能なファイルの形式数が非常に多いという特徴があります。画像ファイルの形式にはBMPやSVGなどが含まれており、複雑な形式が求められる場合にも対応可能となっています。無料で使用する場合には機能に制限が存在します。ただしpngをjpegに変換するだけであれば大きな問題はありません。機能を最大限に使う必要がある場合は、有料プランに加入することをおすすめします。

Convertio

フリーソフトを利用して、pngをjpegに変換する

無料で公開されているフリーソフトを使ってpngをjpegに変換することも可能です。

Ralpha Image Resizer

Ralpha Image Resizerを使えば複数の画像の情報量を変更したり、形式の変換を一括で行うことができます。このソフトは様々な形式に対応しているだけでなく、処理が非常に早いという特徴があります。 回転やトリミング、色調補正や文字入れなど画像処理を一括して行えます。リネーム機能は連番や写真の撮影日を利用してファイルの名前を変更します。形式を変換するついでに名前も変更できるので便利です。

RalphaImageResizer

pngをjpegに変換する方法には様々なものがあります。変換方法によって圧縮比率などが異なるので、様々な方法を試して最適なものを選ぶとよいでしょう。形式を変換するだけであればOSのアプリケーションでも可能です。ウェブサービスを使えば複数のファイルを同時に扱うことができます。フリーソフトにも様々な機能を備えたものがあります。より高機能を求める場合は有料のソフトやサービスを利用するとよいでしょう。

-->