iPhone新機種の最新情報まとめ

• Filed to: iOS12 • Proven solutions

iPhoneの最新価格

iPhone9は胚版iPhoneとして600ドルから700ドルで販売となります。 2017年には高価格であまり売行きが良くなかったため、今年のiPhoneXSは800ドルからで、iPhoneX PLUSは900ドルから1000ドル程度になりそうです。

最新機種の高値としては日本円で11万円ていどにおさえられる予定です。 機種ごとに細かく販売予定価格を見て行くと、iPhoneXでは64GBは最大価格で11万円256GBとなっています。 他には最大のストレージ容量を備えた端末で、512GBのストレージ容量を持っている端末で11万円強で購入できます。

iPhoneのデザインとサイスを紹介

iPhone Xのデザインを続けてから顔認証機能が搭載されます。 iPhone9は6.1インチと大きくなっていて、iPhoneXSは5.8インチになる予定です。今回のiPhoneは市場最大の大きさではないかと言われていてiPhone X Plusは6.5インチとなっています。

最大のコストダウンはiPhone9にはシングルカメラでTFT液晶画面が搭載されて価格を出来るだけ抑えています。 iPhoneXSとX PLUSは、ディアルiSightカメラ搭載して画面には勇気ELが採用されます。

iPhoneの解像度

ビデオの拡張ダイナミックレンジ(30fps)、映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720pRetina Flash、広色域キャプチャ、自動手振れ補正が行われています。 SIMスロットには、DSDS(nanoSIM + eSIM)日本は非対応となっています。

iPhoneのその他の最新情報

今回の発売でiPhoneは大幅に改善されていて、カメラの画像改善とスピードアップに力を入れていて、今までのiPhoneとは比べ物にならないくらいのスピード化がされています。 全機種には、A12チップが搭載されていて高性能と省電力化が行われています。

以前のチップよりも11%ものスピードアップがされています。 最新のiPhoneは、512GBのストレージを搭載していて、非常に大容量のデータを保存できるようになっています。 ビデオ撮影時の音声が捨てれを録音ができるようになっていて最新のカメラ撮影機能を搭載しています。

iPhoneの発売日

国内外でApple発表イベントの招待状をもらった人によると、今年のアップル新機種の発表会は、9月12日午前10時よりApple Parkにあるスティーブ・ジョブズ・シアターで発表が行われます。

予約開始が9月14日からで発売開始は9月21日からとなる予定です。

iPhone最新機種ごとの特徴

iPhoneの最新機種にはいくつか型式が用意されていて、それぞれの機種によって若干性能面で違いがあります。

iPhoneX

iPhoneXは1つ前の世代で、OSはiOS11が搭載されていて、ニューラルエンジンM11モーションコプロセッサーが搭載されています。画面サイズは5.8インチで背面カメラには、7MP True Depthカメラ、f:2.2、ポートレートモード、ポートレートライティング(ベータ版)が使われています。SIMスロットにはナノSIMが採用されています。ストレージ容量には64GBと256GBの2種類が用意されています。

iPhoneXS

iPhoneXSは、プロセッサーんは最新のA12 Bionic +次世代のニューラルエンジンが採用されています。画面サイズはiphoneXと同じ5.8インチの面サイズを採用しています。ストレージ容量には64GB・256GB・512GBなどの3種類が用意されています。

使用しているSIMスロットは、DSDS(nanoSIM + eSIM)が採用されていて、複数のSIMカードを利用できるようになっています。 防水・防塵機能としてはIP68(耐塵水中型: 水深2mで30分)の防水加工がされています。 本体の色と言えば、ゴールド、スペースグレイ、シルバーとなっています。

iPhoneXs MAX

iphoneXs MAXの場合、まともに購入すると11万円以上の出費になります。 色にはゴールド・スペースグレイ・シルバーなどが販売されています。

通信時間は25時間可能で、ワイヤレス動画再生の場合は最大15時間までのビデオを収録することができて、ワイヤレスへの接続時間としては、最大13時間程度、音楽再生の場合は最大65時間までとなります。



> How to > iOS12 > iPhone新機種の最新情報まとめ