Yosemiteでも安心!DVDを焼くならiSkysoft DVD Burner for Mac!

毎年、子供の運動会や何かの発表会などをビデオカメラで撮影して、小学校を卒業した時に六年分の思い出として渡そうと思っています。

今年で六年目なので卒業する日までに編集して渡したい。 そうでないと最初から最後まで無編集でDVDを作成したら再生時間が膨大になってしまうので、必要な場面だけを切り取らなければなりません。 そこで、私が使おうと思っているDVDの作成に役に立つ事間違いなしのソフトがあります。

iSkysoft社の「 DVD Burner for Mac」です。 iSkysoft社のDVD Burner for Macですが、その名のとおりMacで扱う事ができるソフトです。 しかも、すでにMac OS X Yosemiteに対応しているので、Yosemiteにアップグレードした人でも安心して使う事ができます。 Windowsに比べればMacで使えるソフトは比較的少ない中、そのMacで使えるというのだから見逃す手はありません。 お手頃な価格で販売されていますが、体験版もあります。 体験版で試してみて考えてみるのもいいでしょう。



DVD Burner for Macですが、映像編集は難しいと思う人でも簡単にDVDの作成ができます。

Step 1

まず、DVD Burnerを起動しましょう。起動するとシンプルなメニューが二つ表示されます。はじめから作る場合は「新プロジェクトを作成」をクリックして進みます。 すでに編集データがある場合は「既存のプロジェクトを開く」をクリックして進みます。

「OS X Yosemite」から「OS X Mavericks」にダウングレードする方法

Step 2

次に、DVDにしたい映像または写真を追加します。 映像や写真の主な編集は、再生リスト上のファイルの右に表示される「編集」から行う事ができます。

「OS X Yosemite」から「OS X Mavericks」にダウングレードする方法

「OS X Yosemite」から「OS X Mavericks」にダウングレードする方法

Step3

編集を終えたら、再生リストの下にある「DVDメニュー」をクリックします。 再生リスト順に映像や写真のサムネイルが表示されますが、サムネイル枠やその背景をテンプレートの中から選んで変える事ができます。 それぞれにタイトルをつける事もできるので、一目でいつ、どこで撮ったものなのかわかるでしょう。

「OS X Yosemite」から「OS X Mavericks」にダウングレードする方法

Step4

次に、DVDに焼いていきましょう。 DVDメニューの下にある「作成」をクリックすると別の窓が開きます。 DVDディスクではDVD名などの設定をし、DVDフォルダで編集データを保存する場所を指定します。 編集データがあれば、後に修正したい時などに読み込む事で続きから行う事ができるようになります。

「OS X Yosemite」から「OS X Mavericks」にダウングレードする方法

Step5

指定して「保存」をクリックするとDVDに焼き始めます。

「OS X Yosemite」から「OS X Mavericks」にダウングレードする方法

ここまでの事がiSkysoft社の「DVD Burner for Mac」では実現できます。 簡単操作、簡単編集でDVDの作成ができるのです。 子供へ渡すための思い出DVDもいい感じで作成する事ができたので、卒業式の日に渡してあげる事ができます。 中学卒業、高校卒業の時にもDVD Burner for MacでDVDを作ってあげたいと思います。

iSkysoft > Web動画をDVDに>

Yosemiteでも DVD Burner For Mac でDVDを焼ける。

関連記事

ユーザーコメント

万能データ復元!for Mac

間違えて消したファイルを短時間で復元できました!

- SmallWoods

DVD Burner for Windows

思い出のDVDを作成のために購入しました、DVDディスクを作った事がありませんでしたが簡単に作成作る...

- maya

Back to top