マニュアル

消えてしまったデータの復元はこれ一本で解決!
2

1-2製品のインストール

1)ダウンロードが完了したら、ブラウザ右側のダウンロードマークをクリックし、data-recovery_full1724.exeを選択します。
インストール  

2)「セキュリティの警告」画面に「実行」を選択します。言語の選択画面に「日本語」を選択し、「OK」をクリックしてください。
インストール


3)現れた画面に「次へ」をクリックします。
インストール

使用許諾契約書の同意画面に「同意する」にチャックを入れて、「次へ」をクリックしてください。
インストール


そして、インストール先の指定画面が現れます。ソフトをインストールするフォルダを指定し、「次へ」をクリックしてください。追加タスクを選択したら、「次へ」をクリックします。そこで、インストール準備が完了します。インストールを開始するには「インストール」ボタンをクリックします。 、「次へ」をクリックしてください。
インストール

インストールが終わったら、下記のような画面になります。
インストール

ここで、試用版を体験できます。
試用版は制限があるので、製品を購入して、正式版に登録する必要があります。 インストール

製品を購入する方法は二つあります。 試用版の画面の右上の購入アイコンをクリックし、現れた画面の「購入」ボタンをクリックしてください。

もう一つは下記の「購入」ボタンをクリックし、製品版を購入しましょう。

3

1-3製品の登録
製品を購入して、製品登録コードを取得したら、正式版に登録できます。

1) 起動させた製品の画面の右上をクリックし、「登録」を選択します。
インストール

2) メールアドレスと登録コードを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。
インストール

3) 登録した画面です。
インストール

TOPへ

  • ステップ1. ウィザードモードリカバリーを選択

    プログラムを起動後、ウィザードモードになります。「次へ」をクリックして、2つの簡単な質問を答えると、失われたファイルを復元します。

     

     

    注意:データを上書きしないように、データが消えてしまったディスクには「iSkysoft 万能データ復元!」をインストールしないでください。

    ステップ2. 復元したいファイルタイプを選択

    最初の質問は「どのようなファイルを復元しますか?」です。ファイルタイプを確認し、復元したいファイルをチェックしてください。様々な種類のファイルを復元しようとする場合は、「全てのファイル形式」をチェックしてください。ファイルの種類には、写真/グラフィック、MP3/オーディオ、ビデオ、Officeドキュメント、Eメールなどが含まれています。

     

    ステップ3. 紛失したファイルの元の場所を確認

    次の質問は「ファイルはどこで失われたのか?」です。外付けのリムーバブルデバイス、ごみ箱、デスクトップとマイドキュメント、パーティションなど、具体的な場所も指定可能です。ファイルが失われた場所を忘れてしまった場合は、「忘れてしまいました」をチェックしてください。コンピュータ全体がスキャンされます。

     

    ステップ4. ファイルを検索する準備はOK

    「開始」をクリックして失われたデータを探してください。「ディープスキャン」機能は完全なフォルダ構造としてフォーマットされたファイルを復元することができて、フォーマットの復元に適しています。

     

    ステップ5. 失われたファイルのプレビューと復元

    前回のステップで「全てのファイル形式」をチェックした場合、スキャンの結果がアーカイブ、オーディオ、データベース、ドキュメント、Eメール、グラフィック、ビデオなどのファイルタイプの形で表示されます。プレビュー後、復元したいファイルを選択して復元してください。復元前に、PDF、PPT、RAR、ZIP、Excel 及び画像形式(PNG、JPG、JPEG、TIFなど)がプレビュー可能です。

     

     

    画像のプレビュー表示

     

     

    「ファイルタイプ」から「パス」に切り替えることで、ファイルの前回のパスをチェックすることができます。

    注意:
    消失したファイルがあった場所へはファイルを保存しないでください。ファイルの新規保存は検出されたファイルを上書きすることになります。

    高級復元: 復元進行中に、ファイルをチェックすることができます。復元しようとするファイルが既に検出された場合、スキャンを一時停止して、それらのファイルをまず復元することができます。それから、「続く」を押してスキャンを進めるか、あるいは「停止」を押してスキャンを停止します。

    フィルター: ファイル名あるいはパスを検索することで、スキャンの結果にて失われたファイルをフィルターすることができます。

     

     

    スキャンの結果を保存: スキャンを停止しても、後で復元を再開するためスキャン結果を保存することができます。

  • プログラムを起動後、「標準モード」を選択してください。ここには、「失われたファイルの復元」、「パーティションの復元」、「RAWファイルの復元」及び「復元の再開」の四つの選択肢があります。

     

    失われたファイルの復元

    「失われたファイルの復元」はパーティションまたはリムーバブルメディアから削除されたファイル(Shift + Delete キーでまたはごみ箱から削除されたファイル)を復元します。

     

     

    削除されたファイルが保存されていたディスクまたはフォルダーを選択して、「開始」をクリックしてファイルをスキャンし復元してください。

     

     

    スキャンの結果がアーカイブ、オーディオ、データベース、ドキュメント、Eメール、グラフィック、ビデオなどのファイルタイプの形で表示されます。プレビュー後、復元したいファイルを選択して復元してください。復元前に、PDF、PPT、RAR、ZIP、Excel 及び画像形式(PNG、JPG、JPEG、TIFなど)がプレビュー可能です。

     

     

    画像のプレビュー表示

     

     

    「ファイルタイプ」から「パス」に切り替えることで、ファイルの前回のパスをチェックすることができます。

    注意:
    消失したファイルがあった場所へはファイルを保存しないでください。ファイルの新規保存は検出されたファイルを上書きすることになります。

    高級復元: 復元進行中に、ファイルをチェックすることができます。復元しようとするファイルが既に検出された場合、スキャンを一時停止して、それらのファイルをまず復元することができます。それから、「続く」を押してスキャンを進めるか、あるいは「停止」を押してスキャンを停止します。

    フィルター: ファイル名あるいはパスを検索することで、スキャンの結果にて失われたファイルをフィルターすることができます。

     

     

    スキャンの結果を保存: スキャンを停止しても、後で復元を再開するためスキャン結果を保存することができます。

  • プログラムを起動後、「標準モード」を選択してください。ここには、「失われたファイルの復元」、「パーティションの復元」、「RAWファイルの復元」及び「復元の再開」の四つの選択肢があります。

     

    パーティションの復元

    「パーティションの復元」は、復元が失敗した場合、データが削除されてしまった場合、リサイズしてしまった場合、HDDのパーティションが破損された場合などで削除されたファイルやフォルダを復元します。

     

     

    壊れたパーティションの方のディスクを選択して、「次へ」をクリックしてください。

     

     

    壊れたパーティションがあるドライブをスキャン後、復元しようとするパーティションを選択して、「開始」をクリックしてください。

     

    スキャンの結果がアーカイブ、オーディオ、データベース、ドキュメント、Eメール、グラフィック、ビデオなどのファイルタイプの形で表示されます。プレビュー後、復元したいファイルを選択して復元してください。復元前に、PDF、PPT、RAR、ZIP、Excel 及び画像形式(PNG、JPG、JPEG、TIFなど)がプレビュー可能です。

     

     

    画像のプレビュー表示

     

     

    「ファイルタイプ」から「パス」に切り替えることで、ファイルの前回のパスをチェックすることができます。

    注意:
    消失したファイルがあった場所へはファイルを保存しないでください。ファイルの新規保存は検出されたファイルを上書きすることになります。

    高級復元: 復元進行中に、ファイルをチェックすることができます。復元しようとするファイルが既に検出された場合、スキャンを一時停止して、それらのファイルをまず復元することができます。それから、「続く」を押してスキャンを進めるか、あるいは「停止」を押してスキャンを停止します。

    フィルター: ファイル名あるいはパスを検索することで、スキャンの結果にて失われたファイルをフィルターすることができます。

     

     

    スキャンの結果を保存: スキャンを停止しても、後で復元を再開するためスキャン結果を保存することができます。

  • プログラムを起動後、「標準モード」を選択してください。ここには、「失われたファイルの復元」、「パーティションの復元」、「RAWファイルの復元」及び「復元の再開」の四つの選択肢があります。

     

    Rawファイルの復元

    前のスキャンでは失われたファイルが検出できない場合は、「Raw ファイルの復元」がお勧めです。この機能での復元作業は非常に時間がかかり、ファイル名とパスも表示されないため、その他の場合は、お勧めしません。

     

     

    復元しようとするパーティションを選択して、「開始」をクリックしてください。

     

     

    スキャンの結果がアーカイブ、オーディオ、データベース、ドキュメント、Eメール、グラフィック、ビデオなどのファイルタイプの形で表示されます。プレビュー後、復元したいファイルを選択して復元してください。復元前に、PDF、PPT、RAR、ZIP、Excel 及び画像形式(PNG、JPG、JPEG、TIFなど)がプレビュー可能です。

     

     

    画像のプレビュー表示

     

     

    「ファイルタイプ」から「パス」に切り替えることで、ファイルの前回のパスをチェックすることができます。

    注意:
    消失したファイルがあった場所へはファイルを保存しないでください。ファイルの新規保存は検出されたファイルを上書きすることになります。

    高級復元: 復元進行中に、ファイルをチェックすることができます。復元しようとするファイルが既に検出された場合、スキャンを一時停止して、それらのファイルをまず復元することができます。それから、「続く」を押してスキャンを進めるか、あるいは「停止」を押してスキャンを停止します。

    フィルター: ファイル名あるいはパスを検索することで、スキャンの結果にて失われたファイルをフィルターすることができます。

     

     

    スキャンの結果を保存: スキャンを停止しても、後で復元を再開するためスキャン結果を保存することができます。

  • プログラムを起動後、「標準モード」を選択してください。ここには、「失われたファイルの復元」、「パーティションの復元」、「RAWファイルの復元」及び「復元の再開」の四つの選択肢があります。

     

    復元の再開

     

     

    「復元の再開」はスキャン結果の保存のための機能です。前回のリカバリーセッションを再開するには、前回保存した結果をインポートしてください。時間の節約にもなります。

    失われたファイルのスキャンを再開します。

    スキャンの結果がアーカイブ、オーディオ、データベース、ドキュメント、Eメール、グラフィック、ビデオなどのファイルタイプの形で表示されます。プレビュー後、復元したいファイルを選択して復元してください。復元前に、PDF、PPT、RAR、ZIP、Excel 及び画像形式(PNG、JPG、JPEG、TIFなど)がプレビュー可能です。

     

     

    画像のプレビュー表示

     

     

    「ファイルタイプ」から「パス」に切り替えることで、ファイルの前回のパスをチェックすることができます。

    注意:
    消失したファイルがあった場所へはファイルを保存しないでください。ファイルの新規保存は検出されたファイルを上書きすることになります。

    高級復元: 復元進行中に、ファイルをチェックすることができます。復元しようとするファイルが既に検出された場合、スキャンを一時停止して、それらのファイルをまず復元することができます。それから、「続く」を押してスキャンを進めるか、あるいは「停止」を押してスキャンを停止します。

    フィルター: ファイル名あるいはパスを検索することで、スキャンの結果にて失われたファイルをフィルターすることができます。

     

     

    スキャンの結果を保存: スキャンを停止しても、後で復元を再開するためスキャン結果を保存することができます。

  • Top