動画にテロップ(字幕)を付ける編集ソフトおすすめ
  • 動画字幕/テロップ入れ、動画BGM入れ、動画回転、動画分割りなどなどの機能を全部お揃い!
  • 多彩な高度機能でオリジナルのビデオを作成
  • ビデオ・サウンドなどいろんな出力形式でエクスポート可能
  • あらゆる瞬間を、最高のムービに!
  • PCへの保存(MP4、WMVなどの形式)、直接にYouTubeへ共有やDVDとして出力


【2021最新】動画に字幕(テロップ)を追加する手順とおすすめソフトご紹介

• Filed to: Filmoraの基本編集 • Proven solutions

動画に文字を入れたい!

動画に字幕を結合したい場合、字幕追加ソフトを使うのが普通ですが、数多く編集ソフトの中で、自分にあったソフトを選ぶのはなかなか難しいことですね。

このページでは、動画に字幕ファイル・エフェクトを追加できるソフトをいくつか紹介しようと思います。


Part1:動画に字幕を入れる編集ソフトを5つご紹介

おすすめ① :「Filmora for Windows」(フィモーラ)

「Filmora for Windows」 は様々な文字エフェクトが用意されていて、ビデオのような素敵な動画字幕をわずかのステップで簡単に編集することができます。そのほか、動画にエフェクトや音楽などつけることができ、クロマキー合成・逆再生などのプロ並み機能まで備わっています。
インターフェイスの分かりやすく、初心者でも本格的なビデオを編集することが可能です。
対応形式も豊富で様々なデバイスに保存でき、もちろんDVDに焼くことも可能です。他にもYouTubeなどにもアップロードすることができるので、編集した動画を多くの方と共有することができます。
ちなみに、FimoraはMacにも対応しています。Mac使用の方は「Fiomora for Mac」をダウンロードしてください。

Filmora

おすすめ② :「AviUtl 」

「AviUtl」は動画に字幕を挿入することができますが、使えるテンプレートが少なく、エフェクトなど自分で作成するほかならないので、初心者の方は面倒をかけるところが多いです。動画字幕挿入の他、動画にフィルターをかけることや、動画の不要な場面のカットなど、様々な編集ができます。

インターフェースもすっきりとシンプルになっているので、とても扱い易くなっています。

プラグインがあってこそ、拡張性が非常に高くなっているのも特徴ですが、プラグインをインストールするのもかなり手間がかかります。

「AviUtl」は初心者から上級者まで幅広く使えるテキストソフトといえます。

AviUtl

おすすめ③ :「Any Video Editor 」

「Any Video Editor」は動画に字幕の埋め込みをすることに優れたソフトで、SRTなどのテキストファイルを作成し、そのファイルを動画にドラッグするだけで字幕を挿入することができます。

映画やドラマなどに字幕を埋め込みすることができるので、上級者の方にも満足できる字幕つき動画の作成ソフトといえます。

更に、動画の字幕編集だけでなく、動画のカットや結合、特殊エフェクトの挿入、ウォーターマークの挿入などがあります。

編集した動画は様々な動画形式で保存することができ、iPodやPSPなどのデバイスに保存することができます。

Any Video Editor

おすすめ④ :「VideoPad動画編集」

「VideoPad動画編集」は文字にエフェクト効果が付けて追加するほか、動画の分割や結合、色彩調整や明るさ調整などの機能があり、プロ並みの動画に仕上げることができる字幕編集ソフトです。

編集した動画はavi、mov、mpeg、mpvなどの様々な形式で保存することができ、DVDに入れることもできます。

VideoPad動画編集ソフト

おすすめ⑤:「 Freemake Video Converter 」

「Freemake Video Converter」は動画の字幕に特化したソフトで、お気に入りの動画に文字エフェクトを挿入することや、外国映画などに文字エフェクトを追加できるので非常に便利です。

対応形式も500以上をサポートしており、字幕を追加した動画を様々な端末で閲覧することができます。

「Freemake Video Converter」は日本語に対応していることから、初心者にも安心して使うことができます。

 Freemake Video Converter

Part2:「Filmora for Windows」で字幕を追加する手順

それでは、「Filmora」で字幕エフェクトを追加する方法を簡単に紹介します。
下記ボタンをクリックして、「Filmora for Windows」をダウンロードし、インストールしてください。

Step1:「Filmora」を起動させて縦横比を選択し、[新しいプロジェクトを作成]を選択します。

新規プロジェクトを作成:新しい動画プロジェクトの作成を最初から行う場合は [新しいプロジェクトを作成] をクリックします。
既存のプロジェクトを開く:コンピューターに保存されているプロジェクト (.wfp ファイル) を開くには、[既存のプロジェクトを開く] をクリックします。

文字を入れたい動画ファイルをインポート

Step2:メディア ライブラリの中央のアイコンをクリックし、文字を入れたい動画ファイルをインポートします。

対応形式は下記のとおりです。

動画:
AVI, MP4, M4V, M4A, MOV, FLV, MKV, DV, DIF, NUT, H261, H264, NSV, MKA, PSP, 3GP, MPG, MPEG, VOB, DAT, EVO, RM, RMVB, TS, TP, TRP, M2TS, MTS(AVCHD), WMV, ASF, DVR-MS

音楽:
AAC, AC3, APE, AIF, AIFF, FLAC, APE, CUE, AU, AMR, OGG, WAV, DPE, MKA, M4A, MPA, MP2, MP3, RA, WMA

画像:
JPG, JPEG, BMP, PNG, JPE, GIF, DIB, JFIF, TIF, TIFF

文字を入れたい動画ファイルをインポート

Step3:インポートされた動画ファイルをタイムラインにドラッグし、「タイトル」タブをクリックし、字幕編集テンプレートの画面に入ります。

テキスト/クレジット

Step4:様々な字幕エフェクトからお気に入った字幕をタイムラインにドラッグします。

テキスト/クレジットの中のカテゴリー

Step5:文字のアニメーションなどを設定します。

動画,字幕,調整


> How to > Filmoraの基本編集 > 【2021最新】動画に字幕(テロップ)を追加する手順とおすすめソフトご紹介