PDF形式のファイルを回転して保存する方法

• Filed to: PDF編集・加工 • Proven solutions

pdf形式の文書ファイルは、異なる機器でも文書の体裁や内容を一切変えずに印刷をすることができるというメリットがあります。元の文書に縦または横のページが混在すると横または縦方向に統一して変換・保存されてしまうので、パソコンなどで文書を閲覧をする際はページごとに回転してから表示させる必要があります。pdf編集用のソフトを利用すれば、文書の内容を見やすい方向に変えてから保存することが可能です。ファイルを開いた際に縦または横方向で常に見やすい方向で文書を表示させることができれば、わざわざ印刷してから読む必要がありません。pdf編集用のソフトを利用すれば文書の向きを変えてから保存をすることができますが、ツールごとに使い勝手が異なります。一般的な編集ソフトであれば、1つの画面上に1ページを表示させてからページごとに確認しながら回転操作を行う必要があります。



「PDF element+OCR for Windows」を使ってPDF文書を回転して保存する方法

PDF element+OCR for Windowsを活用すれば、簡単にpdf文書を回転して保存することができます。このツールを利用してpdf文書の回転・保存を行う手順をご紹介します。

Step1.「PDF element+OCR for Windows」を起動して変換をしたいpdfファイルを開く

最初にソフトウェアを起動し、変換をしたいpdf文書ファイルをオープンします。画面上部の「ファイル」を開いてファイル名を指定して開くか、文書ファイルのアイコンをウィンドウ画面内にドラッグ&ドロップすれば簡単にオープンできます。pdfファイルを「PDF element+OCR for Windows」に関連付けをしておけば、アイコンをダブルクリックするだけで自動的にソフトウェアが起動してデータをオープンすることができます。

Step2.ページを選択を行う

1ページだけの文書ファイルであればそのまま回転して保存することができますが、1つのファイルに複数のページが含まれる場合には処理を行うものを選択する必要があります。「ページ」タブをクリックすると、全てのページが縮小表示されてプレビュー画面が表示されるので、文書を自由に選ぶことができるようになります。処理を行いたいページをクリックして選択をしましょう。複数のページをまとめて選択して、一回の操作で処理をすることも可能です。

Step3.ページの回転を行う

ページを選択すると矢印のアイコンが表示されるので、右または左矢印をクリックすれば文書を回転させることができます。見やすい方向に回転しておきましょう。

Step4.ファイルの保存をする

回転ができたら、ウィンドウ上部のツールバーの「ファイル」を開いて文書ファイルを保存しましょう。次回以降にpdf閲覧用のソフトで文書ファイルをオープンすると、全てのページが見やすい方向で表示されます。


他の一般的なpdf編集ソフトを利用する場合にはページごとに画面に表示して、ウィンドウ画面上部のツールバーから処理方法を選択する必要があります。これに対してPDF element+OCR for Windowsを利用すると、文書のプレビュー画面を見ながら複数のページをまとめて処理することができるという利点があります。回転をさせる時も、画面に表示される矢印のマークのアイコンをマウスでクリックするだけで簡単に処理を行うことができるようになっています。文書の内容を見ながら簡単なマウス操作で直感的に作業ができるので、あたかも印刷された文書を机に並べて作業をするのと同じような感覚で処理を行うことができるという点で他のpdf編集用のソフトよりも優れています。


> How to > PDF編集・加工 > PDF形式のファイルを回転して保存する方法