動画再生中にエラー0xc00d36c4が出た時の対処法

> How to > ビデオ修復・復元 > 動画再生中にエラー0xc00d36c4が出た時の対処法

• カテゴリ: ビデオ修復・復元 • データ復元事例

動画を再生するときに0xc00d36c4というエラーが出ることがあります。これは主に動画ファイルの読み込み時に再生ソフトとの間で何らかの不具合を起こしたときのエラーになります。動画ファイルが再生ソフトに適していないことが原因である場合が多いのですが、比較的よく出るエラーのひとつになるので、適切な対処をすれば問題はありません。

ここではエラー0xc00d36c4が出た際の原因と対処法と合わせてお話したいと思います。


Part1 動画再生中にエラー0xc00d36c4が出た原因

原因1 サポートされていないファイル形式
原因2 コーディックが不足または破損している
原因3 動画ファイルが再生ソフトに適していない
原因4 動画ファイルが破損している


Part2 動画再生中に0xc00d36c4のエラーが発生した時の対処法

方法1 動画ファイルの破損でエラー0xc00d36c4が出る場合

エラー0xc00d36c4が出る原因は様々ですが、動画ファイル自体が破損している場合もこのエラーが表示されます。

そこで利用したいのが、動画データの専用復元ソフトです。「Recoverit」(リカバリット)の中でも「ビデオ修復」という機能は、壊れた動画ファイルをスキャンし自動でデータの破片を集め繋ぎ合わせるというわかりやすい仕組みで、手軽に扱える修復機能になっています。使い方は修復したいデータを選択し開始するだけです。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで修復可能

この仕組みは特許も取得した高度な技術が可能にしています。また対応しているファイル形式が多いので、様々な動画ファイルをカバーできるのも魅力です。「Recoverit」は無料ダウンロード版も公開されています。まずはお試しで使用してみてはいかがでしょうか。

また、動画ファイルの破損以外の原因と対処法については以下に当てはまる場合があるかもしれません。参考にしていただければと思います。

方法2 再生したい動画ファイルがサポートされていない形式

ファイル形式を変換することで解決できます。無料の変換ソフトがたくさんあるので試してみてください。ここではおすすめのフリーソフトとその特徴をいくつか挙げます。

・ 「Free Video Converter」は同時に何個ものファイルが変換できます。また500以上のファイル形式に対応しているので幅広い動画ファイルのカバーできます。 ・ 「Handbrake」は設定を使用者が細かく設定できます。またブルーレイにも対応しています。Windows/OS X/Linuxと互換性がある点も特徴です。 ・ 「Any Video Converterフリー版」はWindows OS ユーザー向けですが、初心者にも使いやすくわかりやすいつくりになっており、誰でも手軽に動画変換ができます。

方法3 コーディックが不足または破損している

適切なコーディックをインストールする必要があります。

【手順】
1. 使用している再生ソフトのヘルプなどから、サポート情報でコーディックが最新のものか確認する
2. 必要であれば無料のコーディックチェッカーソフトを使用し動画のコーディックを確認する
3. 動画で使用されているコーディックが再生ソフト側になければ、それをインストールする

方法4 動画ファイルが再生ソフトに適していない

別の再生ソフトに変えると動画が再生できるようになることもあります。

用途の広い動画再生ソフトを使用してみるのはいかがでしょうか。フリーソフトの「VLC Media Player」は複数のコーディックやファイル形式と互換性があるので再生ができるようになるかもしれません。

【手順】
1.公式サイトhttps://www.videolan.org/vlc/ から入手する
2.再生したい動画を読み込ませ確認する

また、このソフトはファイル形式の変換も行えます。もし再生ソフトにこだわりがなければぜひお試しください。


Part3 動画ファイルの破損でエラー0xc00d36c4が出る場合の修復手順

以下のことは、「Recoverit」(リカバリット)の「ビデオ修復」機能を利用して、動画ファイルの破損によりエラー0xc00d36c4が出る動画を修復する手順。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで修復可能

ステップ1 エラー0xc00d36c4が発生する動画を追加します。

まずは、「Recoverit」をダウンロードしてインストールします。「Recoverit」を起動します。メイン画面から「ビデオ修復」をクリックします。「追加」ボタンまたは「ビデオを追加して修復を開始する」ボックスをクリックして、エラー0xc00d36c4が発生する動画を追加します。

「Recoverit」をダウンロード

エラー0xc00d36c4が発生する動画を追加

ステップ2 エラー0xc00d36c4が発生する動画を修復します。

追加完了して、「修復」ボタンをクリックします。エラー0xc00d36c4が発生する動画の修復が始まります。

エラー0xc00d36c4が発生する動画を修復

ステップ3 修復しました動画ファイルを保存します。

修復しました動画ファイルを保存

まとめ:動画再生中にエラー0xc00d36c4が出た!?落ち着いてください~

ここまでエラー0xc00d36c4について、原因と対処法をお伝えしてきましたがこのトラブルは解決できたでしょうか。

色々と対処したが再生できないという場合、やはり動画ファイルが破損している可能性が高いです。スマホやデジカメ、ビデオカメラの普及、そして最近では動画サイトの利用が活発になってきたこともあり、動画を日常的に扱うことが多くなったかと思います。動画データの破損はそれほど珍しいことではありませんが、手軽に扱えるようになった分バックアップはあまり行わなくなった、という方も多いかと思います。

データ復元ソフトの「Recoverit - 強力な動画修復ソフト」は予期せぬデータ破損時の救世主として活躍が期待できます。データの修復もより手軽に、動画データを扱う頻度が増えた昨今、頼りになるソフトのひとつかと思います。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで修復可能

父の日キャンペーン