広角レンズや魚眼レンズで撮った映像の歪みをFilmoraを使って補正する方法

広角レンズや魚眼レンズで撮った映像の歪みをFilmoraを使って補正する方法

> How to > 動画編集 > 広角レンズや魚眼レンズで撮った映像の歪みをFilmoraを使って補正する方法

Apr 11,2018 • Filed to: 動画編集 • Proven solutions

スポーツなどのシーンにおいて広角レンズや魚眼レンズで撮影した映像の歪みなどを補正したい時があります。最近ではいろいろな歪み補正することができる編集ソフトが販売されているので、自分に合った商品を選択することができるでしょう。今回「iSkysoft Filmora for Mac」を使った歪み補正の手順をご紹介します。


広角レンズや魚眼レンズで撮った映像の歪みを「iSkysoft Filmora(フィモーラ)for Mac」を使って補正する方法

「アクションカメラツール」という機能が搭載されていて、アクションカメラのユーザーのために特別作られたオリジナルボックスがあります。動画を安定化することができたり、魚眼効果を補正することが可能です。スピード調整や色調補正などのいろいろと役立つ機能がたくさんあり、高解像度の動画修復や補正を行うことができ編集をスピーディに簡単に行うことができるでしょう。これらの機能を利用するのに、起動画面において「アクションカメラツール」を選択しましょう。


Step1.まず動画ファイルをインポートします。

「追加」ボタンをクリックしたり動画クリップをタイムラインにおいてドラッグ&ドロップします。「クリア」をクリックすると不要な動画を削除することが可能です。

Step2.次にレンズ補正を行います。

「レンズ補正」をチェックし、ドロップダウンリストにおいてカメラの機種や撮影した解像度などを選択することができます。選択すると自動的に動画の歪みが補正され、スライダーをドラッグし手動で補正レベルをアレンジすることが可能です。

Step3.動画の安定化をはかります。

カメラの手ぶれは動画安定化機能によりスピーディに簡単に行うことが可能です。「手ぶれ補正」をチェックしてからスライダーをドラッグし、安定化レベルを増減することができます。安定化レベルをアップすると画像がズームされる仕組みです。

Step4.音声ノイズを除去します。

音声ノイズの除去機能を使用すると録画した動画から騒音などを除去することができます。「ノイズの除去」をチェックしてからスライダーをドラッグし、レベルをアレンジすることが可能です。結果を確認する場合はヘッドセットを使用すると良いでしょう。

Step5.プレビューを行います。

スペースキーを押したり「再生」をクリックし、動画クリップをプレビューすることが可能です。赤色のプレイヘッドを動かし好みの位置からプレビューをスタートすることができます。特定場面をプレビューするのにフレーム単位でプレビューをクリックし、フレーム単位でプレビューすることが可能です。

Step6.エクスポートを行いましょう。

編集が終わったら「エクスポート」をクリックし、動画クリップを保存します。ウィンドウにおいてMP4形式やMOV形式、320*240~4Kまで解像度を指定することができ、最大60fpsまでフレームレートを指定することが可能です。最後に「OK」をクリックするとエクスポートされます。


広角レンズや魚眼レンズに撮影した動画などの歪み補正を行うなら、「iSkysoft Filmora for Mac」がおすすめです。簡単に映像の歪みを補正することができたり、ノイズ除去を行うことができます。いくつかのシーンを繋いで一つの作品にすることができ、字幕などを挿入することも可能です。まるで映画のような作品を作成することができ、初心者も簡単に操作することができます。直感的な操作画面になっているので、気軽に画像をアレンジすることができるでしょう。お気に入りの作品を作ることができ、友人と共有したりSNSに投稿するのに便利です。効率良くスピーディにこだわりの作品を作成することができます。


中島直人

編集長

0 Comment(s)

関連トッピクス

All Topics

Top