iPodはちょうど他のガジェットのように、技術的問題に陥りやすい傾向があります。ほとんど全てのiOSユーザーが直面しなければならない主要な不具合の一つが、デバイスがリカバリーモードから抜け出せないという問題です。これはiPodも含むあらゆる異なったiOSデバイスに影響を与えると見られる共通の問題です。iPodがリカバリーモードから抜け出せない背景にいくつかの理由があります:

  • リカバリーモードが気付かずに起動状態になったあるいは他の問題を解決するためにアクティブになってしまった
  • iPodを脱獄しようと試みたがうまくいかなかった
  • 最近iOSの最新バージョンにアップデートし、それがリカバリーモードの問題を引き起こしてしまった

この問題が起きると、iPodデバイスはスイッチが入らずあるいは同時に何度も起動する過程を繰り返すという現象が起きるが、ホーム画面が決して現れないという状態を見つけてしまうかもしれません。そこで、iPodがリカバリーモードから抜け出せない時にすべきことについて学びましょう。

Part 1. iPodがリカバリーモードから抜け出せない問題の共通する解決方法

Appleはこの「iPodがリカバリーモードから抜け出せない」という問題に気付いており同時に修正する公式の解決方法を提言しています。しかしながら、下記にあるようにこれらの方法を使うと全てのデータを失ってしまうという状況に立たされてしまいます。

ステップ 1.

iPodがリカバリーモードになっている時、パソコンに接続しiTunesを起動させます。起動するまでの間ホームボタンを押し続ける必要がある可能性があります。iTunesは今すぐデバイスを検出しバックアップから修復するためのオプションが出てくるでしょう。もしiPodがリカバリーモードになっていなければ、このステップをスキップします。

ステップ 2.

iPodがパソコンに接続されていなければ、電源を切ります。赤い色のスライダーが出てくるまでの数秒間スリープボタンを押し続けます。そこでスライダーでiPodの電源を切るを使います。これが作動しない場合は、iPodを再起動するためにスリープとホームボタンを同時に押し続けます。

注釈: iPodが十分充電されているかを確認し、もし必要であれば10分またはそれ以上充電器に差し込んでください。

ステップ 3.

USBケーブルでiPodを接続する間「ホーム」ボタンを押し続けると、電源が入るでしょう。それでも「ホーム」ボタンをまだ離さないでください。 iTunesのロゴマークとUSBケーブルの画像が画面上に現れるまで押し続けてください。

もしまだiTunesが起動しなければ、起動させてiPodがパソコンに接続されているか検出できます。一度iPodがリカバリーモードになっていることがiTunesによって検出されたら、シンプルに以下の指示に従うことによって非常に簡単に修復することができるでしょう。

Part 2. iPodがリカバリーモードから抜け出せない問題のベストな解決方法

これは確実に最も興奮させる興味深い内容で、ここでiSkysoft「iPhone データ復元」というiOSデバイスの優れたデータ復元ツールでiPodと完全に互換性もある驚くべきソフトウェアを紹介しましょう。iPodがリカバリーモードから抜け出せない間のデータの損失を避け修復するためにこのソフトを使用することを高く推奨します。

ステップ 1. iPodをパソコンと接続する

始めに、iSkysoft「iPhone データ復元」をダウンロードしインストールします。そこでiPodをパソコンと接続しアプリケーションを起動します。アプリケーションのメイン画面から「iOSを標準モードに修復する」のオプションを選びます。一度iPodがアプリケーションに接続されたら、「スタート」を押します。

ステップ 2. データの損失なしにiPodを標準モードに修復させる

さて、iSkysoft「iPhone データ復元」は自動的にiOSの最新バージョンをリストアップし、iPodのために選択しダウンロードします。「ダウンロード」ボタンをクリックするだけでできます。もうここで全ての作業は終わりです。最新のファームウェアのダウンロードが終わってしまっていても、そのツールはiPodを修復し続け、最終的にデバイスが標準モードになっているとメッセージが表示されます。

このようにしてiPodあるいは他のiOSデバイスがリカバリーモードから抜け出せないことから回復でき、データの損失なしで全て保存状態を保つことができます。このことがもうiPodがリカバリーモードから抜け出せないことに心配せず、そしてデバイスが簡単に効果的に修復できることを確信する手助けになることを望んでいます。

Back to top