突然、予期せずiPhoneのスクリーンが黒くなってしまったら?これは決して良い状況ではありません。4時間の電車の移動中、重要な会議のアレンジをiPhoneで行っていた時などは特にです。スクリーンは真っ黒になっても、音だけは聞こえる場合もありますが、他の機能が使えないなら何の意味もありません。しかしご心配なく。ここではiPhoneのブラックスクリーンエラーの解決策をご紹介します。

Part 1. .iPhoneのブラックスクリーンに対する一般的な解決方法

iPhoneのブラックスクリーン問題に対し、どのように対応していますか?ここでは、問題を解決するためのいくつかの簡単な裏ワザやトリックをご紹介します。

方法1.iPhoneを再起動させる

通常の再起動としても知られていますが、 'Sleep/Wake'と 'Home' ボタンを10秒ほど長押しし再起動させます。Appleのロゴが現れるまで待ち、完全に再起動されたら携帯を使うことができます。ターンオフスライダーが出る場合がありますが、その場合はスライダーを消しデバイスを再度起動させてください。その他の例として、バッテリーが空のためiPhoneを充電する必要がある場合などがあります。

再起動でデータロスが起こらなかったとしても、自動保存機能は失われるため、作業中のファイルは保存されないでしょう。

方法2.iPhoneを出荷時の設定に戻す

もし、ブラックスクリーンを直そうとデバイスを再起動させても直らなかった場合、工場出荷時の設定に戻すことができます。しかしこの方法では、コンタクトや、カレンダー、アプリやアプリのデータも同様に、iPhoneの全てのデータが消されてしまうことを覚えておいてください。

ステップ 1. iPhoneを復元するために、デバイスをパソコンに接続し、iTunesを起動させます。iTunesがリカバリーモードのiPhoneを検出し、復元のオプションを提示します。 'Restore' (復元)ボタンをクリックしてください。

ステップ 2. ウィンドウが表示され、デバイスを復元してよいか確認してきます。 'Restore' (復元)ボタンをクリックし、作業を始めてください。終わるとiTunesがすぐにバックアップから復元するかを訊ねてきますので、デバイスを工場出荷設定に復元するため、 'Set up as a new iPhone' (新しいiPhoneにセットアップする)を選択します。

Part 2. ブラックスクリーンになったiPhoneを直す最善の方法

iPhoneがブラックスクリーンになってしまうと、工場出荷設定に復元することが求められることがあります。しかしデータをiTunesに十分バックアップしていると思っていても、大事なファイルが無くなっていることに気づくこともあるはずです。でもご心配なく。ブラックスクリーン問題を解決し、データが一掃されることから救いましょう。iOSデバイスを修復できる簡単で分かりやすいソフトウェア、iSkysoft「iPhone データ復元」にお任せください。

iSkysoft「iPhone データ復元」は iPhone 3GsからiPhone 6まで、どのiPhoneの機種でも使うことができるパワフルなソフトウェアです。写真や動画などから、通話履歴などの小さいファイルまで全てを回復してくれます。その他の素晴らしい特徴として、iOSシステムを修復したりデバイスを通常に戻すことができます。

iPhoneのブラックスクリーンの修復方法について、以下をお読みください。しかしながら、この復元機能を使う場合、iPhoneが最新のiOSバージョンにアップデートされていることを確認してください。そうすると作業中にデータロスが防げます。

ステップ 1. パソコンにiPhoneを接続する

iSkysoft「iPhone データ復元」 を起動させ、ウィンドウの右上部にある"Fix iOS to Normal" (iOSを通常に戻す)をクリックします。次にUSBケーブルを使ってデバイスとパソコンを接続します。そして、プログラムがiPhoneを検出したら "Start"(スタート)ボタンをクリックしてください。

ステップ 2. ダウンロードし、ファームウェアを選択する

その後、手動でデバイスにファームウェアをダウンロードする必要があります。ダウンロードのために、最新のiOSが表示されます。一度ファームウェアがダウンロードされると、プログラムがiPhoneの修復を続けます。デバイスが通常に戻ったとお知らせがあるまで数分かかります。

Part 3. iPhoneのブラックスクリーンの原因は何か

1. ソフトウェアの問題

iOSはiPhoneの全てのアスペクトを管理しています。壊れたり古いソフトウェアはデバイスの機能に影響し、予期せぬブラックスクリーンが現れたりします。何か新しいものをインストールした後にプログラムがスタートしたら、そのアプリケーションやプログラムがiPhoneのオペレーションに影響を及ぼしているものと考えられます。

2. .ハードウェアの問題

不慮の事故や、水がかかったなどのダメージはiPhoneの内部ハードウェアの損傷の原因になります。落下など、何か起きた後にだけブラックスクリーンが現れることがあります。

iPhoneのブラックスクリーン 

3. バッテリーの問題

充電の問題は同じくブラックスクリーンの原因となります。バッテリーとデバイスの接続が上手くいかないと効果的に働くことができません。よってフル充電でもバッテリーがLow(無い)と表示される場合は、充電の問題が原因で、続いてブラックスクリーンも引き起こすでしょう。

Back to top