【2021年最新】動画編集ソフトランキング
  • 動画カット、動画分割、回転、トリミング、ミックス、結合などを備える
  • 多彩な高度機能でオリジナルのビデオを作成
  • ビデオ・サウンドなどいろんな出力形式でエクスポート可能
  • あらゆる瞬間を、最高のムービに!
  • PCへの保存(MP4、WMVなどの形式)、直接にYouTubeへ共有やDVDとして出力
    *対応OS:Windows 7/8/8.1/10、OS X 10.11/10.12/10.13/10.14/10.15
    *ご利用のPCのOSに応じて、Windows版、あるいはMac版をダウンロードしてください。


【2021年最新】動画編集ソフトランキングおすすめTOP5

• Filed to: Filmoraの基本編集 • Proven solutions

2019年も終わりが近づいてきました。 撮影した動画を編集してyoutubeへアップして公開したい人や、家族の撮影した映像に手を加えてからみんなで楽しみたいという人まで、様々な人たちが動画を簡単に編集できて公開できる動画編集ソフトを厳選してみました。 どれも甲乙つけがたい動画編集ソフトとなっています。 今から初めてソフトを使おうと思っている人は参考にしてみてください。

動画を撮影して自分で編集を指定という人には、動画編集ソフトを使ってハイクオリティな動画を作成することをお勧めします。 そのためには動画編集ソフトをどれにするかは大きく出来上がりに影響してきます。
今回、動画編集ソフトの中で人気の高いソフトを5つ厳選しました。 人気の高さだけで選ぶのではなく、自分音編集能力が初心者なのかプロ級なのかで使いやすい動画編集ソフトは変わってきます。 今回初心者でもプロ並みの動画編集ができるソフト上位5本の紹介となります。

動画編集ソフトTOP5を紹介

NO1.Filmora

Filmoraは2019年度一押しの動画編集ソフトです。
何よりも改良が重ねられてきて編集画面の操作がやりやすくなっています。
使えるエフェクト数は800以上準備されていて、別途プラグイン機能を使う必要もなく、標準の動画編集ソフトで利用できます。
動画の読み込みから田村院上での編集まで、スムーズに操作ができるようになっています。

最新バージョン Filmora X(フィモーラテン)

video merger
  • *最新バージョン:移動するオブジェクトを追跡できるモーショントラッキング機能、複数の動画クリップの色調を統一させるカラーマッチ機能、動画クリップ内で始点と終点を指定して、その2点間で画像やテキストの移動、回転、サイズ、不透明度などを変更できるキーフレーム機能を最新機能搭載
  • *動画カット、動画分割、回転、トリミング、ミックス、結合などを備える
  • *フィルター、トランジション、オーバーレイ、エレメント、字幕、タイトル編集を内蔵する
  • *縦横比、色相、明るさ、速度、彩度、コントラストなども調整できる
  • *ローカル、デバイス、ウェブサイトとDVDの四つの方式で動画を出力できる
  • *初心者や専門家にとっても最高のビデオ編集ソフト

NO2.VideoProc

VideoProcは4K画像の高画質にも対応していて、劣化させることなくきれいなまま動画を編集できます。
基本機能としてはトリミング・エフェクト機能の充実・分割することもできるようになっています。

VideoProc

NO3.VideoStudio Pro 2019

VideoStudio Pro 2019はカナダの会社が制作した動画編集ソフトです。
このソフトの一番良い点は動画の編集だけではなく、録画機能とDVD&ブルーレイの作成機能も備わっている点です。
動画編集機能では、1500種類以上のエフェクトが使えて初心者でも使いやすい編集機能が備わっている点がおススメです。
編集画面は一般的な上部にビュー画面・エフェクト一覧アイコン画面があり下部に編集用のタイムラインが備わっています。
さらに4K動画にも対応していて、3Dアニメーションタイトルの作成もできます。

VideoStudio Pro 2019

NO4.AVS Video Editor

AVS Video Editor動画編集ソフトはWindowsムービーメーカーに似ていて、ムービーメーカーを今まで使ったことがある人には使いやすいソフトではないでしょうか。
動画のトリミング・分割・統合・画像調整。フレーム変更・画像回転などができる基本的な編集機能は備わっています。
4K動画の編集もできて今後の拡張性を感じさせてくれる動画編集ソフトではないでしょうか。
テキスト挿入機能も備わっていて、動画に字幕やタイトルも簡単に挿入できます。
AVS Video Editorならではの機能として、録画しながら編集ができてしまう、マルチで作業ができるようなソフトです。

AVS Video Editor

NO5.PowerDirector

PowerDirectorはトリミング・動画のカット・結合・BGMなど動画編集で最低限必要な機能が備わっていて、数千円から2万円程度で購入できるソフトです。
これらの機能を使いこなせれば、お売り並みの動画を製作できるようになります。
変種画面は上部左側にビュー画面があり、右側に編集可能動画編集画面になっています。
動画にBGMを挿入することで、より高性能な映像を醸し出してくれます。

PowerDirector


まとめ

撮影した動画を編集して公開するときに使う動画編集ソフトの人気の5本のソフトを紹介してきました。
誰もが使える動画編集ソフトで、視覚的な操作で簡単に編集ができてしまいます。
初めて使う人でもスムーズに編集ができるものなので、一度試しに使ってみてはどうでしょうか。
自分にあったソフトを見つけられます。

> How to > Filmoraの基本編集 > 【2021年最新】動画編集ソフトランキングおすすめTOP5