パソコンで複数の動画を一本にまとめる方法
  • オーディオノイズ除去、動画回転、動画回転、動画ミュート、動画カットなど全部このfilmoraで実現!
  • 多彩な高度機能でオリジナルのビデオを作成
  • ビデオ・サウンドなどいろんな出力形式でエクスポート可能
  • あらゆる瞬間を、最高のムービに!
  • PCへの保存(MP4、WMVなどの形式)、直接にYouTubeへ共有やDVDとして出力
    *対応OS:Windows 7/8/8.1/10、OS X 10.11/10.12/10.13/10.14/10.15
    *ご利用のPCのOSに応じて、Windows版、あるいはMac版をダウンロードしてください。


複数の動画を一本にまとめよう!
おすすめソフトFilmora Xを使って動画を結合する方法について

• Filed to: Filmoraの高度編集 • Proven solutions

複数の動画を一本にまとめよう

より良い動画を作ろうと想うと、複数の動画から見所を集めたりする作業も必要になりますが、そこで壁となるのが「動画をどうやって結合させて1本にまとめればよいのか?」という点です。今回は初心者にもおすすめのソフトであるFilmora Xの詳しい紹介や、このFilmora Xを使って実際に動画を結合する手順についてわかりやすく紹介していきます。

動画結合とは

動画結合とは、本来バラバラになっている複数の動画をつなぎ合わせ、一つの動画ファイルにまとめる事を指します。動画投稿サイトなどにアップロードする際にバラバラだとそれぞれ個別の動画になってしまいます。これだとすべての動画を見てもらいたい場合、視聴者をそれぞれの動画に誘導しなければならなくなりますし、その手間を嫌う視聴者からそっぽを向かれてしまうかもしれません。しかし動画を結合して一本にまとめる事で、そうした視聴者側の負担を減らし、視聴してもらうチャンスを逃さずに済むでしょう。また複数の録画ファイルを結合して見所だけを集めた動画クリップなども人気が高く、複数の動画を結合することにはクオリティアップの観点から非常に有意義な効果があるのです。

おすすめの動画編集ソフトfilmora Xについて

最新バージョン登場!Filmora X(フィモーラ)

Filmora Xは動画にまつわる様々な編集加工処理が可能な多機能動画編集ソフトです。

video merger
  • * 画像処理、音声処理、エフェクト加工など
  • * スピード調整、動画結合、クリップの同時再生、画面録画、色調補正、オーディオ編集、カラーマッチ、特殊効果などを搭載
  • * 動画カット、ノイズ除去、動画回転、トリミング、ミックス、結合などを備える
  • * 縦横比、色相、明るさ、速度、彩度、コントラストなども調整できる
  • * ローカル、デバイス、ウェブサイトとDVDの四つの方式で動画を出力できる

動作環境

  • CPU:Intel i3以上のマルチコアプロセッサ、2GHzかそれ以上の物。
  • GPU:Intel HDグラフィックス5000、Nvidia Geforce GTX 700、AMD Radeon R5のいずれかか、それ以上。2GBのvRAM搭載のもの。
  • メモリ:4GB以上。
  • ディスク容量:10GB以上の空き容量。
  • インターネット接続環境:製品のアップデートやアクティベーションに必須。

Windows版ダウンロード  Mac版ダウンロード

YouTube動画を見ながら動画をまとめよう

特徴

初心者でも分かりやすいシンプルな画面構成や、初心者だけでなくベテランになっても使い続けられる機能の豊富さが特徴ですが、何より大きなメリットは無料でこのソフトが使用できるという点です。製品版との違いは作った動画のロゴが挿入される点だけであり、編集機能の制限などは受けること無く、ずっと使い続けることが可能です。将来製品版を買うつもりの場合でも、納得いくまでいくらでも使い心地を確かめられるのは、他のソフトにないFilmora Xの非常に大きなメリットと言えます。

素材をインポート

filmora Xでファイルを結合する具体的な手順

Step1.動画編集に使うファイルの読み込み

次の画面の左上にはメディア欄が有り、動画編集に使うファイルはここに読み込ませておく必要があります。ここに直接ファイルをドラッグ&ドロップするか、「ここにメディアファイルをインポートする」をクリックして結合したい動画ファイルを選んでおきます。

動画をインポート

Step2.結合したい動画ファイルをタイムラインに並べる

画面下側に有る横長の枠がタイムラインと呼ばれる実際に動画の流れを見られる場所になります。左上メディア欄より動画ファイルをドラッグ&ドロップで下のタイムラインに並べていきましょう。すると動画ファイルの中身が横長の形で表示されます。このタイムラインは左から右に向かって時間が進む表示になっており、例えば動画1の後すぐに動画2をくっつけて配置しておけば連続して再生されます。しかしもし上下に重ねて配置すると同時に再生されることになるため注意しましょう。連続再生の場合は上下ではなく横に動画ファイルを繋げるのがポイントです。

動画をクロップする

Windows版ダウンロード  Mac版ダウンロード

Step3.タイムラインに並べた動画を一つの動画ファイルとして出力する

上記までの作業ではまだ設計図を書いただけの状態で、まだ一本の動画ファイルになっていません。上記の作業が終わったらまずは画面中央に有る「エクスポート」をクリックします。すると出力設定を決める画面が開くので、設定項目を埋めていきます。今回の結合方法では最も一般的なMP4に変換するので、「フォーマット」はMP4にし、残りの名前や保存先、解像度などを設定しましょう。それらが済んだらその画面の右下に出ている「出力」を押せば、1本に結合された動画ファイルが、保存先のフォルダに保存されます。

保存及びエクスポート

複数の動画の良い所を集めて見所たっぷりの1本の動画にまとめよう

今回は複数の動画を1本の動画に結合する方法について紹介しました。またこれに「動画をカットする方法」を併せて見所だけを集めたクリップにしたり、シーンチェンジ編集を使うことによって動画と動画の切り替わりの部分を見栄え良くしたりすることもできます。上記の手順で動画の結合が上手くできたら、他の編集加工なども少しずつ取り入れてさらなるクオリティアップを目指しましょう。

Windows版ダウンロード  Mac版ダウンロード
> How to > Filmoraの高度編集 > 複数の動画を一本にまとめよう!
おすすめソフトFilmora Xを使って動画を結合する方法について