macで動画を編集するアプリおすすめ4選

> How to > 動画編集ソフトおすすめ > macで動画を編集するアプリおすすめ4選

• Filed to: 動画編集ソフトおすすめ • Proven solutions

少し前は動画編集というと専門的な知識やスキルが必要でしたが、様々な動画編集アプリやソフトが登場し、誰でも簡単に動画編集できるようになりました。カットや再生速度の変更はもちろん、動画アプリを使えば動画を重ねることも手軽にできます。動画編集アプリを使用する際、まず注意したいのが対応しているOSに関してです。macを使用し動画編集する場合は、mac OSに対応したソフトを使用する必要があります。使用する動画編集アプリを探す時は、mac OSに対応しているかをチェックしておきましょう。今回はmacで動画を編集したい時に使える、おすすめのアプリを5つ紹介していきます。


Part1:おすすめアプリ4選

1.Filmora

「Filmora」は直感的な操作、豊富なテンプレートや素材が用意されていることと扱い方が簡単ということで、初心者から中級者に人気があります。それが一番お勧めです。

Filmora


2.imove

imoveはapple社が提供している純正のソフトなので、macでも安心して使用できます。無料で提供されているソフトですが機能は豊富で、使いこなすことができればハリウッド映画の予告編のような動画も作れてしまいます。mac向けのimoveとiPhone向けのimoveがあるので、インストールする時は注意してください。

imove


3.Any Video Editor

動画に字幕を追加する時に便利なのがAny Video Editorです。難しい操作は必要なく、簡単な操作で動画に字幕をつけることができます。MP4やMPGなど、対応している形式が豊富なのもポイントです。

Any Video Editor


4.AviUtl

無料で利用できる高機能な動画編集アプリを探している人におすすめなのがAviUtlです。非常に人気のソフトで、無料ながらカットや結合、トリミング、再生速度の変更など様々な動画加工の機能が備わっています。プラグインがたくさんあり、それを導入することで手軽に機能を拡張できるのも魅力です。

AviUtl


Part2:Filmoraで動画編集の手順

step1:新規プロジェクトを作成します。

Filmoraを起動して表示される画面で、画面の比率と編集するモードを選択します。希望の比率を選択したら、「新しいプロジェクト」をクリックします。

作成された動画をAVI、WMV、MOV、FLV、MP4、MKVやMPEGなどのビデオ形式として出力します。

step2:動画を編集します。

ビデオの簡単編集に役立つ最高のアプリFilmoraは簡単にトリミング、カット、分割、回転、ミックス、ビデオのスピードアップ/スローダウンなどを行うことができます。

動画を編集


① メディアライブラリ:ビデオ、写真、音楽、音声などの素材を配置するエリアです。

② プレビューウィンドウ:タイムライン内の動画が表示されます。

③ ツールバー:よく使用する機能をまとめたツールボタンを並べたものです。

④ タイムライン:ビデオ編集などにおいて作品全体の流れを時系列で管理する機能のことです。

step3:メディアファイルを出力します。

作成された動画をAVI、WMV、MOV、FLV、MP4、MKVやMPEGなどのビデオ形式として出力します。

動画を出力


動画アプリは様々なものがあるので、初心者の方はどれを使えばよいか迷ってしまうかもしれません。そういう時は、「Filmora」を使用してみるとよいでしょう。Filmoraは初心者から中級者向けに作られたソフトで、操作方法がとても簡単です。また、予めテンプレートが用意されているので、それを使えば少ないステップで動画編集することができます。豊富なテンプレートと素材を使用し、Filmoraで動画編集をしてみてはどうでしょうか。

All Topics