最新

iPhoneに限らず、携帯電話を使っていると、電話帳があるのとないのでは使い勝手がまったく変わってきます。そこで、電話帳をなくしてしまった場合、間違って削除してしまったりした場合に復元できなければ、また一から入力していかなければ行きません。そこで、電話帳のバックアップを取っておくことが出来れば、誤って削除してしまったときに役に立ちます。バックアップを取っておく方法としては幾つかあります。

iphoneが壊れた場合に、対応するためにはデータのバックアップする必要があります。データをうまく復元するためには、データのバックアップを取っておくことで復元することが出来ます。適した方法としては、iphoneだけでバックアップを取れるアプリを利用することですiPhoneバックアップアプリ10を紹介します。

iPhoneを普段使っていて、イベントなどの時に動画を撮影することはよくあります。写真よりもリアルに思い出に残るので、動画をたくさん撮る人も多いです。しかしiPhoneの何かしらのトラブルが起きて消えてしまうこともよくあります。iPhone6/6s/6sPlusで消してしまった動画を復元する方法を説明します。

iPhone6・iPhone6SPlusで誤ってデータを削除してしまった場合にデータを復元させる方法として考えられる方法は、バックアップファイルまたは端末のストレージに残されているデータを取り出すことができます。iPhone6・6sPlusから削除されたデータを復元する方法を説明します。

iPhoneはパスコードの設定が可能なので、プライバシーを保護するためにパスワードを設定している人がほとんどです。もしもiPhoneに登録したパスワードを忘れた場合は、端末内で暗号化されているパスコードを表示させる方法が存在しません。パスコードを忘れてしまったiPhoneからデータを復元する方法を説明します。

機種変更や携帯の故障の時に、トーク履歴のデータがなくなってしまい、悲しい思いをしたことはありませんか? バックアップなしで消えてしまったトーク履歴は、基本的には復活させることはできません。「iSkysoft Toolbox for iOS」を使うと、LINEのトーク履歴を簡単にバックアップと復元できます。

iTunesを利用してバックアップを復元する場合には、全データをスマートフォンの端末に転送する必要があります。オンライン上に保存されているiCloudのデータについても、基本的にスマートフォン端末でしかダウンロードすることができません。iTunes・iCloudを利用して保存しておいたバックアップを復元するためには、正常に動作するアイフォンが必要です。 iSkysoft Toolbox for

iPhoneは場合によってはいきなりいつもと違った動作をすることがあります。その一つが、「リカバリーモード」という問題ですです。このままでは使うことができないので、なんとかいつもの状態に戻す必要があります。リカバリーモードになったiPhoneを復元する方法ご紹介します。

リンゴループを解消するためには、復旧機能が搭載されたソフトを使用する必要があります。しかしながら、その様なソフトは非常に多く、専門的な知識がないため、どのソフトを選べばよいか。「iSkysoft Toolbox」を使用し、このリンゴループからiPhoneを復旧させる方法を紹介します。

DFUモードからiPhoneを復旧する方法としては、復旧ソフトを使用すると言う手があります。しかしながら、その様なソフトは多く、専門的な知識のない方にとって、最適なソフトを探すだけでも一苦労です。今回は「iSkysoft Toolbox」を使用してDFUモードに入ったiPhoneを復旧させる方法を紹介します。