高性能かつ便利なiPhoneを使っていても、リカバリーモードなどのトラブルに陥ることはあります。水没やガラス面の破損といった事故から、データの消失、操作が分からない、ということが特に多いようです。何らかの原因によって、iPhoneを動かすためのソフトであるiOSがダメージを受けてしまうと、iPhoneリカバリーモードという状態になることがあります。原因としてよくあるのは、iPhoneをアップデートした時にリカバリーモードになったり、アップデートの途中で充電がなくなってしまったりすることです。こうなると一切の操作を受け付けなくなってしまいます。

iPhoneは一度リカバリーモードになると再起動するか、初期化された後にデータを復元しなければ元に戻すことはできません。再起動するには、端末の右上にあるスリープボタンとホームボタンを同時に10秒以上押し続けてください。それでもiPhoneをリカバリーモードから復帰しない場合は、通常リセットしてiPhoneを工場出荷状態に戻すしかありません。しかし、iSkysoft「iPhone データ復元 for Windows」を使えば、iPhoneがリカバリーモードになってもデータを解除することが可能です。その方法を以下に示したいと思います。
動作OS: Windows 10/8.1/7 8/ 7/ Vista/XP、 Server 2000/ 2003/ 2008/ 2012等の環境を対応できます。

iPhone 6/Plusリカバリーモードを解除する方法

リカバリーモードになっているiPhone端末は、画面でiTunesに接続することを要求しています。ところが、このiTunesに接続した時点でデータが失われてしまうのですぐに接続しないように注意してください。まず、iSkysoft「iPhone データ復元 for Windows」を起動します。トップの画面が表示されたらiPhoneをつなぎます。プログラムがiPhoneを認識すると再起動するかどうかを聞いてきます。「システムの修復」というメニューがあるので、クリックしましょう。

iPhoneリカバリーモードを解除

iPhoneリカバリーモードを解除・復元する方法

アイフォンリカバリーモードを解除する方法は以下のとおりです。

Ⅰ.iPhoneリカバリーモード復元アプリを起動し、「システムの修復」を入った後、「次へ」をクリックしてください。

iPhoneリカバリーモード解除

Ⅱ.ファームウェアをダウンロードします。

iPhoneリカバリーモードを解除するために、相応のファームウェアをダウンロードする必要があります。アップル公式のダウンロードリンクをペーストして、ダウンロードが始まります。

iPhoneリカバリーモードとは

Ⅲ.iPhoneリカバリーモードを修復中です。

iPhoneリカバリーモードを解除するためのファームウェアをダウンロードした後、プログラムはそのファームウェアを確認します。適切だと判断され、OSシステムの修復が開始します。

iPhoneリカバリーモード復元

Ⅳ.iPhoneリカバリーモードから正常に解除・復元します。

10分間ぐらい経て、修復が完了します。iPhoneリカバリーモードから正常モードに復旧します。

iSkysoft「iPhone データ復元 for Windows」はiPhoneの消えたデータを復元するソフトとしてよく利用されますが、リカバリーモードからiPhoneを救出することもできます。

iPhoneリカバリーモードの復活

iSkysoft「iPhone データ復元 for Windows」でリカバリーモードによって消えてしまったiPhoneデータを復元する操作手順なら、以下動画をご覧ください。

詳しい操作デモです。参考にしてください。

Back to top