最新!Macで動画作成をする時に使いたいソフト5選

> How to > 動画編集 > 最新!Macで動画作成をする時に使いたいソフト5選

• Filed to: 動画編集 • Proven solutions

以前はパソコンといえばWindowsが多数を占めて、MacはCG作成や写真を加工する人が使うものという風潮がありました。 たしかに一般的な事務作業をするのにはファイルの互換性があるWindows同士の方が扱いは良いです。
しかし、最近のMacマシンはWindowsとのファイル互換性がスムーズになったため、それほど使い勝手が悪い訳ではありません。 またMac用のMicrosoft Officeが販売されていますので、同じ文書や計算表のデータファイルをUSBメモリ等で交換することも出来る様になっています。 それだけMacを購入したいと考える人が増えてきたのだと思います。

また職業としてユーチューバーを目指したいと思い、安定した動作環境を求めてMacを買いたいと考えている方もいる事でしょう。 そこでMac動画編集ソフト5選を紹介したいと思います。


2019年版Macユーザーが使っている編集ソフト

・Filmora9

最初に紹介するのは私がお薦めするFilmora9 Mac版です。
分かりやすい操作画面と直感的に操作できる事が特徴で、初心者からプロまで仕上がりの良い動画を作成できます。 また1年を通した様々な行事に合わせた素材の提供が頻繁にあり、飽きの来ない内容を作り出す事が可能です。 無償版には期間制限がありませんので、長期間の試用が出来ます。 ただ、出来上がった動画に製品名のロゴが入ってしまうので、完成品の質を何回も確かめてから支払いを開始するのがベストではないでしょうか。


filmora9

・iMovie

Macには最初から「iMovie」という画像編集アプリがインストールされています。
iPhoneやiPadで撮影した動画との相性が良い事もあり、Macを使い始めたのであれば最初に触れるソフトになるのではないでしょうか。

画面構造が単純で使いやすく、初心者でも簡単に画像編集が出来る様になっています。 マウス操作に慣れてくれば数本に分かれた動画を1本化し、ナレーションやタイトル挿入、BGMの選曲が簡単に操作可能です。 素材の種類が沢山あるわけではありませんが、まずは動画編集の基本をこのソフトで学んでは如何でしょうか。

iMovie

・VideoPad

Macの基本操作に慣れてきたら「VideoPad」はどうでしょうか。
作業画面には難しい専門用語が使われておらず、素材動画のインポートやBGMの挿入をマウス操作で下部のタイムラインに乗せてしまえば簡単に出来ます。 またタイムラインには経過時間が細かく表示されているので、シーンの切り替えに必要な切り貼りが容易になっています。 予め必要な素材をMac本体に保存しておけば良いでしょう。
このソフトの注意点は直接YouTubeへの直接投稿が、お金の支払いをしておかないと出来ない事ですので、YouTubeに投稿を考えている方は検討してください。 また「App Store」からダウンロードすると英語版がインストールされてしまうので、発売元のサイトから手に入れてください。

VideoPad

・Final Cut Pro X

Apple社が出しているソフトで、最初に紹介した「iMovie」の上位版といえる製品です。
基本的な操作はiMovieと変わりませんが、素材や挿入できる効果の数が多くなっています。 試用期間が30日と短いのが難点ですが、期間内であればフルに機能を試すことが出来ます。 またMac購入時に3万円を上乗せするとインストールされた状態で購入が出来ます。 Macと相性の良さと購入時の追加オプションという事で選択肢の1つにしても良いのではないでしょうか。

Final Cut Pro X

・ Adobe Premiere Elements

30日間の無料トライアル版があるこのソフトは、プロのユーチューバーが多く使っている本格的な製品です。
操作の分りやすさと仕上がりの良さに定評があり、マウスで殆どの操作が可能になっています。 編集で使うトリミングや画像素材を思った通りに合成加工できる機能などが簡単に使えて、高画質動画にも対応しています。 月々に支払いをする料金プランがあるため、コスト的には使用状況を考えなくてはなりませんが、十分な機能を持ったソフトです。
注意としてはパソコン本体の性能によって動作が重くなる事があります。

Adobe Premiere Elements

Macで使える様々な無料体験が出来る動画編集ソフトを紹介しましたが、探せば他にも手軽に使えるソフトは沢山あります。 そこで大切なのは動画を作る目的がどういった意味を持っているのかはっきりさせる事です。
質の良い内容の動画は常に作り手の技量を試され、鑑賞する人が「綺麗な動画だ」や「手の込んだ映像だ」という感想で評価されます。 センスの良さや制作のスムーズさを磨く為にも、Macという機械の選択だけではなく、制作ソフトの相性も大事になります。 まずは紹介したソフトで完成品を1本作ってみてください。


All Topics