horror-movie-top50

欧米ホラー映画ランキング・TOP50

・ホラー映画とは

 ホラー映画(Horror Movie)とは映画ジャンルの1つです。厳密に言うと、観客が恐怖感を味わせるために制作した映画を指します。一般的には、観客に恐怖感を与える映画なら、ホラー映画とも言えます。
サスペンス映画とスリラー映画などのジャンルもありますが、どちらもホラー映画と隣接して、曖昧な部分があります。そのため、1つの映画に「ホラー映画」のタグと他のジャンルタグが共存しているケースも多いです。
ホラー映画の内容について、ゾンビ、ヴァンパイア、殺人鬼など客観的見える恐怖の元素があります。我が国では「鬼」に関するホラー映画が多いです。「鬼婆」、「呪怨シリーズ」、「リングシリーズ」、「着信アリシリーズ」、それら世界中でも有名な邦画とも「鬼」を述べるムービーです。
優秀なホラー映画が観客を「ドキドキ」にして、緊張感と恐怖感を与えるだけではなく、世の中について考えさせられます。優れるホラー映画は理由なく怖いシーンを作ることではなく、必ずストーリーを述べます。何故「鬼」が現れるのか、何故キャラクターが無惨なことにあうのか?「現象には必ず原因がある」、意味のない恐怖シーンは「びっくり大作戦」みたいなものになります。それでは、年代別で欧米のランキング入りホラー映画50本を紹介したいと思います。

 

・20年代・ホラー映画の発端

 映画は19世紀にうまれました。その時、列車が真正面から来るシーンを見るだけで、観客が驚いて、慌てて逃げようとする記事があります。今現在そんなことで驚くなんて、不思議と思うでしょう。 でも、ホラー映画が現れるのは20世紀です。技術の制限により、特効はよくないし、白黒映画も多いです。皆さんは怖くないと思うかもしれませんが、背中がゾクッとする作品も案外いますよ。

 

1. カリガリ博士(1920年)・ドイツ

 

 原題「Das Kabinett des Doktor Caligari」の「カリガリ博士」はホラー映画の母とも言える始祖的存在です。
本作は登場人物の一人・フランシスの回想を軸にして、ストーリーを展開しました。フランシスは友人のアランとある村に行って、カリガリ博士と23年間も箱に眠っている眠り男チェザーレをカーニバルでみました。カリガリ博士は、この眠り男は眠り続けるだけではなく、質問も答えられると言ったから、アランはイタズラ半分で、自分の寿命を尋ねました。そこで、チェザーレは「明日の夜明け」って答えました。不思議には、アランはその翌日に誰かに殺されました。カリガリ博士を疑うフランシンスは友人のため、カリガリ博士と眠り男について色々調査し始めました。しかし、その動きがカリガリ博士に察知された。フランシンスの運命は一体どうなるのでしょう?
精神異常者の世界を表現するため、役者に誇張な衣装を着られ、誇張なメイクをされていた。特効技術が極めて低かった時代では、そのような歪んでる世界をうまく表現されるのは実にすごいです。
ホラー映画のファンとして、見逃してはいけない名作だと思います。

 

2. 霊魂の不滅(1921)・スウェーデン

 

 霊魂の不滅(原題:Körkarlen)はスウェーデン小説家セルマ・ラーゲルレーヴの小説「幻の馬車」を脚色したものです。
新年になる前に最後の死者は死神の下僕になり、死者の魂を集める馬車を一年間駆るべきです。主人公のダヴィッド・ホルムは大晦日の夜に死にました。そこで、死神の馬車がカレの死体のそばに到着した。その馬車の御者はなんと、去年なくなった旧友ゲラーでした。ゲラーはダヴィッドを連れて、ダヴィッドの罪深き一生を振り返りました…
サイレント映画なのに、魂が震える優秀な悲劇です。

 

3. 魔女(1922)・デンマーク

 

 監督のベンヤミン・クリステンセンはデンマーク無声映画期最大の巨匠といわれ、沢山な映画人に影響を与えました。
「魔女(Häxan)」は小説のような劇映画より記録映画に近いです。この映画は魔女に関する伝説や歴史などを謎解きのように描きました。魔女の遺物、魔女が薬を作る姿、魔女裁判など、資料を基づいて映画にて再現しました。そのリアル感に迫れて、結構怖いと思う方が多いです。その時代にて、内容も特効も優れる作品です。
宗教にかかわりすぎるので、当時沢山な国にて公開禁止されました。

 もっと詳しい紹介ならこちらにて御覧ください。(ネタバレあり)

 

4. 吸血鬼ノスフェラトゥ(1922)・ドイツ

 

 原題「Nosferatu – Eine Symphonie des Grauens」のドイツ表現主義映画です。
世の中には「トワイライト」で騒ぎましたが、これこそヴァンパイアの元祖映画です。主人公はオルロック (Orlok) 伯爵ですが、そのモデルは他ではなく、あの有名なドラキュラ(Dracula)伯爵です。
このストーリーは不動産屋の職員夫婦は吸血鬼であるオルロック伯爵との争いをめぐる悲劇です。
吸血鬼に興味がある方なら、見逃しちゃいけない一本です。

 

5. ファウスト(1926)・ドイツ

 

 原作はドイツの文豪ゲーテの名作「ファウスト」(Faust)です。
人々を疫病の苦痛から救いたいファウスト博士は絶望のあまり、悪魔のメフィストと契約を結びました。悪魔はファウストの願いを全部叶う代わりに、ファウストは満足と思う際、霊魂は悪魔のものになります。悪魔の誘惑に負けたファウストの霊魂は果たしてどのようになるのでしょうか?
小説「ファウスト」と違いところもありますので、原作を読みました方は新たな世界を感じられるでしょう。ファウスト博士のストーリーは元々ドイツの民間伝説であり、多少の違いがあっても当たり前なこと思います。

 

6. 笑ふ男(1928)・アメリカ

 

 原作は大文豪ヴィクトル=マリー・ユーゴーの小説「笑ふ男」です。
幼い主人公は宮廷の争いより、貴族の身分から転落し、人買いに売られて、顔にひどい傷を付けられました。その後、カレの口は「口裂け女」のように、右耳の下から左耳の下まで裂けています。その恐怖な「笑顔」を持つカレはあんまりの苦痛で、記憶が失い、ある旅芸人に引き取られました…「怪物」にも愛情を収穫できましょうか?幸せになれるのでしょうか?怖いのは口裂けの男?それとも、綺麗な服を着ている権力者たち?
小説が苦手の方なら、是非ともこの映画をみて頂きたいです。

 

 

 

 他の年代のホラー映画おすすめ

iSkysoft > 映画・番組・アニメ>

ホラー映画DVD変換ソフト・おすすめ →

関連記事

ユーザーコメント

究極動画音楽変換 for Windows

細かい設定ができる 速いのがうれしい

- ころせんせー

Back to top