iSkysoft > Mac使い方>

データをWindowsからMacへ移行

WindowsからデータをMacへ移行する方法

  

WindowsからMacへデータの引越し作業

長い事Windowsを使っていたけど、新しくMacに乗り換えた!と言う事でWindowsにあるデータをMacに移そう!しかし、どうすればいいのかがわからない・・・。そんな方々のためにWindowsからデータをMacへ移行する方法を紹介して行きたいと思います。

1移行アシスタントを使う

WindowsからデータをMacへ移行したい時には移行アシスタントと言うソフトを使います。Macに最初から入っていて、この移行アシスタントを使う事によって解決できます。

まず、移行アシスタントを使うにはWindowsもMacも同じネットに繋がっている必要があります。次に、Macには最初から移行アシスタントが入っていますが、WindowsにはないのでAppleのサイトからWindows移行アシスタントを無料でダウンロードします。ダウンロードが終わったら起動させ、「続ける」を押して待機してください。そして、Macの方でも移行アシスタントを起動します。すると転送方法を聞かれるので、別のPCからMacへ転送する事を目的とした項目を選択し、「続ける」を押すとMacの移行アシスタント画面にパスコードが表示されます。このパスコードがWindowsの移行アシスタントにも表示されるはずなので、確認できたら「続ける」を押します。そうしましたらMacの移行アシスタントの方にWindowsのデータがリスト化されて表示されますので、移したいデータを選択して、選択し終えたら「続ける」を押します。後は移行作業が終わるのを待ちます。

特に難しい方法ではないので、移行アシスタントの指示に従うだけでできます。この方法はMacの初回起動時のMac OS X設定アシスタントが終わってからのものですが、設定アシスタントの時でも同じ流れで移行アシスタントが可能です。

2外付けHDDを使う

Windowsで使っていた外付けHDDをMacに繋げる事でHDD内のデータを読み込む事ができます。その後、移したいファイルをMacの方へコピーすればデータの移行ができます。逆にMacのデータをHDDへ書き込む事はHDDのフォーマット形式がFAT形式でないと基本的にはできないのでNTFS形式の場合は少し手間がかかります。

3その他

Macに移行したいファイルをCDやDVDに書き込み、それをMacで読み取ってコピーする事ができます。
また、USBメモリーに移行したいファイルを移し、Macで読み取ってコピーする事もできます。。

他にもファイルの容量によってはメールで自分宛にファイルを添付して送っておく手もありますが、やはり一番安定するのは先に紹介した移行アシスタントを使用した方法でしょう。移行アシスタントを使って安全にWindowsからデータを移行し、よいMac生活を過ごしましょう!

人気記事

Back to top