2014年登場予定のMacのOS X Yosemiteを今か今かと首を長くして待っている人が大勢います。 そんなキリンのような首をお持ちの人も多い中、Yosemiteに対して利点が感じられなかったなどでアップグレードをしない、あるいは様子を見るといった人も大勢いる事でしょう。 しかし、Yosemiteにアップグレードするのはタダですし、やり方もMacならではのシンプルな方法でわかりやすいものでしょう。 そして、Yosemiteにした事でMavericksからパワーアップしたアプリなどもありますので、アップグレードしない手はありません。

mavericks vs yosemite 

• デザインの違い

全体的なデザインがフラットになっていて、Mavericksよりもいい感じになっていていつまでも見ていられる気がしてきます。
iOSのものに近いかもしれません。これにはちゃんとした狙いがあるようです。アプリアイコンが見やすく、どこかかわいくなっている新デザインを使えるとなると嫌な人はそうはいないでしょう。ウィンドウなどもデザインが変わり、一部ではウィンドウの後ろにある別のウィンドウや背景がある程度透けて見えるようになっています。これによってすぐ後ろにあるのが見えるようになって、覆いかぶさって見えなくなってしまったウィンドウも確認しやすくなります。

mavericks vs yosemite


だけど、その程度であればYosemiteにアップグレードする必要性があまり感じられないと思うでしょう。いくらタダでもその程度の変更だけでOS Xをアップグレードする作業をするのは割に合わないと思うかもしれません。重要なのはここから述べるMavericksにない新機能です。これを知れば、アップグレードなんてする必要ある?なんて言えないでしょう。


• 機能の違い


秋に登場予定のYosemiteとiOS 8ですが、この二つで一つといっても過言ではありません。どちらからも互いの機能を共有する事ができるようになっていて、近くに両機器があればMacからiPhoneを介して電話をかけたり、受け取ったりする事もでき、iMessageを通してメッセージのやり取りを行う事もできます。 ボイスメッセージも送れるとあって、打つ手間を省きたい状況で活躍するでしょう。

Handoff機能を利用すればMacで行っていた作業がiOSで全く同じ状態で表示され、別のデバイス(iPhoneやiPadなど)でその作業の続きができてしまうというのですから驚きです。 もちろんiOSからMacで続きを行う事もできます。 仕事をしている人ならばHandoff機能をフル活用する事で一分一秒を無駄にする事なく、円滑に事を進められるのではないでしょうか。こうした連携を行ううえでiOSとYosemiteのデザインを統一させる事で、同じ機器で作業をしていると言ったような安心感を覚えるような気がします。


また、FinderからできるようになったiCloud Driveを利用する事でMacやiOS、Windowsからでもファイルを共有する事ができます。 すでに似たようなシステムをネット上でできるよう出しているところもありますが、iCloud DriveはFinderを扱うがごとく利用できる点が非常に楽です。

Safariからは検索をかけると検索欄にWikipediaなどの候補も表示されるようになったり、通知センターで得られる情報量が遥かに増えていて、細かい事を検索する必要がなくなったりとMavericksから大きな進化を遂げていると言えるでしょう。


mavericks vs yosemite

アップグレードに意欲を感じなかったそこのあなた。 この秋、Yosemiteへアップグレードする事で生活がより楽しく、円滑に、豊かなものになるかもしれませんよ。

Back to top